2.28.2011

カンジャンケジャン



この前日本のテレビ番組、「ひみつの嵐ちゃん」を観ていたところ、藤原紀香が出ていまして、韓国料理のカンジャンケジャンっていうのがめちゃめちゃ美味しいって言うわけですよ。櫻井君にいたっては、数年前に韓国で食べて、それ以来お目にかかれていないらしく。松潤にいたっては、食べたあとのリアクションの良さで本当に美味しいんだろうなって印象でした。


そんなカンジャンケジャンですが、ワタリガニをしょうゆ漬けにしたものらしいです。


日本でも幾つかの店で食べられるらしく。ということは、韓国人が多く住むこのロサンゼルスで食べられないわけがありません。急に思い立ち、リサーチをし食べに行くことにしました。どうやら2杯で30ドルぐらいで食べられる店があることが分かりました。2杯で30ドルってそこまでお手ごろな値段ではありませんが、あのリアクションを見る限り、相当美味しいはずです。うん、1ヶ月頑張った自分への褒美だ。そう思って向かったのですが、辿り着けませんでした。。。


せっかくKoreatownまで来ているので、それだったら他の店に入ろうということでオンダルっていうカニ鍋が食べられる店に行ったんです。この件に関してはまた後ほどレポしますが。。。 驚くことに、この店でカンジャンケジャンが食べられることが判明!! メニューに載ってました。あまりハングル文字は読めないのですが、カンジャンケジャンの前にハン○○とか書いてあったような。1オーダー19.99ドル。何杯入っているかはこの時点では分かりませんでした。



来ましたー、カンジャンケジャン!!






うん、1杯のみ。だけどカニ味噌がたっぷり付いていて美味しそう。一口。ぱくっ。



(*´д`*) 




いやぁ、これは美味いですよ。新鮮なカニのしょうゆ味。藤原紀香、嵐が絶賛していたのもうなずけます。




更に、藤原紀香の食べ方として、このカニの甲羅にご飯を詰めてしばらく待つ。その後かき混ぜるようにして食べるとこれが更に美味しいとのこと。ご飯は付いていなかったのですが、これは白米をオーダーしろってことですよ。白米を甲羅に入れてしばらく待つ。そして混ぜる!!




じゃーん!!







食べる。



ん? あれ? これはちょっと微妙かな。。。 不味いことはないけど、カニ味噌ご飯しょうゆ味? 多分食べ方が悪かったのだと思いますが。。。




次回は本来行こうと思っていた場所にカンジャンケジャンを食べに行こうと思います。それとこのカニ鍋のレポはしばらくお待ちくださいねー。


2.27.2011

Uncle Bill's Pancake House

我が家から車で10分ほど西に向かうとマンハッタンビーチという海にたどり着く。そこの一角に美味しいパンケーキ(ホットケーキ?)の店があるという噂を聞きつけ、週末を利用して行ってきた。店の名前はUncle Bill's Pancake House(ビルおじさんのパンケーキ屋?)。まぁ名前は何でも良いけど。。。






ビーチからは多少離れたところに位置するこのお店。海に向かっては住宅街が立ち並ぶ。








昼過ぎに到着したこともあり、非常に混み合っている。これだけ人気があるってことは美味しいという証拠なのだろう。パンケーキ大好きな私にとっては胸が躍る。



20分ほど待たされ、席に通される。私は朝食メニューの中からデンバーオムレツ(+パンケーキ)を選ぶことにした。このデンバーオムレツと呼ばれるものは、コロラド州デンバーから名前が取られたとは思うのだが、未だに何故デンバーオムレツと言うのかは不明である。ちなみにハム、タマネギ、ピーマンが入っているもののことを指すようだ。場所によってはマッシュルームも入っているようだが、この店では入っていなかった(と思う)。





むぅ、どうやらパイナップルが乗っている。私はフルーツと一緒に食べるのが実は嫌いである。例えばハワイアンピザ(?)とか呼ばれるハムとパイナップルのピザ、酢豚にパイナップルなど、理解できない組み合わせである。ちなみに手前にあるのはハッシュブラウン、確か他のものも選べたと思うが、基本私はハッシュブラウンを選択している。


そして肝心のパンケーキが運ばれてくる。





うん、どこからどう見ても普通のパンケーキだ。ちなみにパンケーキではなくて、トーストなども選べるようになっているが、店の名前にもなっているパンケーキを食べなければ何を食べるんだ!! と思い、私は迷わずにパンケーキを頼んだ。


オムレツもパンケーキも美味しい。特にパンケーキにいたっては、普通の店で食べるものよりも柔らかく、ふわっとした食感で何枚でも食べれそうだ。どうやらパンケーキだけではなく、メープルシロップにもこだわりがあるように感じた。



マンハッタンビーチという場所柄、結構高いかと思いきや、食事は10ドル前後とお手ごろ。店員さんの態度も非常に良く、コーヒーのおかわりなども常に気を遣って来てくれる。また機会があれあ足を運んでみたいと思う。



残念なのはパーキング。これは海沿いでは良くあることで致し方ないことなのだが、路上駐車の2時間パーキングしかなかったこと。せっかく海に来たのだから、食事をしてそのあと海にでも。。。と思っても、とても時間が足りない。おそらく長時間止められるパーキングなどもあるのだろうが、私は見つけることが出来なかった。



今度行く際には食事だけではなく、海沿いの店でビールでも飲んでのんびりしてから帰ってきたいところだ。



------------------------------------------------------------------
Uncle Bill's Pancake House
1305 Highland Ave.
Manhattan Beach, CA 90266
Mon-Fri: 6:00 am to 3:00 pm
Sat & Sun: 7:00 am to 3:00 pm

2.26.2011

向日葵



2月12日、向日葵の種を6個植えた。春ごろから植えると良いと聞いていたが、2月から始めるとはちょっと気が早かったかもしれない。ただここロサンゼルスは気候も結構暖かく、きっと大丈夫だろうと思って少しフライング気味に植えてしまったのだ。だが、雨の日が続いたり、急に寒くなったりと気候が安定しない。外に置くのをやめ、室内でしばらくは様子を見ることにした。



1週間後の2月19日、少しずつ芽が出始める。室内に移して正解だったかもしれない。






2週間後にあたる本日、2月26日、ここまで立派に育ってきた。植えた種6個が全て発芽し、ぐんぐんと伸びてきている。








向日葵は太陽に向かって花が咲くことからそう名付けられたという。



夏ごろには黄色い花が太陽に向かっていっぱい咲くことを祈りたい。



2.25.2011

Nintendo 3DS遂に発売!!



日本は本日2月26日。遂に肉眼で3Dが楽しめるというNintendo 3DSが発売されたようです。うん、アメリカはまだ先です。あと1ヶ月。私? 今のところ買うつもりはありませんよ。前にも書きましたが、リージョンロックされているというのが一番の理由。それと3Dに見えるポイントが1つしか搭載されていないって言うし。


あと今日アマゾンのレビューとか見たら、奥行きがあるだけで別に飛び出している感じはしないとのこと。いや、別に3Dに見えるって言っているだけで飛び出して見えるとは誰も謳っていなかったはず。奥行きがあればそれはそれで立派な3D技術ですよ? でもやっぱり恐れていたことが起きたってことかな。CMでは3D映像を流すことが出来なかった。だからユーザー側にしてみれば3D=飛び出すっていうイメージだったのかもしれない。


今後のソフトに期待して、今は静観しましょうといった感じでしょうか。



あまり日本でもそこまでお祭り騒ぎにはなっていないようですしね。



それにしても昔、ゲームが発売されるとなると何時間も並んで買って。。。っていうのが当たり前でしたが、ネットの普及と共に最近は発売日に自宅配送が当たり前になっていますよね。何か苦労して買ったからこそ思い入れもあるって思っていたけど、時代は変わったものだとシミジミ感じました。

2.24.2011

アメリカの偉大な進歩



アメリカで生活していない人にはこのアメリカの偉大な進歩を理解できないだろう。「え? そんなの当たり前じゃない?」って思うに違いない。当たり前じゃないのがここアメリカ。日本とは違うのだ。日本の常識が世界の常識と思ってはいけない。それほどまでにここアメリカと日本では違いがある。では何が違うのか? この画像を見てもらいたい。








これはアメリカの大型電化製品店で購入したケーブルの背面だ。何が偉大な進歩かって? 手で開けられるんですよ!! 声を大にして言いたい。





手で開けられるんです!!!





