5.31.2011

帰ってきましたーー!!





1泊2日ラスベガスの旅から帰ってきましたーー!! (≧∇≦)




ジャックポットでも当たっちゃったら何しようかなぁ何て思いながら向かったラスベガス。何時か購入するであろうマイホームの足しにするか、ぱーっと世界一周旅行にでも行くか、或いは老後を考えて貯金するか。。。色々と頭を廻らせ、意気揚々と車を走らせたわけだが、結果は何時もと同じ。



身体は無事に帰ってきても、財布の中身は無事ではなかったのが残念なところ。しかも帰りは3連休の最終日ということもあり、渋滞を想定して早く出たにも関わらず効果は全くなく、結局は7時間もかかるという悲惨な結末を迎えた。





まぁそんなラスベガスの体験記はまた改めて書くことにします。TwitterとFacebookで繋がっている人はある程度知っているかもしれませんが、ロックアウトされて部屋に入れなくなった朝方の事件とか、久しぶりに観たシルク・ド・ソレイユのショー、Mystere(ミスティア)のこととか、今回行ったバフェの評価とか。多分3回分ぐらいに分けて書くことになると思います。




本当は今日1個書こうと思っていたのですが、思った以上に時間が足りなくて。。。今日から両親が日本に一時帰国してまして、実家に居るにゃんこ2匹の世話をしなくてはいけなくなりましてね。まぁそんなこんなで忙しくてもブログの更新は頑張って続けまーす!!



















5.30.2011

美味しい韓国料理を求めて。。。




とにかく辛いものが食べたい。辛いもの=韓国料理という方程式が私の中ではほとんど出来上がっている。辛いものが食べたくなったら先ずは韓国料理を当たるのが道理である。(カレーとかも食べたいけどね)




数多くの韓国料理屋があるここロサンゼルス区域。Korea Townに行けば美味しい店はたくさんある。だけど車で30分飛ばして行くのもちょっと面倒臭い。そういうときに利用できるのがこの店、Guh-Mok Korean BBQだ。









サウスベイ内にあるこのレストラン。もちろん韓国人が経営している。スンドブという豆腐チゲを食べるなら、これまた別に美味しい店があるわけだが、私の今回のターゲットはユッケジャン。このGuh-Mok Korean BBQのユッケジャンは格別に美味いとのこと。迷わずにユッケジャンをオーダーする。待っている間に前菜が次々と運ばれてくる。韓国料理の嬉しいところはこの前菜の豊富さだ。




























程なくしてユッケジャンが登場。

























真っ赤なスープが食欲をそそる。先ず一口。コクがあって非常にバランスの取れたユッケジャンだ。美味い!! 鼻水が垂れそうになるのを必死に押さえながら、ガツガツ食べる。これだけ辛いと発汗作用もものすごい。額から汗、鼻から鼻水。そんなことを気にかけることなく、食べ続け見る見るうちになくなり、食べたあとは満足感で満たされた。











下手にKorea Townに行くよりもここで食べた方が美味しいかもしれない。是非このブログを読んで行ってみたいと思った人は足を運ぶことをオススメする。そして美味しかったら是非知らせて欲しい。




ちなみに気になる値段だが、ユッケジャン1つ11.99ドルだった。ちょっと高めだと思う人も居るだろうが、そんな人達に朗報。日曜日以外の平日(土曜日含む)に行くと、ランチスペシャルとして5.99ドルで食べられる。実はこのランチスペシャル、日曜日もやっていると思っていたのだが、日曜日だけはやっていないということだった。出来ればその旨書いておいてもらえれば。。。






























後日平日にユッケジャンを食べに行ったが、本当に5.99ドルで食べられたので、ほぼ半額で済んだことにまた嬉しさも倍増であった。。。





------------------------------------------------------------------
Guh Mok Korean BBQ
2216 Sepulveda Blvd.
Torrance, CA 90501

5.29.2011

UFC 130





5月28日、UFC 130がラスベガスのMGMホテルで行われた。あと1日遅ければ現地観戦も可能だったのだが(とはいっても、高騰するチケットを購入してまで見るつもりはさらさらなく、現地のSports Bookで観れたという意味で)、そんなことを言っても始まらないので何時ものようにレドンドビーチにあるスポーツバー、Mickie Finnzにて観戦することにした。





大体UFCがあるときは決まって友人のリチャードから連絡が来る。今日は誰も行かないみたいだけど2人で行くか?ということになり、せっかくなのでじゃあ行こうという話でまとまる。18時~19時あたりに開始するUFC。先に着いたほうが席を取っておくというのは暗黙の了解であるが、大体あとに行くのが私である。何故かリチャードは何時も着くのが早い。私が遅いだけかもしれないけど。。。






私が現地に着いたのは19時ちょっと前だった。既に何試合かは終わってしまったようで、観たいと思っていたうちの1試合、ジョルジュ・サンティアゴは壮絶に負けたということを知らされた。サンティアゴは日本の戦極などでも活躍していた選手で、ちょっと楽しみにしていただけに残念であった。






私が今回観れたのは3試合のみ。



・ヘビー級
ステファン・シュトゥルーフ 対 トラビス・ブラウン


この試合はなかなか面白かった。ステファン・シュトゥルーフが膝を出そうとした矢先、トラビス・ブラウンのスーパーマンパンチが炸裂。強烈なカウンターとなり、そのままダウンしてTKO。1ラウンド4分11秒で決着が着いた。



・ヘビー級
フランク・ミア 対 ロイ・ネルソン


フランク・ミアはUFC119でミルコを倒した選手。3ラウンド目でラッキー的要素が絡んで勝った記憶があります(過去ログはこちら)。対戦相手のロイ・ネルソンはただの太ったおっさんにしか見えません。あんな身体で5分3ラウンドも戦えるのか不安でしたが、結局はフルの3ラウンドを戦って判定。フランク・ミアの判定勝ち。