ほらね、日本にとっては当たり前なんですよ。ところがここはアメリカですよ? こういったパッケージは基本思いっきり開け辛いパッケージに入っていて、ハサミを駆使しないと開けられないのがザラだったんです。そう、1回開けたらそのパッケージはゴミ箱行きって言うほどバラバラにされちゃうぐらい。



この切れ目が入ったパッケージ開発に何年の歳月が流れたか。。。ついにハサミがなくても開けられる日がやってくるとは夢にも思わなかった。何時もこういったものを買ってきてはハサミで開けようとして、だけど硬くてなかなか開けられず。また間違って商品まで切っちゃうことだってあった。時には指まで切っちゃいそうになることもある。



それがこれで解決されたんです。




偉大な進歩でしょ。。。??



2.23.2011

チャイナタウンでランチ


週末のグリフィスパークへのハイキングの前、チャイナタウンで飲茶を食べました。チャイナタウンって言うのは、ダウンタウンロサンゼルスのちょっと北、ドジャースタジアムの近くに存在します。今回行ってきたレストランは、CBS Seafood Restaurantというところです。




基本チャイナタウンはパーキングに困ります。一応このCBS内にパーキングがあるのですが、13時ごろ行ったにも関わらず、パーキングはまだいっぱい。お腹空いている上に待たされるとイライラが募ります。だけどグッドタイミングで場所が空いたので、ラッキーでした。


店内に入ると整理券を配ってます。更に待つのか。。。と思ったものの、10分程度で席に案内されました。



席に着くとお茶が出されます。ジャスミンティーですね。それと唐辛子とマスタードが入ったお皿が。これで飲茶を食べるわけですね。



最初に回ってきたワゴンから、下記3品をピックアップします。



湯葉巻きだと思うのですが。。。中にタケノコが入っていて、歯ごたえがあって美味しいです。




ホタテとエビの餃子(?)





エビの餃子(?) 






どれも結構美味しいです。これだけでは足りないので、焼売も頼みましたが、お腹が空いていたせいもあり、写真を撮り忘れました。。。



あまりお腹いっぱいにはなりませんでしたが、これからハイキングに行くこともあり、とりあえずはこれで済ませます。確か15ドルぐらいだったかな。そんなに高くはありません。


店をあとにしようとしたところで、他の誘惑がありました。このCBSの隣にあるテイクアウトの店の肉まんがめちゃめちゃ美味いとのこと。うーん、肉まんぐらいなら食べられるし、食べようかな。店内はこんな感じ。おっさんの顔はモザイクかけなくて大丈夫かな?




豚と鶏から選べるらしく、鶏が良いとの前情報があったので、鶏を選びます。大きさもスモール、ラージがありますが、ラージが絶対良いとのことで1個1ドルの鶏肉まんを購入。




またしても写真を撮り損ねるところでした。焦って割ってしまいましたよ。


中を見ると。。。




半身の卵がそのまま入っている!!



うん、これは確かに美味いです。これを食べにここまで来る価値もあるかなって感じで。



この肉まんを食べてかなりお腹いっぱいになり、ハイキングでは過酷なる運動が必要となりました。。。




是非足を運んでみてください。



------------------------------------------------------------------
CBS Seafood Restaurant
700 North Spring St.
Los Angeles, CA 90012


2.22.2011

日本のゲームの行く末 <後編>



前編では世界ゲーム革命というNHKでの特集に関して話をしてみましたが、この後編では何故日本のゲーム業界が衰退していっているのか、ということを自分の観点から書いていきたいと思います。



世界での日本ゲームシェア率は1995年は約7割あったものが、2009年には約3割に激減。これはどこに問題があるのか?ということですが。。。私なりの意見になりますが、これは日本の文化が原因の1つであると思います。日本では活発に意見交換などをする場というものが設けられていません。ゲーム開発にはおそらく様々なグループが存在し、その中で意見を出し合って良い作品を作っていくものだと思います。ところが、日本では例えば「上司が黒と言ったら白いものも黒なんだ。」何て言う意味の分からない言葉がありますが、そう、ゲーム業界でも同じようなことが起きているのではないかなと。推測ですよ?


この世界ゲーム革命の中で、活発的に意見交換をしている米系ゲーム会社が出ていました。戦争物のゲームなのですが、銃の角度はこうでないとおかしいとか、もう少しこうするべきだとか、会議に皆が積極的に参加しています。皆が良いものを作ろうという積極的な姿勢が良いゲームを生むのではないか、そう感じました。


第2に、ゲームのナンバリングタイトルが多すぎる点。例えば私が幼少時代にプレイしたドラゴンクエスト(ドラクエ)。既に9まで発売されています。同じスクウェア・エニックス系のゲームで言うとファイナルファンタジー(通称FF)にいたっては13までシリーズ化されています。スポーツ系ゲームだったらアリだと思うのですよ。野球だって毎年新しい選手が出てくるから、常に新しい情報にアップデートしなくてはいけないしね。だけどRPG系はどうなのか? これも推測でしかないけど、例えばドラクエのゲームクリエイターとして有名な堀井雄二さんですが、自分の名前で、ドラクエとして発売すれば内容が粗悪でも絶対に売れると思っていませんかね? ドラクエ9は本当にお粗末な内容だった。冒険しているというよりも、決められた枠の中で冒険させられている感じ。彼の中では、「それでも堀井雄二の名前でドラクエを発売すれば売れるんだ。」という驕りがあったとしか考えられない。現に出荷本数は過去最高だったという話もあるし、売れれば良いと言う考えで作っているのではないかと思ってしまうほどだ。


更に言うなれば、ファイナルファンタジーシリーズはもっと酷い。未完成の状態で発売されているイメージが拭いきれない。先日発売されたオンラインのFF14(だっけか?)は特に酷いとのことだ。FF13で酷評された上に出てきたゲームがこれではユーザーは満足しないだろう。ゲーマーであるこの私も残念ながらFFからは既に手を引いてしまった。面白いと思ってプレイできることがなくなったから。それに尽きる。これは明らかに和田社長に責任があると思う。あの人、ゲームプレイしないんだってさ。ゲームをプレイしない人がゲーム会社の社長になるなんてあり得ないよ。そんな状態でどうやって面白いゲームを作るって言うんだ。「発売日はこの日だから、この日までに面白いゲームを作っておけよ。」って言いそうな感じが漂う。そんな状況で面白いゲームが作れるわけないよ(あくまでも憶測だけど)。


ナンバリングタイトルに関しては、これ以外にもたくさんある。例えばメタルギアソリッドとか、ちょっと前で言うとロックマンとか。確かにナンバリングタイトルになるってことは、それなりに売れているからだと思うけど、マンネリ化していたらやっぱりユーザーは飽きちゃいますよね。



あとは何でもかんでもゲームに結び付ける親が居ること。残酷なシーンがあるから犯罪が増えるんだとか、子供に悪影響を与えるとか。確かにゲームにも問題があるかもしれないけれど、それだけではないと思う。そんな規制ばかり作っているから違う方向に進んでしまうのではないだろうか。世界ゲーム革命内で来月すごいゲームが発売されることを謳っていた。アメリカ開発のゲームだけど、北朝鮮がアメリカを支配し、アメリカの一兵卒として北朝鮮に戦いを挑むみたいなゲームだった記憶が。確かHomefrontっていうゲーム。結構インパクトあるなぁって思った。日本じゃ完全にアウトなゲームですよ、これ。北朝鮮が支配って。。。 そういうちょっとヤバそうなところにも手を出せるって言うのが強みなんじゃないかなって思います。




日本は今、無難なゲーム、無難に皆が普通に遊べるゲームってものが多いと思います。コアな部分を求めてるって訳ではないけれど、昔みたいに寝る間も惜しんでプレイするようなゲームが出てくると楽しいんだけどなぁ。。。



とにかく日本のゲーム開発会社は積極的に意見を交換し合い、良い作品を作って欲しい。間違っても「俺が言ったら白いものも黒なんだ。」っていう意気込みでゲームを作っていくのは止めて欲しいと切に願う。← これ、憶測ですからね。

2.21.2011

日本のゲームの行く末 <前編>



私は誰が何と言おうとゲーム好き。時間が許す限り1日中やっていても飽きないぐらいだ。趣味にゲームと書くとオタクと言われることがある。だから私は隠れゲーマーだ(既に隠れていないが)。案外ゲームが好きと言うと不思議がられることが多い。ゲームとは無縁に生きてそうだとか。そんなことはない。人は見かけで判断してはいけないのだ。


さて、前置きが長くなってしまったが、そんなゲーム好きの私として、今後の日本ゲーム業界の行く末に非常に不安を感じている。最近面白いゲームがないなぁ、寝る間も惜しんでプレイするゲームに巡り合えてないなぁと何時も思っている。これは社会人になってある程度生活に制限が生まれたからだと思っていたが、実はそうでもないようなのだ。


NHKでやっていた「世界ゲーム革命」という特集を見ていると同じように共感してくれる人が出てくると思う。以下、世界ゲーム革命のリンクなので、興味のある人は見てみてもらいたい。1時間ぐらいの番組である。





1時間も見てられないよって言う人のために要点を書いておこう。



先ず最も危惧しなくてはいけない点。1995年、日本ゲームの世界シェアは約7割であったにも関わらず、2009年にはこのシェアが3割にまで激減している。アメリカやヨーロッパに完全に食われている形らしい。


そして北米でのエンターテイメントとしてのゲームは2006年から2007年にかけて映画業界を抜き、この10年間で3倍以上に増加しているということ。更に驚くことにはあの映画界の巨匠、スティーブン・スピルバーグでさえも次回作は映画ではなく、ゲームにしようと思っていたというから驚きだ。また北米ではゲームをプレイする平均年齢は40歳前後と、既に子供の遊び道具ではなくなってきているのだ。



前述の通り、日本のゲームは衰退を辿っている。ただ、その中で元気な会社がある。そう、ゲーム業界の風雲児と呼ばれるレベルファイブ株式会社だ。ゲームをプレイしない人たちにはあまり馴染みのないメーカーかもしれない。だが、この世界ゲーム革命でも取り上げられている「ニノ国」というゲームはすごい。今まで日本では誰もなしえなかった、あのスタジオジブリとのコラボ企画なのだ。音楽はあの久石譲さんが作曲し、まさにジブリ映画を自分でプレイしている感覚だ。


日本の最後の砦と言われているレベルファイブ株式会社、ぜひとも頑張ってもらいたいところである。



さて、世界ゲーム革命はこれだけでは終わらない。ゲームを評価するためだけの会社「エンザイム」がカナダにあるらしい。世界各国のゲーマー達250名がこのエンザイムで毎日のようにゲーム漬けになっているようだ。この人たちは仕事でゲームをしている。ゲーム好きの私としては羨ましい限りではあるが、あまり面白くもないゲームを1日8時間もプレイしていてはちょっと気が滅入ってしまう可能性も充分にある。このエンザイムの社長の言葉は素晴らしかった。まさに名言である。「ゲームは電源を切るまで終わらない。」 うん、素晴らしい。自分で止めようと思って電源を切らない限りゲームは続くということを言いたいのだろう。




更にはマイクロソフトから発売されたコントローラー不要のゲーム機、キネクトにも焦点を当てていた。人間の体全部で表現できるゲームだという。どうやらゲームをプレイする前に赤外線で体全体をゲームに取り込み、その動きを感知してプレイする仕組みになっているようだ。一度体験してみたい気はするが、今のところ体を動かすスポーツゲームばかりに開発が偏っているようで、普及するには時間がかかるだろう。ましてや日本では体全体を使ってプレイできるスペースが確保できるのか、という問題も出てくるのではないだろうか。その点、キネクトが今度どうなっていくのかは楽しみなところでもある。



番組の最後ではゲームには無限の可能性を秘めているということから、ロシアでは脳波を使ってゲームを開発しようと試みているらしい。その画像がこれ。





正直に言おう。この画像は怖すぎる。まさに人体実験を受けているようだ。ゲームがここまで進化するべきか?と言うとそこまで行く必要はないのでは?と思うところだが。。。





と世界ゲーム革命に関して長々と書いてしまったが、後編では何故日本のゲームシェアが下がっているかなど、自分の観点から書いていきたいと思う。






2.20.2011

Griffis Parkでハイキング



3連休は雨が多く降るって話だったにも関わらず、今日起きたら快晴も快晴。何でこんなにアメリカの天気予報は当たらないんだ。素人が考えているのではないかって思うほど。もうちょっと質の良い予報をしてくれることを切に願っています。



さて、というわけで、3連休のちょうど真ん中に当たる今日、天気も良いことだし、Griffis Park(グリフィス・パーク)にあるというトレイルに挑戦してみることにしました。うん、正直ハイキングとかほとんどしないけど、きっと景色も良いだろうし楽しいだろうなって思って。ちなみに私、ロサンゼルスに8年ほど住んでいますが、グリフィス・パークに行くのは初めてです。結構驚かれることも多いけど、だって東京に住んでいる人が東京タワーに行かないのと同じようなものだと思うのですよ。わざわざ行く必要あるの?みたいなね。


ただ今日は雨上がりってこともあって、普段はスモッグがかかっている街もきっときれいに見えるだろう、こんなときぐらいしか行くチャンスはないだろうってことで重い腰がやっと上がったわけです。



グリフィス・パークのハイキングコースはグリフィス天文台近くのところから行くことが出来ます。ちょうどこのサインが目印です。





このサインから山頂まで歩いて1.5時間ほどの距離ってことなので、結構きついなぁとは思いつつも、まぁ何とかなるでしょうっていう客観的視点で挑みます。


ハイキングコースはこんな道を歩き続けます。





5分ぐらい歩いた時点で既に疲れて、あー、途中で引き返さなくちゃなって思ってました。途中、ハリウッドサインが目の前に。





え? 目の前って程の大きさじゃない? いや、もうちょっと近くで見えた感じがするのですが、カメラの性能ってヤツですかね。


ダウンタウンロサンゼルスも一望できます。普段はスモッグがかかってしまってこんなにキレイに見えることはないみたいです。







      



このあたり、何かものすごくキツそうな感じがしますが、これはショートカット用の道らしく、私たちは迂回ルートを使用しました。ただ迂回ルートも傾斜的に厳しいところもあります。



頂上まであと5分ぐらいのところに、やしの木とダウンタウンロサンゼルスが撮れるポイントに到着しました。Dante's Viewとかそんなことが書いてあったような。。。






頂上到着!! 所要時間は多分40分ぐらいだったと思います。1.5時間なんて誰が言ったのでしょう? ものすごいご年配の方が歩いたらそれぐらい? ちょっと体型的にぽっちゃりの人が歩いたらそれぐらい? かもしれませんが、迂回ルートを使っても40分ぐらいなので、手軽な運動程度に。



残念なことに山頂で写真撮影をしたところ、雲がかかってしまってあまりキレイに撮れなかったので、天文台から撮ったダウンタウンロサンゼルスの写真がこちら。





うん、さほど変わらないようだけど。。。まぁ良いよね。



ハイキングの途中、こんな花も咲いていてキレイでした。





今度は別のハイキングコースに挑戦したいと思います。


2.19.2011

CoCo壱番屋

2月9日、ついにここロサンゼルスにCoCo壱番屋(以下CoCo壱)がオープンしました。ハワイでは既に何十年も前から店があったようですが、アメリカ大陸では今回が初めて。別にこれといって外で食べるカレーが好きなわけではないのですが、せっかく出来たのだから食べないわけにはいきませんよ。ということで、オープンしてほぼ1週間後に当たる2月17日に行ってきました。


既に行った人からの情報としては、スタッフが日本から来た人ではないので、とにかく店が回っていない。ランチ時間、ディナー時間共にものすごい混む。意味もなく待たされる。食事のあと、チェック(お勘定のこと?)をお願いしますと伝えたところ、10分ほど待たされた挙句に、カツカレーが出てきたという事件もあったとか。そしてカレーがとにかく辛いとのこと。その人は3倍を頼んだらしいけど、汗だくだくで食べ終わった時には疲労感でいっぱいだったらしく、初回は是非スタンダードを食べてくださいとのことだった。


そんな事前情報をもらえたので、先ずは時間をずらして行くことにしました。いや、たまたま仕事の関係でそうなったのですけど。遅めのランチ、16時です。普通ここアメリカではランチタイムが14時まで、その後ディナータイムまでの17時まで休憩というところが多いのですが、CoCo壱にいたっては店が閉まる22時まで継続してオープンしているようです。このあたり、ちょっと便利。





CoCo壱の外観です。建物自体がまだ作られたばかりなのですごいキレイです。内部ももちろんキレイ。ちょうど光が入ってきていて見づらいとは思いますが。。。私、カウンターに1人で座っていまして、その隣に人がいらっしゃったので、この角度でしか写真を撮ることが出来ませんでした。