・ライトヘビー級
ランペイジ・ジャクソン 対 マット・ハミル


ランペイジ・ジャクソンは知っている人も多いはず。Prideでシウバや桜庭選手と何度か戦った選手。かなりの数の試合をこなし、試合数キャリアはかなりのもの。対するマット・ハミルはレスリングあがりの選手の様子。ということは、スタンディングならランペイジ、グラウンドならマットという構図になりそうだ。マット・ハミルは何度かグラウンドに持ち込もうとするが、ランペイジもそれを知ってか、全く付き合う素振りもなければタックルも切りまくり。終始スタンディングで試合を有利に進めたランペイジが判定勝ちとなった。







もっと楽しい試合を期待していたのだが、実に残念な結果だった。まぁ面白い試合もあればつまらない試合もあるってことで仕方ないところだが。ちなみにもっと残念だったのは、ランペイジも歳を取ったなぁなんて感慨深く観ていたら、同い年だったというところだろうか。 _| ̄|○








5.28.2011

The Hangover Part II (ハングオーバー パート2)




前作のハングオーバーを見てからすっかりファンになってしまったこの映画の続編。コメディ映画を観るために映画館に行くことは皆無に等しいのだが、これだけはどうしても早く観たかった。5月26日に全米で公開されたThe Hangover Part II、2日後にあたる28日(土)に早速観に行ってきました。



土曜日の朝一番、10時から開始するものを選択。朝は映画館も安い。1人6ドルで観れるとはアメリカもまだまだ捨てたもんじゃないなと思う。ちなみに朝10時の映画であるにも関わらず、ほぼ満席状態。人気の高さが伺える。








先ず前作を知らない人のために映画の予告編を載せておくことにします。










まぁ早い話、二日酔いで記憶をなくし、全く知らないところで目が覚める。何があったかも覚えてなく、その記憶を辿っていくという映画である。日本での公開は8月ということなので、あまり詳しく書くのはよろしくなさそうなので、前作に関して簡単に説明しておきます。




前作の舞台はラスベガス。結婚式を間近に控えた男性ダグのためにバッチェラーパーティを行うことになった教師のフィル、歯科医のスチュ、そして婚約者の弟アラン。パーティの翌日、目を覚ますとダグは失踪、スチュは前歯が一本なし、更には部屋に虎、赤ん坊まで居るという状況。残された3人がダグを探すために記憶を辿りながらラスベガスを探し回ったのがパート1。






今回のパート2では、歯科医のスチュが結婚することになり、舞台はタイのバンコク。前回の失敗を繰り返さないようにと思っていたようだが、男5人(ダグ、フィル、スチュ、アラン、更に婚約者の弟のエディ)が浜辺でビールを1本飲んだだけのはずが、朝起きるとそこは全く知らない場所だった。。。という展開です。






映画の長さは大体100分程度。常に笑わせてもらってとにかく面白かったというのが感想です。ただ前作を観ていないと微妙な人間関係とかが分からないと思うので、まだ観たことがない人は是非前作を見てから観ることをオススメします。ただ前作と今作の展開が同じような作りになっているので、それ以上の楽しさを期待してしまうとちょっと印象的には薄くなってしまうかもしれませんが。








5.27.2011

道場移籍




テコンドーを習いはじめて早いもので2年が経とうとしている。白帯から始まり、黄、紫、橙、緑、青、青白、茶と上がってきたわけだが、ここに来て道場を移籍しようか考えている。



現在の道場はハモサビーチにあるJ.Lee Tae Kwon Doというところなわけだが。。。正直月謝やその他に関しては何の不満もない。だが、同じ(またはそれ以上の)レベルの練習生と巡り合える機会がものすごく少ないのが現状だ。





仕事終わりに通えるスケジュールとしては、18時半から19時半、或いは19時半から20時半になるわけだが、メインは19時半のクラスに参加している。ところが、月曜と水曜の19時半からのクラスは黒帯専用のクラスとなっており、未だ色帯の私は18時半のクラスに参加しなくてはいけない。だがこの18時半のクラスに参加するのはかなり過酷なスケジュールだ。仕事が終わったあとに直ぐに準備をし、直ぐに道場へ向かう。それでギリギリ間に合うか、ちょっと遅れるか、といったところだ。






そんな苦労して行く18時半のクラスには、子供や初心者がかなりたくさん居て、ほとんど自分の練習にはならない。小さい子供に教えてあげたりするのがほとんどで、こっちがお金をもらいたいぐらいだ。





既に茶帯を取得し、あとは茶白、赤、赤白と進めば、そのあとに控えているのが黒帯。だがこのまま黒帯を取得しても大して身にはなってないと感じる今日この頃。そこで若い人たちもたくさん参加する黒帯のクラスに参加できるか聞いてみたが、答えはNoだった。その人だけ特別にするわけにもいかないので、これはこれで仕方ないところだろう。だが、7月に控える大会(まだ参加は決めかねている)はこのままの練習ペースでいったら勝つことはほぼ不可能だろう。もっと濃い練習をしたいというのが本音である。




だが今後、黒帯に近づけば近づくほど練習相手は減り、つまらなくなってくるだろうと予想している。そこで近くにある、現在の道場と同じWTFに所属している道場を探し始めることにしようと思う。同じWTF所属であれば、一からやり直す必要はなく帯の色も継続できるから。





とりあえず現在の道場との契約は6月末日まで。そこで移籍することになるかもしれない。







5.26.2011

プチ変更

マジックキャッスルの続編を期待していらっしゃった方、すみません。アップにはもう少し時間がかかりますのでもうしばらくお待ちください。




さて、ブログをちょこっと変更してみました。




先ず以前から気になっていた1つ目。携帯からの閲覧に関して。携帯からブラウザ経由で見るとサイト全部を読み込むため、実に見づらい&遅い。これを改善する方法として携帯用テンプレートを導入し、更にQRコードを貼ってみました。右側のメニュー部分にも出てきているとは思いますが念のため。






















これで携帯から見たら簡易サイトが出てくると思います。何度かテストしてみたので、大丈夫だと思いますが、テンプレート的にはちょっといただけないかなって感じが否めない。RSSを携帯閲覧用HTMLに変換する方法とどちらが良いか模索中ですが、とりあえず現在は時間がないこともあり、これでいこうと思います。








変更点2点目。共有ボタンの追加。bloggerの中に追加するボタンがあるにも関わらず、これには苦戦させられました。





























チェックマークを入れても何も変わらず。







bloggerのオフィシャルサイトで調べたところ、HTMLコードに追加しなくてはいけないとのこと。まぁこういったことは前々から独自で勉強していたのでやり方さえ分かればお手の物です。何とか解決し、これでシェアボタンを追加することが出来ました。












3点目。FacebookのLikeボタンの追加。大分日本在住の方々にもこのFacebookが浸透してきたにも関わらず、情報が共有できないのは勿体無い。だがこのコード追加は2つ目の共有ボタンよりもちょっと難易度が高かった。。。 とりあえず表示はされるようになりましたが、共有ボタンとのバランスが今ひとつの状態です。まぁこれからレイアウト調整とかして頑張りたいと思います。












このブログに遊びに来てくださった方々、面白かったら是非共有ボタンやFacebookのLikeボタンなどを使ってください。きまぶろはこれからも進化を続けていきます!!








5.25.2011

Magic Castleへ!!




Magic Castle(以下、マジックキャッセル)。1908年にハリウッドに建設されたマジック専門の会員制クラブ。日本でも有名なマジシャンであるセロ(英語ではCyril)や日本でのクロースアップマジックの先駆者でもあり、奇跡の指先を持つと言われている前田知洋さん(過去に私のブログでも取り上げたのでこちらも見てね)もこのマジックキャッスルでショーを行っていた。マジシャンたちにとって、ここは憧れの場所であり、マジック界の総本山とも言えるべき場所である。





マジックキャッスルは完全会員制クラブのため、入場するにはメンバーになるかメンバーから招待されないと入ることは出来ない。ちなみにメンバー費用は1年1000ドル近いらしい。メンバーから紹介された場合はゲストとして入場することになるが、入場料として20~30ドル取られる上、城内でディナーを必ず食べなくてはいけない(そしてあまり美味しくないらしい)という決まりがある。





そんなマジックキャッスルの存在を知ったのは実はここ最近。マジックショーを見ながらご飯が食べれるのかな?と思って妻を連れて行こうと考えていたが、会員制である上、私の知り合いでメンバーは居ないので諦めていた。






ところがっ!!!!












妻が誕生日プレゼントの一環としてここの招待状を持ってきたのだ!! 









招待状をもらったとき、「あれ? 何で私が調べていたのを知っているのだ?」と疑問に思ったが実は私がマジック好きなことを知っているため、同じことを考えていたようだ。さすが我が妻。ぬかりない。数年以上一緒に居ると以心伝心であると思い知らされた。一歩上を行かれた感じだ。悔しい。。。








さて、そんなこんなでマジックキャッスルに入れる機会が訪れたわけだが、入場するのにも規制がかなりある。男性はスーツにネクタイ、女性はドレス着用。仕事でもここまで着飾って行くことは少ないのに、ポケットチーフまでジャケットの胸ポケットにしのばせる。また前述の通り、ゲストは城内で夕食を食べる必要があるわけだが、妻は城内に入る前に早めの夕飯を食べてから行こうと言う。






だが招待状にはゲストは城内で食事を摂るように、と注意書きがある。







私 「城内で食事しなさいって書いてあるけど。。。?」





妻 「あー、私たちは大丈夫みたいだよ。マジックキャッスルにも連絡したら大丈夫だって言ってたし。」










なんですと? (; ̄Д ̄)  ひょっとして会員になったのか? いや、初めて行くのにいきなりそんな思い切ったことをするとは思えない。メンバーに紹介してもらう以外に第3の方法が存在するのか? だが妻は頑なにどうやって入手したのかは教えてくれない(これは後々教えてもらったが)。







半信半疑ではあるが、絶対に大丈夫と言っているため、ちょっと早めのディナーを済ませ(このディナーに関しては後ほどまたレポします)、夕方6時、マジックキャッスルへと足を踏み入れることにした。ちなみにマジックキャッスル、夕方5時にオープンする(昼間はブランチとしてオープンしていて、この場合は子供も入場可能、夜はアルコールを提供するため21歳以下は不可)。土曜日ということもあり、入口部分では長蛇の列となっている。







残念なことに城内での撮影は一切禁止。写真は入口までしか撮ることが出来ない。








入口で妻が係員に対し、「今回出演するマジシャン、Luna Shimadaさんの紹介で。。。」 









なにーーー!!?? Σ(`゜Д゜´//)





なるほど、第3の入場方法はこれかっ!! メンバーになる、メンバーから紹介してもらう、更にはマジシャンから紹介してもらう。。。 こんな方法があったのか。







っていうか、妻、すげーよ!! マジックキャッスルに出演するマジシャンに知り合いが居るってどういうこと? マジ、すげー!!








名前を告げると入場料金の支払いは本当に発生しない上、ディナーは食べなくても良いことが判明。入口は自動ドア(というか本棚)になっているが、前に立ってもドアは開かない。





ここで合言葉が必要になる。。。






Open Sesame!! (開けゴマ!!)」





と本棚にある置物に向かって言うと、城内への入口は開かれたのであった。。。







続く

 

5.24.2011

San Juan Hills Country Club



今日は先日初めてラウンドしたゴルフ場、San Juan Hills Country Clubの感想を。




こちらのゴルフ場、私の住むサウスベイエリアから約58マイル(約93キロ)ほど離れた場所にあり、車で1時間ほど走らせたところに位置しています。







早朝だったため、道路は混雑することもなく、予定通り1時間ほどで現地に到着。残念なことに天気がいまいちすっきりしない。雨の可能性もあるかも。。。と言った感じである。









洒落たテーブルが並んでいるものの、かなり空いている。まだ朝だからか?