メニューはいっぱいあるものの、正直納豆カレーとか、唐揚げカレーとかには興味のない私。オーソドックスが一番です。ただ普通に辛口カレーとか甘口カレーを頼むのは面白くない。なので、今回はイカフライカレーを頼むことにしました。「辛さはどれぐらいにしますか?」と店員さんから聞かれ、「普通はどれぐらい辛いですか?」と聞き返したところ、「そうですね、ピリッとくるぐらいです。」と当たり障りない回答。「2倍とか3倍はどれぐらい辛いのでしょうか?」の質問には「個人差がありますので何とも。。。」とそりゃそうだが、何かもう少し歯切れ良く言って欲しいと感じた。3倍はとにかく辛いと聞いていたので、「2倍でお願いします。」とお伝えする。2倍にすると40セントぐらい割り増しになるんですね。まぁその分スパイスを多く入れますから、多少の値上がりはいたし方ありませんよ。


待っている間、特別やることもないので、カウンターの写真を1枚撮っておきました。






この一番右に見えるものは、アンケート用紙になっているのですが、紙だけあって、ペンがないってどういうことなのでしょうか。。。アンケートに答えたかったらペン持参か、或いはペンを借りろってこと? そこまでしてアンケートに答える人はいないですよ。このあたりの気配りがちょっと足りないかなって思いました。



そんなことを思いながら待つこと5分。イカフライカレーの登場です。





うん、なかなか美味しそうですよ。それでは一口、パクッ。




からいーーー!!!! (TДT)



調子に乗って2倍なんて頼まなければ良かった。カウンターの上にスパイスがありますから、辛くない場合は自己調整すると良いですよってしっかりと教わっていたのに。すみませんけど辛すぎるので変えてもらえませんか?何て言えないし。我慢して食べるしかありません。。。



大量の水を飲みながら頑張って食べました。店も比較的空いていたので、聞いていたような事件には遭遇せずに、オーダーから支払いまででものの30分ぐらいでした。


今回オーダーしたイカフライカレーですが、$6.49ドルです。これに2辛が$0.40増しなので、合計$6.89+Tax+Tipで結局のところ$9.00で支払いを終えました。



あ、以下は持ち帰りようのメニューになりますので、載せておきますね。何かの参考にしてください。





でもね、この持ち帰りメニュー、失敗作だと思うんですよ。営業時間も店の電話番号も載せてないって。。。



------------------------------------------------------------------
CoCo Ichibanya
2455 Sepulveda Blvd. Unit #C
Torrance, CA

営業時間
7 days open 11:00 am ~ 10:00 pm



2.18.2011

コンバット合気道8回プログラムを終えて



いやぁ、今日は仕事でめっちゃ腹立つことがあったけど、このブログでは読んでいる人が不快に感じないように、そういうことは書かないと決めたのだ。。。そう、書くべきではない。いくら「きままにブログ」でもその線だけは越えてはいけないのだ。こうなったら不満、不平だけ書き込む「ふまブロ」でも作るべきか? とにかく仕事とか、日常とかの生活で感じた腹立だしいことしか書かないみたいな。うん、1年分以上のネタがあるわ。うぉーーー!! このストレスをどこかで爆発させたいーー!! とりあえず何か書くことで解消してみるしかないかな。



そんなテンションですが、ちょっと落ち着いて。。。



今週水曜日で8回に渡り習ってきたコンバット合気道のクラスは終わりを告げました。


最初の4回こそ合気道っぽいことを習っていましたが、その後ヌンチャクを使用したり、テコンドーのクラスになったりと一体何のためにこのクラスに参加しているのか分からなくなる一面もあり。ただ習ったことは結構役に立つかなぁなんて。


例えばナイフを持った相手が来たときにどうやってかわすかとか。うん、どう考えたってそんな状況になることなんて考えられないしね。



あとはナイフが下に落ちている時に回転してそのナイフを取るとか。一生のうちに一回でもそんな状況になったらすごいね。




それ以外はあまり覚えていないなぁ。。。




どちらにしても結構最後の方はグランドマスターがかなり手抜き的な感じだったので、まぁ継続することはないかなって思ってます。行くなら他の道場に通いたいなと、そんな風に思いました。



来週から月、水は時間が空いてしまうので、これから道場探しです。




書き終わったらまた思い出してきた。あー、むかつくぅーー。ムキーーー!!!


2.17.2011

Denver Broncos (デンバー・ブロンコス)



このブログで何度も取り上げている我が生きる喜び、デンバー・ブロンコス。何故好きになったかというのは過去ログを参照していただくことにして。。。


試合結果なども含め、幾度となくブロンコスネタを取り上げているにも関わらず、デンバー・ブロンコスとかでぐぐってみても、私のサイトは全くヒットしないわけですよ。これは一ファンとして許せないじゃないですか。というわけで、今回はちょっと久しぶりにブロンコスネタを取り上げることにしました。


ここ数年、あまり良い成績を残せないブロンコス。昔のように強いブロンコスが見たい、そう思って先日Amazonでついつい買ってしまいました。



(私の影がちょっと写っているのはお許しを)


Denver Broncosの歴史ですよ!! これを見たらブロンコスの全てが分かるDVD2枚セット!! 1枚目は名将マイク・シャナハンや永遠のスーパースター、ジョン・エルウェイなどのインタビュー!! うん、眠い。寝れない時に見たら即意識を飛ばせるぐらいの力がありますよ。


2枚目はThe Driveと名付けられたCleveland BrownsとDenver BroncosのAFC Championshipの一戦が入っています。1987年、私がアメリカに渡米する10年以上前の一戦です。最後の最後で大逆転というものすごい盛り上がる内容。これを見たらブロンコスファンになってしまうこと間違いなし!! 間違っても負けて可哀想だということからブラウンズのファンになるのは止めていただきたい。


ただ出来ればDenver BroncosとAtlanta Falconsのスーパーボウル、Denver BroncosとGB Packersのスーパーボウルも収録して欲しかった。


これを見たらあなたもアメフト(ブロンコス)ファンになれること、間違いないです。



どうだ!! これでデンバー・ブロンコスで少しは検索に引っかかるようになったかな? 


2.16.2011

サイトのてこ入れ



こんなブログでも一国の主ですよ。



限られた時間の中で写真を編集したり、内容考えたり、コツコツと書いたり。。。まぁネタ的なものを準備しているわけではないので、1回書くのにかかる時間は5分から30分程度と短めなんですけどね。



で、前々から思っていたのですが、このブログ、文字が多過ぎでこれといってタイトル画像とかも準備していない。とにかく文字だらけなんですよ。



いい加減これじゃダメだなって思って、せめて見た目だけでも洗練させようと思いつつもなかなか実行に移せないわけでして。ただ今日からTwitterのウィジェットを外してみたんです。何となく気分的に。余計文字だらけ



これでは読んでいる人たちがどこに目をつけたら良いのかなど全くもって分かりませんよ。そろそろサイト自体にてこ入れしないといけませんね。よし、一丁やったるかー。



必要になりそうな写真やその他ちょっと準備します。3月頭あたりを目処に洗練された格好良いサイトを作ってみようと。頑張ります。


2.15.2011

神楽



日系レストランが数多く存在し、新しいレストランが出てきては消え、出てきては消えの繰り返しが続く、このサウスベイと呼ばれるエリア。


ここに美味しいトンカツ屋さんがあるということで、ランチタイムを使って行ってみることに。店の名前は神楽。日本に本店があるとか、ないとか。実は前々から興味はあったものの、外から覗く限り、何時も空いているイメージ。ここ、大丈夫なのかな?って思っていた。そして結構お高いイメージがあったので、なかなか入りにくかったということもある。おそらく今回お誘いを受けなければ、一生食べに行くことはなかったかもしれない。だけどバレンタインデーに男性から食事でも行きましょうって誘われたときはちょっと焦った。ひょっとして?何て考えたりもしたけど、単なる考えすぎだったようだ。


中に入るとあまりの大きさに驚く。スペースは半分ぐらいだと勝手に想像していたが、入って左側は全て仕切りで区切られており、個室のような感覚で食事が楽しめる。メニューにもお金がかかっているようで、ずっしりとした重みがある。


お勧めは揚げ物のコンビネーション。AオプションとBオプションからそれぞれ1品ずつ選べるようになっており、私はAからヒレカツ、Bからクリームコロッケをオーダー。そしてどんなオプションがあったかは覚えてません。すみません。。。



5分ほど待つと茶碗蒸しとサラダ(キャベツの千切り)が出てくる。それを食べて待つこと更に5分ほど。お食事が運ばれてきました。






どーん!!!



揚げ物の左側にあるボール大ぐらいの大きさのものがクリームコロッケ。一口で食べるにはちょっと大きすぎ。小鉢も色々と。




揚げ物は本当に美味しかった。サクサクしていて中はじゅわ~って感じで。うん、確かにこれは美味しい。ヒレカツがちょっと赤みかかっていたのが気になるけど、まぁ大丈夫でしょう。



というわけで、非常に満足なランチとなりました。このセットはちなみに12.95ドルとちょっとランチにしては高めな感じが。けど日本でも高級店なら多少お値段は張るしね。ちなみに夜は更にお値段が高額になるようなので、庶民的な私としてはたまにランチに出向いてみたいと思います。



------------------------------------------------------------------
Kagura
1652 Cabrillo Ave.
Torrance, CA 90501

2.14.2011

大企業からの手紙

今をときめく(?)大企業から手紙が届いた。知らない人は居ないだろうというほどの大企業、そう、天下のGoogle様だ。






どこかから私の実力を知ってリクルートでもするためのオファーレター? 或いは私、何かGoogle様にとってお気に召さないことでもしでかしちゃったかしら? この2つの選択肢だったら間違いなく後者しかあり得ない。恐る恐る開けてみると。。。








はれ? 100ドルクーポン? 手紙には、「何時もアドセンスをご利用いただきありがとうございます。お客様用に100ドルのアドワーズのクーポンを進呈します。」といった内容(もちろん期限つき)。




うーん、そんなにGoogle様のために貢献はしていないのだけど、もらえるものはもらっておこう。と思ったが、アドワーズって検索エンジンの広告のスペースに1クリックいくらかで表示してもらうっていうサービスだったような。。。正直言うと、私あまり使わないのですけど。サイトを通じて何かを販売しているわけではないから、別にサイトを上位に表示させる必要もないし、そもそもどんなキーワードで私のサイトを検索させたら良いのかも分からない。何時も適当なこと書いているのに。。。




もらったものは有効に使いたいけど、でも使い道がない。そして期限は約1ヶ月と来たものだ。となれば、誰かに売るぐらいしか思いつかない。でも欲しい人なんていないよなぁ。せっかくなので何か良い使い道を見つけたいところです。 


2.13.2011

Buffet of Buffets



先日ラスベガスに遊びに行ったときのこと。



24時間Buffetが食べ放題というBuffet of Buffetsを試そうという話になりました。値段もお手ごろの39.99ドル+Tax(休日はもう少し高い可能性あり)です。Buffet of BuffetsはHarrah's系列の7つのホテルで食べ放題。


その7つのホテルは
Harrah's (ハラーズ)
Flamingo (フラミンゴ)
Imperial Palace (インペリアルパレス)
Rio (リオ)
Ceasers Palace (シーザーズパレス)
Planet Hollywood (プラネットハリウッド)
Paris (パリス)

リオにはカーニバル、シーフードと2つのBuffetが存在しますが、カーニバルのみなので注意が必要です。




24時間といっても、Buffet自体は24時間営業ではありません。夜10時には閉まることになっていますから、結局は食べられる時間が決まっているといった方が正しい言い方かもしれませんね。



さて、私たちが一番最初に向かったのはRioのカーニバルバフェです。夜に入って24時間であれば、当日夜、翌日朝、翌日昼、そして時間があれば翌日夜もいけるだろうと、合計4回を1人40ドルと考えれば非常に安価でいっぱい食べれると安易な考えの下、早速Rioに向かいます。



時間は19時ごろだったでしょうか。着くとものすごい長蛇の列。見ているだけで頭が痛くなってくるほどの待ち時間のようです。しかも、整理券などを配ってギャンブルでもやって待っていられれば良いのに、ただただ待ち続けることしか出来ません。仕方ないので列に並んで待つことに。正直に言いましょう。ディズニーランドの乗り物でもあれだけ並ぶことはありません。結局3時間近く待ち、入ることが出来たのは閉店間際の22時ごろでした。


そこで「Buffet of Buffetsをください。」と伝えると、購入した時間から24時間有効になります。逆に言うと、22時に入れたのはラッキーかもしれません。そこから24時間フルに使うことが出来るのですからね。22時。待ちすぎてお腹も空いていたのですが、何か並んでいる間に大分ヘトヘトになってしまったこともあり、少しずつ食べて帰ることにしました。カーニバルバフェ自体、あまり美味しくなかったというのもありますし。。。3時間待ってこの程度か。そんな感じでした。



次の日の朝、フラミンゴホテルの朝食バフェを食べようと、朝7時に起床(起きる2、3時間前までギャンブルにはまっていたのは言うまでもないが)。眠い目をこすりながら、せっかく24時間食べ放題なのだから行かなきゃ損!! ということで頑張ります。前日のように3時間待つことはなく、すんなりと中に入ることが出来ました。まぁ朝食だしね。



フラミンゴのパラダイスガーデンバフェは朝であるにも関わらず、何故かカニがあったり、カキがあったりと豪勢でした(もしかしたら前日夜の残りものかもしれないけど。。。)。ここで食べ過ぎるとブランチバフェが食べられなくなりますから、本当に軽く食べます。




さて、ここで次はブランチですが、プラネットハリウッドのスパイスマーケットというバフェに行くことにしました。ここは昔ラスベガスのバフェで1位を取ったこともあり、結構美味しいです。パリスのバフェとどちらに行くか悩んだのですが、パリスはまたしてもディズニーランド状態の可能性が高いため、ここはプラネットハリウッドにしようということで。。。 ところがこのプラネットハリウッドも軽いディズニーランド状態。いや、そこまでは酷くなかったかな。一時間程度並びました。



スパイスマーケットでもカニやステーキなどじゃんじゃん食べましたが、店側が追いついていない感じでした。デザートに至ってはほとんどない状態。まぁこれだけ混んでいればね、仕方ないと思います。




これだけ並んで食べてを繰り返しているとお腹もほとんど空きません。だけどもう1軒試したいところがあります。それはシーザーズパレスのラゴというバフェ。実はここは未だかつて一度も行ったことがないのです。結構高いという割りに食べれるものが少なく、だけど味は美味しいという噂でした。こういうときぐらいでないと食べれないだろうと思い、18時半ごろに現地に向かいますが残念なニュースが。。。




この時点で既に22時ごろまで待たされるからか、今日の営業はここまでと言って並ばせてくれません。うーん、残念だが仕方ない。




となると、もう1回ほど食べられる時間はあるにも関わらず、これ以外のバフェはどこも混んでいることが予想されます。無理に食べる必要はないにも関わらず、せっかくだからという貧乏性な考えから、朝食べたフラミンゴが一番空いていそうなので行ってみると。。。15分ほどの列しか出来ていません。とりあえずこれで良いか、と思って食べたのですが、まぁ朝食の方が美味しかったという事実。そんなもんかな。





というわけで、24時間食べ放題のBuffet of Buffetsを試したのですが、正直1日つぶれます。並んで食べて、並んで食べての繰り返し。今回のラスベガスは、足が棒のようになりながら待機し、同じ料理を何度も食べたという想い出しか残らなくなってしまいそうです。



Buffet of Buffetsはハラーズ系列のPlayer's Cardを持っていれば誰でも購入可能です。数泊滞在される方は並ぶのを覚悟で一度ぐらい試してみても良いかもしれません。多分、私たちがやったように、夜、朝、昼、夜の組み合わせが一番ベストだと思います。



2.12.2011

Pho Hong Long


Gardenaという町にあるベトナムPhoが美味しいという噂を聞きつけました。ここ日本人が多く住むサウスベイ地域では間違いなくその店がベストだと。そもそもPhoはあまり食べないのですが、そこまで美味しいと言われたら食べないわけにはいきませんよ。約2年ぶりにPhoを食べに行ってきました。


場所はCrenshaw Blvdという結構大きな通りとManhattan Beach Blvdが交差するあたり。ちょうどEl Camino Collegeの北に位置するといえば分かりやすいでしょうか。iHopの隣だという話を聞いていたので、直ぐにその場所は見つかりました。





既にランチ時間も終わりの13時過ぎに行ったにも関わらず、未だ待っている人が居る。Phoで並ぶなんて初めて。。。ちょっと楽しみになってきました。




席に通され、メニューを拝見。



    


安っ!!




Phoと言ったらやはりレアの薄切り肉が乗っているものに限りますよ。ということで、メニュー項目のNo. 7を選択しました。大きさはMedium($6.25)。ついでに生春巻き($5.00)もオーダーします。




5分ほど待つとやってきました。



   



めちゃめちゃ美味そうです。


付け合せ(?)として出てくるモヤシ、レモンなどを投入。



辛いのが好きな人はこれに唐辛子を入れても良し、或いはHot Sauceを入れても良し。基本私はそのまま食べて、味に飽きたら何か入れるようにしています。




これは美味いっ!!