ティーオフまで1時間ほどあるものの、トーナメントの幹事を務める私はここからが忙しい。参加者の確認、スキンゲームや馬券の手配、などなど。。。 参加者の方々は今回練習ボールがトーナメント費用に含まれていることから、チェックインすると同時に皆練習場へと消えて行く。あー、私も練習したい。




そんなこんなしている間に時間は飛ぶように過ぎて行き、ティーオフの10時を迎える。クラブハウスからお呼びの声が。。。



「コンニチハ。San Juan Hills Country Clubヲゴ利用イタダキ、アリガトウゴザイマース。楽シンデ、プレイシテクダサーイ。」




このゴルフ場を利用する日本人が多いのだろうか。流暢な日本語を喋っているのが印象的だった。さて、そんなこんなで始まるトーナメント。幹事の私は当然1グループ目。練習も何もしていないので、当然身体は硬い。早速順番を決めるためにティーを投げる。オナーは。。。私!!!







始球式かよぉーー。。。






しかも1ホール目は池越えという何ともイヤな展開である。普通に打てば池に入ることはない。130ヤードぐらいだろうか。だけど始球式でチョロする可能性もあるため、安全策で5番アイアンを使うことにした。5番アイアンであれば先ず失敗することはないだろう。




緊張する中、テイクバックして。。。打つ。






カシュッ





あれーーー??







鈍い当たりがして、池ぽちゃ。






その後リズムは崩れる一方。終わってみればスコアはピーーで、ぶっちぎりのブービーメーカーでした。




でもニアピン賞を1個取れたし、ドラコン賞がかかったホールでは残念ながら負けてしまったけれど280ヤード近く飛んだのでそれはそれで楽しかったから良いや。




   





このSan Juan Hills Country Clubは距離こそそこまでないものの、アップダウンが結構あり、またグリーンも早いところと遅いところがあるため、最後まで苦労しました。





スコアカードを一応載せておきます。ちなみにグリーンフィーは週末カート込みで75ドルです。日本に比べたら安いと思いますが、庶民派の私は何時も50ドル前後のところをラウンドすることが多いので、私にとってはちょっと高めと言ったところでしょうか。








5.23.2011

時間が足りない。。。




5/21 The Local Yolk、5/22 映画館には誰と行く!?(後編)へとブログを差し替えました。







時間がない、忙しいという人はよっぽど時間の使い方が下手な人なのかなって思ってました。ところが自分が同じ状況に陥ってみると、時間が足りないって思うことは多々あるわけでして。




現在やらなくてはいけないことが山ほどあります。このブログに関して言えば、ヘッダー画像の変更、旅行記のアップデート(写真の加工含む)、ブログパーツのリサーチ・導入、など。



プライベートの時間のことで言えば、2週間後にやってくるスターウォーズコンサートのためのDVD全巻鑑賞、無数に転がっている未クリア・未着手のゲームクリアとその評価をブログへ、全く手付かずの状態のまま進む気配のない韓国語の勉強、テコンドーの大会に向けての練習、などなど。




更にはフェイスブック上で行おうとしている新プロジェクトの計画、手配。ロゴの作成から記事の準備、その他全て一人で行わなくてはいけないからもう大変。時間が出来た時に構想を練ってはいるものの、いざ作業を進めようと思っても手が追いつかない。結局そのままに。




1日30時間ぐらいあれば、もう少し余裕を持たせて出来ることも増えるだろうけど、そんなことを願っても始まらないし。1日は24時間。寝る時間を惜しんででも、と考えたこともあるけれど、プライベートの時間のために仕事に影響が出るのも思わしくない。




全て行わなくてはいけないことを上から優先順位をつけ、下の方に位置しているのは手付かず。上のほうが片付いた時に下の方に手が回れば良いのだが、新しく優先順位の高いものが入ってきてしまっては、結局下のものは動かないまま。




どうにかしないといけないよなぁ。。。




とりあえず毎日が忙しく充実していることは良いことだと考えてやっていくしかないですね。





頑張ります!! 

5.22.2011

映画館には誰と行く!? (後編)




映画館には誰と行く!? (前編)の続き。基本、アクションやSFを見る時は1人で行くことが多いと書いたわけですが。。。




どの映画だったかは思い出せませんが、2年ほど前にアクション映画を観るために1人で映画館に行ったときのこと。公開されてからまだ間もなかったこともあり、結構混んでいたんです。それでも15~30分ぐらい前に入った私(1人)は結構真ん中の見やすいところに陣取りましてね。図で表すとこんな感じでした。




人人○人○人人人○○人人
○人人人人○○○○人人
人○人人人人○○人人人○





まぁ結局1人なわけですから、席に着いたら動けないわけでして。お手洗いも行けなければ何か買いにも行けないので、ぽつんと待っていると、何故かスタイルの良い金髪の女性が何故か私の隣に座ってきたわけですよ。



人人○人○人人人○○人人
○人人人人○○○人人
人○人人人人○○人人人○




いや、普通に考えたらですよ、



人人○人○人人人○○人人
○人人人人○○人人
人○人人人人○○人人人○



だと思うんです。ところがわざわざあえて私の横に座ってくるってことは。。。







美女 「ひょっとして1人で観に来たの? 私も1人なんだ。良かったら一緒に観ない?」





って展開ですかね? とは言っても私は妻が居るし、そんなお誘い受けても困るなぁ。あ、薬指の指輪は右側からは見えないのか。。。うーん、話しかけられたら何て言うべきか。というよりも、むしろ私のほうが先に話しかけるべき? 