合わせて生春巻きも出てきました。





こっちも美味い。




ミスター味っ子風に言うなれば、「うー・まー・いー・ぞぉぉぉーー!!」と叫び、後ろから津波が押し寄せてくる感じですが、うん、そこまでは感動するほどの味ではなかったです。



久しぶりに食べたPho、これを見て気が向いた方がいらっしゃったら是非足を運んでみてください。ちなみに水曜と木曜はお休みみたいです(何で?)。



------------------------------------------------------------------
Pho Hong Long
15709 Crenshaw Blvd. #A
Gardena, CA 90249


2.11.2011

井岡一翔という男



日本でまた新しい記録が樹立された。今までの最短8戦目で世界チャンピオンになった辰吉、名城の記録を抜き、7戦目で世界チャンピオンになったのだ。


辰吉世代であるこの私。中学時代に見た辰吉・薬師寺戦は恐ろしいぐらいに盛り上がった。その記録を抜いたのは若干21歳、平成生まれのこの井岡一翔というボクサーだ。井岡と聞くと、どうしても2階級制覇した井岡弘樹を思い出す。そう、この井岡一翔というボクサーは、井岡弘樹の甥にあたる。息子でないのがちょっと残念なところだが。。。


実は彼の試合は今のところ見たことがない。だけどかなりセンスに溢れた試合をするという話だ。最短チャンピオンとかという記録にこだわる人はあまり大したボクサーではないだろう、おそらく今までのマッチアップが良かっただけだ、とか思っていたが、この井岡に関してはどうやら違うようだ。


7戦目の世界戦、対戦相手のタイ人ボクサー、オーレイドン・シスサマーチャイは今までのキャリアで無敗。36戦35勝1分けの成績だったのだ。そんな相手にTKOで勝利した井岡一翔、おそらくすごいボクサーになるのだろう。


これから4階級制覇を公言したとのこと、是非頑張ってもらいたい。和製パッキャオを目指し、また具志堅用高氏の持つ連続防衛記録13を越えてもらいたいところでもある。ただ4階級制覇を目指すなら、13の記録を破るのは難しいだろうが。



とにかくこれからが楽しみなボクサーの登場だ。後ほど試合を見てみよう。







2.10.2011

IRIS (アイリス)



スターの恋人に続いて見始めた韓国ドラマ、次はIRIS(アイリス)。




全くもって韓国ドラマに関しての知識がない私。韓国エンターテイメントに詳しい美容師と話をしているときにこのドラマのことを知った。


私 「何か面白いドラマ、ありませんかね? 先日スターの恋人っていうのは見たのですが、まぁ普通でした。」


美 「IRIS(アイリス)ってドラマは見た? 結構面白いよ、イ・ビョンホン主演なんだけど、なかなか格好良くて、スリルもあって、日本の秋田も舞台として使われて、冬ソナのときのようにツアーが組まれたりして。。。」




私 「へぇ、そうなんですか(と、あまり興味なし)。」



美 「。。。さらに言うなれば、一緒に出ている女優さん、キム・テヒって人がすっごくかわいいのだk

私 「え? 何てドラマでしたっけ? アイリス? それにします!!」


ということで、イ・ビョンホンが出ている、スリルがあって格好良いで、さらにカワイイ女優さんが出ているドラマを借りることにしました。



全20話で構成されているこのドラマ。既に全部見終わったので、感想含めて書いていきたいと思います。あまりネタバレにならないようにしますが、気になる方は以降見ないでください。。。


先ず登場人物が多すぎ。人の名前を覚えるのが大変。NSSという特殊スパイチームに所属するキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)、チェ・スンヒ(キム・テヒ)、ジン・サンウ(チョン・ジュノ)。上官、上司、その他同僚など覚えていたら切りがない。だけど覚えておかないと誰が誰だか分からなくなる始末。結構しっかりと見ていないと分からなくなります。


中盤からはNSS上官の裏切りにより、ヒョンジュンと親友サウが敵対。さらにサウにいたってはIRIS(アイリス)という秘密結社に入り、殺し合いにまで発展することに。


このドラマ、肝は何と言ってもタイトルにもなっているIRISとは何なのか?ということ。IRISのトップ、ブラックと呼ばれる人間は声のみの出演で、姿、形は一切見せていない。この人が出てくるのがドラマ後半に入ってからというのもあり、最終回(20話)ではブラックと呼ばれる人は誰なのか?このあたりが解明されると思っていたにも関わらず、結局は分からずじまい。裏切りの裏切りの裏切り、みたいな感じで構成されていたので、実はNSSの誰かがIRISのブラックなのでは?とか色々と想像していたが結局分からないという残念な結果。


更に更に、最終話ではヒョンジュンとスンヒがNSSを退社、2人婚約、めでたしめでたしと思わせぶりな態度となっておきながら、最後の最後で意表をつく結末!! 後味の悪さが残るドラマとなりました。




この終わり方には賛否両論。明らかに否が多いようですが(笑)。どうやら続編が出るためにこのような終わらせ方にしたようです。続編の日程が決まっていればまぁアリな終わり方だと思いますが、まだ未定っていう時点でちょっとやっちゃったんじゃない?って思ってます。




このドラマ、普通の韓国ドラマとは全くの別物と考えた方が良いかも。映画ミッション・インポッシブルやドラマ24(トゥエンティ・フォー)をイメージして作られたんじゃないかなっていうのが率直な感想です。



今回覚えた韓国語
なし(ドラマに夢中すぎてそんな余裕がなかった。。。)


次回はもう少しまったりと見れるものにしようと思います。







2.09.2011

エッチ・スケッチ・○○○



幼少期に誰もが一度は口にしたであろうこのフレーズ。

エッチ~

スケッチ~

○○○~



○○○に当てはまる言葉、何を使ってました? そんなことがネット上で議題に上がっていたんです。おいおい、そんなの聞くまでもないだろう? 誰がどう考えたって、この答えはサンドイッチで決まり!!



(゜д゜)



え? ウソでしょ? 違うの?




え? ワンタッチ!?



どうやらこれ、場所によって違いがあるみたいですね。うんうん、埼玉ではサンドイッチだったんですよ。だからきっと、埼玉とか東京とか、関東一体は基本的にサンドイッチで統一されていた!! ワンタッチとか使っている人は田舎出身の人ですよ。そうそう、サンドイッチが正しいのです!! と思っていたが、どうやらエッチ・スケッチ・サンドイッチのフレーズを使っていたのは埼玉のごく一部の人たちであることが判明。すみません、私が田舎者だったみたいで。。。


一般意見としてはエッチ・スケッチ・ワンタッチ、だというから驚きだ。しかもこのフレーズには続きがあるところもあるらしい。それは、エッチ・スケッチ・ワンタッチ、お風呂につかってあっちっち!! むぅ、何とも語呂合わせが良いことか。こんなフレーズ初めて聞きましたよ。


場所によってはこんなのもありました。エッチ・スケッチ・ソックタッチ。うわぁ、ソックタッチ懐かしすぎる。ルーズソックスをね、落ちないようにね、貼り付けるための糊ね。更にはこんなのも。エッチ・スケッチ・乾電池。エッチ・スケッチ・たまごっち。基本的に「ち」で終わるものなら何でも良いみたいですね。



うんうん、これで解決。



(゜д゜)



あれ? 更にはこんな意見も。エッチ・スケッチ・マイペット。これはもはや意味不明ですよ。何ですか、マイペットって。全然語呂が合ってない!! 強いて合っているというなれば、「ッ」が入っているところだろうか。このマイペットを使うのは北海道あたりの人が多いことが判明しています。


究極はこれ。エッチ・スケベ・マイペット。もう2個目から変わっちゃったタイプですよ。こうなったらもう何が言いたいのかも良く分かりません。いや、エッチ・スケッチ・○○○も何が言いたいのかは分かりませんけどね。



場所によって言い回しが全然違うことが分かって面白かった反面、サンドイッチが限定地区でしか使われていなかったことに寂しさを覚えました。。。






2.08.2011

Harbor Place


2012年を持ってこちらのレストランは閉店しました。


先週末の昼間、中華を食べに行ってきました。今回行った店はHarbor Placeという良く行く店です(すみません、外観の写真を撮るのは忘れてしまいました)。



結構日本人のお客さんも多く、日本人好みの味なのかもしれません。今回、マーボーナス、魚(カレイ?)のフライ、ザーサイと豚肉の炒め物の3品をオーダーしました。



先ず最初にスープが来ます。ランチに行けば必ずついてきます。エッグドロップスープのときと、ホット&サワースープのときと、今日の何だか分からないスープのときと3種類あるようです。ひょっとして今回のはエッグドロップかも。。。






続いてオーダーしたものが次々と運ばれてきます。




Eggplant with Hot Garlic Sauce (マーボーナス)。出来立てはかなり熱いので注意が必要です。過去何度も口の中が火傷しそうになりました。







Deep Fried Whole Fish (魚(カレイかな?)のフライ)。ご飯の上に乗せてかき込むように食べるとGood!!