この映画好きなの? 1人?  いや、ここは話しかけられるまで待つべし。









と考えていたところ、ガタイの良いちょっとイケ面風な白人男性がでっかいポップコーンとドリンクを持ってやってきました。そして。。。





人人○人○人人人○○人人
○人人人人○○人人
人○人人人人○○人人人○






なに、この展開?  ( ̄ロ ̄;)





私はイチャイチャしながらポップコーンを食べるカップルの横で映画を鑑賞しなくちゃいけないわけですか。とりあえず話しかけなくて良かったと一息。そして、1個空いてる左の席に移りたいところですが、実は




人人○人○人人人○○人人
○人人人○人人
人○人人人人○○人人人○




ということもあり、ちょっと身動き取れない状態。アメリカの太い方っていうのは日本の太っているというのとは段違いなわけでして。もう何もかもがアメリカサイズ。椅子に座っているというよりも、椅子にはまっているっていう方が正しいんじゃないかっていうぐらい。




席を動くわけにもいかないし。。。





かといって映画鑑賞中、右から聞こえてくる音が気になって気になって。。。   



 \ポリポリ/ \ポリポリ/










公開直後の映画を観る時は2人以上で行くことをオススメします。







5.21.2011

The Local Yolk




無性にちょっとジャンクなアメリカンフードが食べたくなったので、週末を利用してマンハッタンビーチまで車を走らせた。



店の名前はThe Local Yolk。ビーチからは少し離れている、ちょっとレトロな感じをかもし出す店だ。








遅めの朝食、早めの昼食にあたる10時ごろに入ったが、店内はほぼ満席状態。家族連れで食事をしている人が多かったのも印象的である。




さて、肝心のメニューだが、オムレツが有名らしい。ここのオムレツは受賞したこともあるというほどだ。となれば、オーダーするものはオムレツになってくるわけで。数あるオムレツメニューの中からGuacamole Jack & Tomatoを選択することに。Guacamoleという言葉にあまり馴染みがない人も多いかと思うが、これはスペイン語。アボガドのサルサのことを言う(はず)。日本語読みだと何だかは不明。ちなみに私はグアカモーレと発音しています。。。




さて、そんなオムレツが満を持して登場。







サイドに付いているのはハッシュブラウン。更にこれにパンケーキが2枚。







別皿で持ってきてくれるのは好感アップ!! たまに同じお皿にパンケーキやら卵やらベーコンやらが一緒に乗っていて、メイプルシロップをかける時にすべて甘くなってしまうなんてこともありますが、そんな心配は必要なし!!




味の方はと言うと、オムレツが何か普通のオムレツとは違って何か何層かに分かれていたような? クレープのような生地を何枚も重ねてオムレツを作っているような、そんな印象かなと。値段はこちらが8.75ドル。コーヒーを別に注文し、妻はサンドイッチをオーダー。2人で25ドルいくかいかないか程度。



場所がらパーキングに少し困るところだが、通りに面している路上パーキングは1時間1ドル程度なので、そこを利用するか、ちょっと離れたところにあるパーキングを利用するかになります。



------------------------------------------------------------------
The Local Yolk
3414 N. Highland Ave.
Manhattan Beach, CA 90266
Mon-Sun: 6:30 am - 2:30 pm

5.20.2011

漫画は日本の文化です!!




日本が世界に誇れるものとして何があるでしょうか? 一時期はそれこそゲームだ携帯市場だ、と言われていましたが、残念ながらゲーム業界は世界規模で見ると日本のゲームはそこまで売れず、携帯に関してもアンドロイドやiPhoneにシェアを食われているのが現状である。




そんな我が日本に残された最後の砦は漫画(アニメ)だと思っている。漫画の世界は素晴らしい。まさに漫画は日本の文化だと言えよう。





北米生活が長い私にとって、日本の漫画を入手するのは困難を極める。本屋や古本屋で購入は可能だが、送料がかかっているがために高くなってしまう(これは仕方のないことだが)。日本帰国時に買ってくるのはどうだろうか? これは可能は可能だが、本は結構かさばるので、他に何も入らなくなってしまう。更に数年に1回のペースではなかなか好きな漫画も集められない。



では漫画喫茶はどうだろうか? 日本であればそれこそ漫画喫茶はたくさんあり、終電に乗り遅れたから漫画喫茶で時間を潰すなんてことも出来るだろうが、アメリカ(ロサンゼルス)は車社会。車を飛ばして漫画喫茶に行き、そこで漫画を読んで帰ってくるという生活スタイルはどうしても時間が無駄なような気がしてならない。注意: 現在ロサンゼルス界隈には漫画喫茶が1つある。




そこで私が利用していたのは、漫画のレンタルをしてくれる店、まんが村。漫画を貸し出し、家に持って帰って読める。1冊1ドルから。これであれば漫画をたくさん借りて、自宅でバイクを漕ぎながら読んだりすることも可能になる。このシステムはアメリカでは斬新で素晴らしい。





漫画好きの私の部屋には昔から集めた漫画がたくさんある。とにかく本棚という本棚に漫画がたくさん。小説は数冊(ちなみに妻の部屋には小説ばかり。。。)。だって漫画の方が絵を見ながら楽しく覚えられるから頭に入りやすいんだもんさぁ。。。




そんな漫画好きの私がオススメする漫画、これはいただけなかった漫画、を今後このブログでも取り上げていこうと思う。






5.19.2011

韓国語を学ぼう!!




国際化が進む世界、英語と日本語を話すだけではもはやメリットでも何でもなくなってきている。前々から第3言語の取得を目指しては挫折し、そのままになっていた。



一番最初に目をつけたのはスペイン語。大学時代、何かしらの言語を学ぶ必要があったため、迷わずにスペイン語を選んだものだ。ところがさっぱり分からん。あの時テスト勉強だけではなくてしっかりと会話とかも含めて勉強していれば、今頃このロサンゼルスでの生活がもっと楽になっていたかもしれない。後悔しても遅いけど。。。 



フランス語とかも考えたけど、考えただけで辞めてしまった。何か使う機会は少なそうだし。



やっぱりアジア圏内の言葉が良いかなと思って韓国語を学ぼうと思ったのは既に5年ほど前。教科書や教材などをたくさん買って、やる気に満ち溢れていた(はず)なのに、独学でやろうとするとどうしても甘えが出てしまうのが人間である。まだ開封すらされていない教材もあるほどだ。何と勿体無い。。。



テコンドーを習っていることもあり、韓国人の友人が多いため、友人に習うことも1つの方法である。ところが友人に習おうとするとどうしてもなぁなぁになってしまって。結局気付くと何も身についていない自分がいることに気付く。



ゲーム感覚で出来て覚えれば一石二鳥と思って購入したのがDSソフトのハングル三昧。寝る前に5分ずつでもと思っていたが、結局電源入れて直ぐに寝てしまう始末。ゲームのコンセプト的には非常に面白いのだが、どうやっても睡魔に勝てない。



ラジオから音を聞くだけでもと思って車の中で韓国語放送ラジオを聴いていれば何も分からずに眠くなるだけ、ドラマから頑張って覚えようとしても字幕を目で追うだけ、これじゃどう頑張っても覚えられない。




そして最終的に辿り着いたのが、学校に通うということ。ここロサンゼルスでは韓国人が多く住んでいるが、二世、三世となってくると韓国語が話せない人が増えてくる。そこで韓国系の教会で格安で韓国語を教えているという情報をキャッチしたので、先日聞きに行って来た。



その人曰く、韓国語のクラスは学期制。4ヶ月16回ぐらいで行われ、毎週土曜日朝9時から昼12時までの3時間。休憩は多少挟むものの、基本的にはぶっ通しという何ともハードなクラス。価格は何と150ドル。1回10ドル程度、しかも3時間。1時間あたり3ドルぐらいってことでしょうか。これは安い!!


150ドルぐらいで学べるならやるべき、と思って、「是非、お願いします。」と言ったところ、今新学期が始まったばかりだから、9月まで待ってくれる?とのこと。。。しかも二世、三世を対象にやっているから、子供が多く、大人は数える程度しかいないとのこと。子供と一緒に机を並べて勉強するのも恥ずかしいがそれ以前に、この情熱は9月まで持続できるのだろうか。それまで1人で頑張って勉強するかっ!!




5.18.2011

そろそろ決めてくださいだってさ。




誕生日にケーキをたくさんいただいて1日にして激太りした男です、皆さんこんばんは。まぁ記念日ですからね、この日ぐらいは良いんですよ。また今日から仕切りなおしでダイエット頑張ります。




さて、今日はテコンドーの話ですが、7月2日の全米大会、そろそろ出場するかどうかを決めてくださいと急かされています。あと1ヶ月ぐらいだからってことだけど、まだ時間あるからギリギリまで悩みたいところなんですけどね。





先々週の土曜日のテコンドー強化クラスに参加した際に怪我した部分が全くもって治りません。足の甲は大分腫れが引きましたがまだまだ歩くと痛いし、ヒビでも入っているんじゃないかって思うぐらい。そして右手の薬指はつき指したのか、重いものを持つのはおろか、手も握れないほどです。こんな状態じゃ当然まだ出るか出ないかは決められないですよね。




大会出場費用は85ドルだそうです。この前のマラソンの話じゃないけど、「痛い思いしてまで出るなんて信じられない。」って思う人が居るかもしれませんが、マラソンとテコンドーは別ものですよ~。皆そう思っているんだと思いますけどね。




そろそろ決めなくちゃいけないな。



5.17.2011

Happy Birthday!!




Happy Birthday to me~ ♪
Happy Birthday to me~ ♪
Happy Birthday dear 自分~ ♪
Happy Birthday to me~ ♪



というわけで、22歳120ヶ月になりました(このネタ何回目?)。



FBやTwitter上ではおめでとう、おめでとうという嬉しい連絡をたくさんいただいて。FBはもちろん知り合いなわけですが、Twitterに関しては一度もお会いしたことがない人たちが多いわけでして。そんな方々からもおめでとうと言われると余計に嬉しいですね。何か人気者のような感じがします。といっても、Twitter上では誕生日を入れる項目なんてありませんから、自分で今日は誕生日だからおめでとうと言ってください!!みたいなTweetをしてしまったわけですけど。。。




それにしてももうこの歳になると何歳でも関係ないですよ。男は歳を重ねるごとに貫禄が出て良くなるといいますが、果たしてそれは事実なのでしょうか? 私は若い方が断然良いと思いますけどね。




そんな私が最近歳取ったなぁと感じる瞬間をまとめてみました。




・ 最近の若い人は。。。という言葉がついつい出てくる。


・ 5年前ぐらいに起きたことがつい最近と感じる。特に去年とか一昨年は「あ、ついこの前ね。」と言ってしまう。


・ 二日酔いからの立ち直りが異常なまでに遅い。



・ 運動した次の日は筋肉痛ではなく、節々が痛くなる。そしてその翌日に筋肉痛が襲ってくる。最悪なときには、「あれ?何か痛いけどどうしたかな?」と考えると、数日前に何かしたことだとそのときに初めて分かる。



・ 怪我からの治りが遅い。


・ 同じことを何度か同じ人に話してしまう。そして「その話、この前聞いたよ。」って言われて、他の話に切り替えたらその話自体も既に話していた内容だと知らされる。


・ 昔はこんなんじゃなかったと過去の栄光にすがる。





まぁ仕方ないですよね、歳を重ねればそれだけ身体に負担がかかるわけですから。そんな32歳のスタートですが、頑張りますよっ!! 





あっ。。。( ゚д゚)





22歳120ヶ月ねっ!! (≧∇≦)





今日はこれから妻とディナーに行ってきま~~すっ!!



5.16.2011

マラソン、やりませんか?