Shredded Pork with Pickled Vegetables (豚肉とザーサイ炒め)。ザーサイのコリコリ感がちょうど良い。もやしもシャキシャキしていてとってもヘルシーです。



この3品オーダーで20ドルいかない程度(チップを入れたら22ドルぐらいかな)。さらに食後には杏仁豆腐も付くおまけつき。




かなりお腹いっぱいで食べ切れなかったので残ったものは家に持ち帰りました。大満足!!



------------------------------------------------------------------
Harbor Place
1949 Pacific Coast Highway
Lomita, CA 90717

2.07.2011

1年で1番ピザが売れる日



1年を通して1番ピザが売れる日、それは何といってもアメフトの優勝決定戦であるスーパーボウルが開催される日だ。全米での視聴率は50%を越え、今年は1億人以上の人が視聴したと言われている。テレビの前でピザにビール(或いはコーク)はアメリカ的な生活スタイルであると言えよう。


ピザ屋はどこも大忙しらしい。デリバリーだけでは追いつかず、ストアピックアップも含めて、1日中フル回転とのことだ。今年はPapa John'sというピザ屋がスーパーボウルのスポンサーになっていた。ラージピザ1枚10ドルという広告が色々なところで見られ、またもしスーパーボウルが延長戦になった場合、無料でピザをサービス何ていう面白いマーケティングもしていた。




そんなピザが1番売れるこの日だが、他に売れるものはないのだろうか。おそらく試合に熱中しながら手軽に食べられるものとしてピザが重宝されることは予想しやすい。これがハンバーガーとかだと両手使わなくてはいけないし、ケチャップこぼしたり、タマネギが落ちたりすることを考えると食べづらい。ホットドッグも結構ありっぽいけど、ホットドッグのデリバリーサービス何て聞いたこともないし、2個も食べたら飽きてしまうだろう。



では寿司とかはどうか? これは簡単に食べれてしかも色々な種類のものが食べられる。飽きないし、手軽に食べられる。強いていうならピザよりも多少高いところがネックだろうか。それにビールやコークと寿司と考えると非常にミスマッチだ。



そう考えるとやはり落ち着くところはピザしかないのかもしれない。



来年あたり、爆発的に寿司が売れたら面白いのになぁ。Sushi Boyとかがメインスポンサーになったりとかして。









2.06.2011

第45回スーパーボウル



第45回スーパーボウルはピッツバーグ・スティーラーズとグリーンベイ・パッカーズの一戦となった。私が応援するのはピッツバーグ・スティーラーズ。過去スーパーボウルを何度も経験している選手が多数居るピッツバーグ・スティーラーズと第6シードから勝ち上がってきた勢いのあるグリーンベイ・パッカーズ。場合によってはロースコアな展開になるかなと思っていたが。。。




国家斉唱はクリスティーナ・アギレラ。何か歌詞を間違えたなどというニュースが飛び交っているが、正直テンションが上がりすぎて全くもって気付きもしなかった。



スティーラーズの攻撃から始まったスーパーボウル。攻撃が続かずにパントへ。ここでパッカーズのパントリターナーがファンブル!! ピッツバーグボールになれば、と期待したが、残念ながらパッカーズボールとなる。



パッカーズのQBはアーロン・ロジャース。今日も彼の攻撃は冴え渡る。パスが通り、タッチダウンを許す。0-7。その後スティーラーズは波に乗れない。インターセプトを喫し、早くも0-14で第1Qが終わる。


第2Qではスティーラーズの反撃の狼煙があがる。フィールドゴールで3-14に。その後パッカーズの攻撃をまたも止められずタッチダウンを許す。3-21。やばい展開。ただここでスティーラーズもタッチダウンパスを通す。10-21で前半が終わる。



ハーフタイムショー、今年はブラック・アイド・ピーズ。何時ものことながらこのハーフタイムという決められた時間の中で素早く準備、撤収出来るところは素晴らしい。こういうことが出来るなら、普段の生活にも役立てて欲しいものだ。例えば長時間待たされるDMVとか(笑)。まぁそれはそれで良いとして、このハーフタイムショーでガンズ・アンド・ローゼスの元ギタリスト、スラッシュが出てきたのは驚きだった。久しぶりに聴いたSweet Child O' Mineは最高!! テンションも上がったことだし、後半戦も頑張ってスティーラーズを応援するぞ。




後半はパッカーズの攻撃から。スティーラーズのディフェンスが良いのか、或いは相手WRの落球が多いからかは不明だが、パッカーズの攻撃は元気がなくなる。狙い時だ。ここでスティーラーズのRB、ラシャード・メンデンホールがTDランを決める。ついに捕らえた!! 17-21。その後第3Qに得点の動きはなく、勝負の第4Qへ突入。



第4Q、パッカーズに得点を許してしまう。タッチダウンパスがまた決まり、17-28に。ついにここまでか。と思いきや、マイク・ウォレスへのパスが通り、スティーラーズもタッチダウン!! しかもその後2ポイントコンバージョンにも成功し、25-28の3点差。フィールドゴール1本で同点に出来る。頑張れ、スティーラーズ。




だが、ここでRBラシャード・メンデンホールが痛恨のファンブル。その後の攻撃をフィールドゴールで抑えるも、25-31と6点差。残り時間は2分。




完全に追い込まれたスティーラーズ。パスが1本通れば。。。その願いは虚しく、ここで試合終了。



パッカーズの勝利で終わった今年のスーパーボウルでした。




くしくも元パッカーズの偉大なQBブレット・ファーブが引退を決めた年に、新しい司令塔に指名されたQBのアーロン・ロジャースがロンバルディトロフィを手中におさめた。




パッカーズ、おめでとう。だけど大嫌いだ!! 



来年はブロンコスがあの場に立つんだ、見てろよ!! 



ということで、長かったアメフトのシーズンは終わり、ドラフトが始まる4月まで、このブログで何かニュースを流すことはないでしょう。あ、もしかしたらドラフト予想とかやるかもね。いや、誰も興味ないだろうけど。


2.05.2011

UFC 126



2月5日土曜日、ラスベガス・マンダレイベイホテルにて開催されたUFC 126。今回日本人選手が2人出場することになっている。1人は神の子、山本KID徳郁。そしてもう1人は吉田道場の小見川道大だ。小見川はUFC参戦は2回目、KIDに関しては初めてという非常に興味がある試合。



友人にせっかくなので現地で観戦しないか?という誘いがあったが、チケットはほとんど完売。購入が出来ない上に翌日がスーパーボウルという大事な用事が控えている。天秤にかけたらどう考えてもUFCにはそこまで魅力を感じなかった。



ラスベガスまでは行けないにしても、せっかくの日本人が活躍する舞台、応援しないわけにはいかないので、何時ものようにスポーツバーに行くことにした。



試合開始は19時から。最初に行ったスポーツバーはカバーチャージ1人10ドルを取られる上に、空席がないとのこと。しばらくは立ち見を強いられると言うのだ。何故に立ち見? 立ち見で10ドル取られるって気分的にも何か乗り気じゃないし、それだったら良いと引き上げることに。であれば、自宅近くのスポーツバーに行こう、よくアメフトでもお世話になったし、と思って行ったところ、空いてる、空いてる。こりゃ良いやって思ったら、UFCは見れないことが判明。残念だが他の店に行くことに。次の店はアメリカ人の友人と良く行く店だが、何時もとにかく混んでいる。今回も立ち見だろうな、と思って行ったら当然のように立ち見だった。。。



現地に着いたのは19時半頃。小見川選手の試合は観れないにしても、KIDの試合ぐらいは観れるかなと思って楽しみにしていた。だが、何試合進んでもKIDは出てこない。21時。メインイベントのビトー・ベルフォートとアンデウソン・シウバの試合が始まる。どうやらKIDの試合は既に終わってしまったようだ。小見川とKIDの試合を観ようと思っていたのに非常に残念。



メインイベントの試合はアンデウソン・シウバの前蹴りがビトー・ベルフォートの顎に直撃。そのまま倒れて無情のパウンドで試合終了。第1ラウンドで終了となる非常に盛り上がる内容だった。