まさかこんなお誘いまで受けることになるとは思いもよりませんでした。今まで格闘技関係のお誘いを受けていましたが、まさかマラソンを一緒にやりませんか?とは。。。




マラソン、絶対無理です。嫌い。きつい。フルマラソン42.195キロを走るって考えただけでも恐ろしい。ロサンゼルスでは結構有名なLAマラソンっていうのが毎年3月にあるのですが、登録費用150ドルぐらいするらしいです。お金もらっても走りたくないのに、何でお金出してまできつい思いをしなくてはいけないのか。。。逆に150ドルくれるって言っても走りたくないですよ。





お誘いを受けるのはありがたいのですけど、でもマラソンって結局は1人で走るものじゃないですか? 一緒にやりませんか?って言っても、現場に行けば1人で黙々とひたすら走らなくちゃいけないし。つらくても誰かが代わりに走ってくれるわけでもないし。






マラソンを完走した後って、この世のものとは思えない達成感がある、あの感じはやった人にしか分からないって言う人が多いじゃないですか!? だからこの前初めて走った人に聞いてみたんです。そうしたら、走った後に待っていたのは疲労感だけだったって本音が聞けてよかったです。うん、私はやりたくない。





日本では今ジョギングがブームなんですってね。何でも美ジョガーとかっていう雑誌が出ているとかって話も。でもブームになろうがならなかろうが、どんな人が誘って来ようが、私は絶対に走らない。きついもん、だって。。。






ってこの前誘ってくれた人に話をしたら、それならトライアスロンはどう?って言ってたけど、余計やりたくないですわ!! そろそろテコンドーの大会にエントリーするかも決めなくちゃいけないなぁ。。。




5.15.2011

刀削麺に初挑戦!!




先日何の番組だったかは忘れたが(多分嵐にしやがれか、ヒミツの嵐ちゃんか)、そこで取り上げられていた刀削麺。日本には色々と美味しいものがあって良いなぁ何て思っていたけど、ここアメリカだって馬鹿に出来ません。何ていったってカリフォルニアは移民が多い州。移民が多いということは、それだけその国のプロフェッショナルな料理が食べられるってことですよ。探せばあるある、刀削麺。ということで、今回は中国人が多く集まる街へと(またか)、車を走らせて行ってきました!!





さて、先ず刀削麺というものが何だか知らない人のために簡単に説明を。実は説明するまでもなく、漢字をそのまま連想していただければ想像付くと思います。刀で削った麺。そのままです。こんな感じ。









車で40分ほど走ったところにある中国人が多く集まる街にその店はあります。JTYHと言うレストランです。







ちょっと着いた瞬間、やばい、やってないかも!!という錯覚に陥るような店ですが、火曜日が定休日でそれ以外はやっているらしいです。店内は20~30人ぐらい座れるような感じでしょうか。大きな店ではありません。メニューの一部。







刀削麺が有名とは言いつつも、それ以外にも選べるようになっていました。ただ、せっかく刀削麺を食べに来ているのだから、それを頼まないと勿体無いです。私は牛肉スープの刀削麺(#1)のSmallサイズをオーダー。妻はスープのない刀削麺をオーダー。更に餃子も美味しいという噂を聞いていたため、Fried Bun(10個入り)をオーダーする。それでちょうど20ドルいくかいかないか程度の金額だが、クレジットカードでの支払い希望の場合は20ドル以上でないといけないとの注意書きが。。。現金で払えば解決するのだが、じゃあせっかくだし、ということでもう1品オーダーを。前菜からSmoked Chickenを選択。




先ずはSmoked Chickenからやってきた。








でか。。。 ( ̄ロ ̄;)




これで2.50ドルとは安すぎる。もうちょっと少なくても良いのになぁ。。。




何かこれだけで既にお腹いっぱいになりそうな雰囲気だ。そうこうしているうちに私がオーダーした牛肉入りスープ刀削麺がやってきた。



  




麺はもちもちしていて美味しいが、別に期待するほどでもない味わい。。。どうでも良いやって感じになってきてしまいましたが、オーダーしたものはとめどなくやってくる。続いてFried Bunが。







でかすぎるだろっ!! ( ゚д゚)




これ、写真からは想像できないかもしれませんが、1個が大体、コブシぐらいありますから。餃子かと思っていたのに、肉まんを焼いてしまったわけね。それが10個。もうこの時点であきれ返るくらいオーダーしていますよ。最後にやってきたのは妻がオーダーしたスープなし刀削麺。名前は何だったか忘れました。









これも軽く2人前ぐらいは入っているのではないかというレベル。もう無理。。。持ち帰り決定です。ちなみにこのオーダーが一番美味しくいただけたのですが、味としては日本で言う焼きうどんみたいな。そのうどんがちょっとモチモチしているかなっていう感じです。




4品オーダーして22.22ドル。2がこんなに揃うとは何か縁起が良い(中国では2がラッキーナンバーと言われています)!! これは宝くじでも買わないとなぁと思って帰りがけに5ドルするインスタントくじを買いましたが、見事に外れました。まぁそんなもんさっ。。。







というわけで、初挑戦の刀削麺ですが、正直もう食べることはないかなと。期待していたほどのものではありませんでしたので。日本的評価をすると、5段階の2ぐらい、アメリカ的評価をするとC-と言ったところでしょうか。私はちょっと辛口評価ですが、Yelpとかでは結構評価高いです。興味があれば是非行ってみてくださいね。



------------------------------------------------------------------
JTYH Restaurant
9425 Valley Blvd.
Rosemead, CA 91770
Mon, Wed-Sun: 10:30 am - 9:30 pm
(Tuesday Closed)




5.14.2011

抽選永住権、やり直し!!




このニュースが流れたのは2日前のこと。先日の私のブログで取り上げた、抽選永住権だが、結局夫婦共に外れ、またしてもラッキーは訪れなかったと落胆していた。






ところが。。。





コンピューターが無作為に当選者を選ぶというシステムを取っている移民局でミスが発覚したとのこと。以下、原文抜粋です。




We regret to inform you that, due to a computer programming problem, the results of the 2012 Diversity Lottery that were previously posted on this website have been voided. They were not valid and were posted in error. The results were not valid because they did not represent a fair, random selection of entrants, as required by U.S. law.