色々と調べたところ、KIDの試合は前座として組まれていたため、TV放送はなかったようだ。試合結果をインターネットで知り、判定負けということでちょっと残念だった。次回は是非頑張ってもらいたい。あ、小見川選手も判定で負けた様子。日本では敵なしの強い選手なのに、アメリカではなかなか勝てない。世界は広いことを再度実感させられました。


2.04.2011

ものもらい



どこか良くなるとどこか悪いところが出てくる。30代ってそんなもの? 身体にガタが来ているのかもしれません。うーん、こればかりは仕方ないかな。



昨日から「ものもらい」に悩まされています。昨日テコンドーまでは全く問題なかったのです。家に着いてシャワー浴びて、あれ? 目がちょっと痛いかも。。。と思ったら「ものもらい」が出来ていました。こいつがなかなか厄介なヤツでね。小さいクセに目に違和感を感じるわ、コンタクトは使えないわでもう面倒極まりない。かゆいから掻きたいところだけど、掻くと痛い。そして掻くのは基本的にダメとのことなので我慢しています。



何であんなにちっこいのにここまで大きな存在感があるのか。



しばらくメガネ生活になりそうです。



失明してスーパーボウル見れなくなったらどうしよう。。。(片目があるから大丈夫です)。



2.03.2011

間違って覚えた歌詞



何となくバックグラウンドで流れている音楽が頭に残り、知らず知らずのうちに口ずさんでいるってことありませんか? しかも間違った歌詞で。。。 口ずさんでいる最中に、「あ、間違った」って思うことは多々あると思います。私の中で変な歌詞でインプットされてしまった歌を今日は紹介します。



① 崖の上のポニョ

ポーニョ ポニョ ポニョ さかなの子~
青い海からや~ってきた~
ポーニョ ポニョ ポニョ ふくらんだ~
まんまるあなかの女の子~

ペータペタ ピョーンピョン
足っていいな 食べちゃお



食べちゃったらまずいですよねぇ。。。本当は「かけちゃお!」なのに何故か私の中では食べちゃお!で完全にインプットされてしまいました。食べちゃまずいですよねぇ、子供向けのジブリ映画だし。ホラーじゃないんだから。



② 1!2!3!4! ヨロシク!

1!2!3!4! ヨロシク! 5!6!7!8! 愛して!
この胸の扉をそっとノックして。。。
1!2!3!4! ヨロシク! 5!6!7!8! 私を!
初めてのパスワード


中略


パクるっていうのは、勇気いるけど
タイミングを逃すと、大縄跳びみたいに入れなくなるよ」



パクッちゃまずいっしょ。というか、この歌、完全にこう聞こえるんですよ。実際は「告る」らしいのですが、正直パクるでも意味が通じてしまうのが怖い。確かにパクるのは勇気いるし、タイミングを逃すとダメだし。まぁそんなのが歌になるわけはないよね。。。



まぁどちらの歌も誰かに危害を加えているわけではないから大丈夫だよね。


2.02.2011

アマゾン旅行計画中!!



さて、アメリカンドリームの中にも記載されている私の夢、アマゾン旅行。先日見たとあるTV番組から、行きたい気持ちは一気に加速していった。ということで、忙しい時間の合間を縫ってリサーチを続けてみたところ、何となく全体的な流れが見えてきたのでとりあえずご報告。


先ずロサンゼルスからアマゾンツアーに参加するには、ペルーに行くのが一番のようだ。今までアマゾン=ブラジルだと思い込んでいたのに、いきなり根底から覆されたこの事実。飛行機はロサンゼルスからペルーのリマまで行き、そこで乗り継いでイキトスという町に行くのが主流のようだ。フライト代は大体1000ドル前後となる見通しだ。



ツアー自体は色々とあるようで、私が参加したいのは、6日間アマゾンツアーだ。


詳細を見てみると、どうやら4日間はロッジで2日間はキャンプだという。アマゾンでキャンプって普通に考えたら死ぬようなイメージだけど、ツアーレベルとしてはもっとも簡単なランクに入っていることから、そこまで気にすることはないのかもしれない。


食事も全部込みで6日間これも1000ドルのツアーだが、安いものを探せば色々と出てくる。安いには安いなりのサービスらしく、特に滞在する部屋に影響が出るようで、多少の安全を買うという意味では高いものに入ったほうが良いのかもしれない。食事全部込みと書いてあるが、どんなものを食べさせられるのかは不明だ。もしかしたら虫とか食べる羽目になるのか? それはそれで良い経験だが、あまり食べたいものではない。


アルコールなど飲みたい場合は近所で購入が可能とのこと。アマゾンの中の近所って歩いて数時間とかそういうイメージなのだが、観光客のために多少便利になっているのかもしれない。



色々なサイトから情報を引っ張ってみたところ、案外アマゾン旅行に行っている人が多いことに気付く。



お手洗いに入ろうとしたら猿が中に入っていて、それ以来お手洗いには入れなくなった。

木に寄りかかろうとしたら、タランチュラがいっぱいいて噛まれるところだった。

アマゾンの蚊は恐ろしいほどにでかい。服の上からでも刺してくる

熱帯雨林のため、基本何時も暑い(私は暑いのが嫌い)。そして毎日1回は雨が降る。

体長3メートルぐらいの魚がうようよいる。



などなど。。。



何だか不安になってきました。


そもそも英語が通じないのですよね。メインはスペイン語を使っているとか。


英語は全世界共通だから大丈夫だろうとかって思っていると、イタリアの時みたいに失敗する可能性もある。多少なりともスペイン語はかじっていくべきかもしれない。大学時代に習ったスペイン語では大して役にも立たないだろうし。。。



ただ行くなら本当に今年だと思っている。何故かは分からないけど今年行かないともう行けないような気がしてならない。



ちょうど確定申告でまとまったお金が戻ってくることが分かった。金銭的部分ではあまり心配することはなさそうだ。あとは出発する勇気と言ったところか。








2.01.2011

Nintendo 3DS



日本で今月26日に発売される任天堂からの新しい携帯型ゲーム機、Nintendo 3DS。その名の通り、特徴は何と言っても肉眼で3Dが楽しめるというところだ。携帯型であるにも関わらず、値段は25000円とちょっと高め。肉眼3Dのことを加味するとこれは致し方ないという見方になるかもしれない。



初回出荷は大体40万台ぐらいとなっている様子。これは任天堂の何時もの戦略の通り、品薄にさせて購買意欲を高めることを意識しているのか?という感じがする。



肉眼で3Dが出来るということに非常に興味はあるものの、実はプレイしてみないことにはどうなるのかが分からないのが残念なところ。日本では嵐がCMに出ているが、残念ながら画面を映し出しているシーンは一切なかった。これは3Dで見るためのポイント(スポット)というのがあるわけだが、Nintendo 3DSの場合はこのスポットが1つしかないため、TVで映し出した映像ではキレイに3Dが見れない可能性があるからだと言われている。ということは、例えば3DSを購入してプレイしている際、隣の人が覗き込んだりした際には残念ながら3Dでは見れないという短所もある。更に言うなれば、ベッドで寝転がってゲームをした場合も3Dに見えない可能性が充分にあるわけだ。



そんな問題を解決するために3DS上では3Dボリュームというスイッチがあり、これをOffにすれば、3D映像ではなく、2Dでゲームを楽しむことが出来るように作られているらしい。



さて、そんなNintendo 3DSだが、北米の発売は3月27日発売と約1ヶ月遅れで登場することになっている。私はこの北米版購入を検討していたが、実は問題が1つ起きた。今回はWiiと同じようにリージョンロックがかかっているというのだ。やってくれる、任天堂。



私のような北米在住者はどちらを購入するか悩むことになるだろう。日本のゲームもやりたいが、例えばアメフトのゲームなどは日本では発売されない。今までのDSがリージョンロックがかかっていなかっただけに非常に残念なところだ。更に今後だが、改良の余地は出てくると思われる。上記で述べているように、3Dに見えるスポットが1つしかないということだが、改良に改良を重ね、おそらくそのスポットが数箇所付いているものが年内には発売されるのではないだろうか。



非常に欲しいところではあるが、今の私の心境としては待ちだ。大概発売モデルというのを購入すると問題が起きることが多い。Sony PS3もしかりだ。




欲しいがここはグッと堪えて。。。




あれ? amazonでも予約開始している。。。Best Buyも? あれれ~? Game Stopも開始しているみたい。へー、Madden NFLも同時発売かー。






予約、しようかな。。。?