If you checked this website during the first week in May and found a notice that you had been selected for further processing or a notice that you had not been selected, that notice has been rescinded and is no longer valid.

A new selection process will be conducted based on the original entries for the 2012 program.

If you submitted a qualified entry from October 5, 2010 to November 3, 2010, your entry remains with us. It will be included in the new selection lottery. Your confirmation number to check results on this website is still valid.

We expect the results of the new selection process to be available on this website on or about July 15, 2011.

We regret any inconvenience this might have caused.




要訳するとこの前の結果は無効。当選者も含めて再度やり直し。7月15日に改めて当選者は発表するらしいです。私たちにとっては何とも嬉しいニュースではあるが、当選者からしたらたまったもんじゃないだろう。




最近どういうわけか分からないが、色々とIT関連にまつわる問題が多発しているように思える。先日のBloggerの問題もそう、Sonyの顧客情報流出の問題もそう、そして移民局での問題。。。サイバーテロの前触れでなければ良いけど。





とにかくセカンドチャンスが与えられたことは素直に喜びたい。7月15日が楽しみだ。





5.13.2011

記念日

5月13日は私たち夫婦の2回目の結婚記念日だ。そう、間違ってはいけない。結婚記念日ではなく、結婚式記念日である。ということは、もちろん結婚記念日は別にあるわけだ。私たち夫婦は結構この記念日というものを多く設けている。


例えば、

結婚式記念日
結婚記念日
付き合った記念日
出会った記念日

などがそうだ。


結婚記念日はラスベガスで挙式したこともあり、今でもなお、毎年記念日にラスベガスに足を運ぶようにしている(いや、それ以外にも毎年少なくとも4回は行っているが。。。)。記念日が多いのは、基本的に何かと理由を付けて呑む口実が欲しいからかもしれない。我が家では今日はきっと宴になることだろう。




さて、そんな2回目にあたる私たちの結婚式記念日だが、2009年5月13日にハワイのキャルバリー・バイ・ザ・シーで行った。30歳になる前に結婚式を終えた方が良いという考えのもと、誕生日直前に行うこととなったのだ。日本的に考えると大安などを選ぶところではあるが、そういった事情もあり、アメリカで不吉と言われている13日と更には仏滅が強力タッグを組んだ日に挙式を行った。今のところ悲劇は起こってはいないが、同じ教会で挙式を行ったダルビッシュ有選手は既に離婚している。何とも不吉である。





さて、そんな結婚式の話は機会があればまたこのブログで紹介させていただくことにしよう。使ったブライダル会社さんやどれぐらいの費用がかかったのか、事前準備はどうだったのか、など。プロのカメラマンさんに撮っていただいた写真を幾つか下記に載せておきます(なるべく顔が写っていないものを。。。)。






キャルバリー・バイ・ザ・シーの挙式中の写真










宿泊したホテル、モアナ・サーフライダーで撮影したシルエット写真









結婚指輪の写真。最近ではお揃いのものを選ぶ人は少なく、それぞれ好きなものを選ぶ人が多いですよ、と店員さんに言われ、私は有名なビーゼロワン(B.Zero1)を選択。今思えばもう少し小さいものにするべきだったと後悔。








サンセットフォトツアー中の写真。





  







それと私のプロフィールの写真も同様に、サンセットツアー中のものです!!











さて、今日はそんなめでたい記念日だが、アメリカでは不吉な13日の金曜日。。。 記念日に血の雨が降らなければ良いが。。。






それでは良い週末を!! (≧∇≦)



5.12.2011

Blogger/Blogspot問題解決!!




いやぁ、長かった。。。毎日更新を目標としているこのブログ、5月12日正午から5月13日朝9時ぐらいまで続いた投稿不可の件、やっと解決した様子。一時メンテナンス中という話だったけれど、メンテナンスで20時間もかかることはないでしょ?っていうのが一般論なわけでして。



まぁ実際問題、投稿は出来なかったけれど、閲覧は出来たわけで。携帯からアップは可能かなぁと思ってトライしたけどこれは無理。やっぱり管理画面に入るのに問題があったようで。今までGoogleさんからこういったことに関して報告を受けることは少なかったわけですが、今回ばかりはさすがに何があったか説明する必要があったみたいですね。以下原文抜粋。



What a frustrating day. We’re very sorry that you’ve been unable to publish to Blogger for the past 20.5 hours. We’re nearly back to normal — you can publish again, and in the coming hours posts and comments that were temporarily removed should be restored. Thank you for your patience while we fix this situation. We use Blogger for our own blogs, so we’ve also felt your pain.

Here’s what happened: during scheduled maintenance work Wednesday night, we experienced some data corruption that impacted Blogger’s behavior. Since then, bloggers and readers may have experienced a variety of anomalies including intermittent outages, disappearing posts, and arriving at unintended blogs or error pages. A small subset of Blogger users (we estimate 0.16%) may have encountered additional problems specific to their accounts. Yesterday we returned Blogger to a pre-maintenance state and placed the service in read-only mode while we worked on restoring all content: that’s why you haven’t been able to publish. We rolled back to a version of Blogger as of Wednesday May 11th, so your posts since then were temporarily removed. Those are the posts that we’re in the progress of restoring.

Again, we are very sorry for the impact to our authors and readers. We try hard to ensure Blogger is always available for you to share your thoughts and opinions with the world, and we’ll do our best to prevent this from happening again.

Posted by Eddie Kessler, Tech Lead/Manager, Blogger


まぁ問題が解決したので良かったといえばそれまでですが、さすがに20時間はやっちまってる。更に11日以降に投稿した記事が一時的に消去されていたのも問題。今はもちろん復旧したけど。




そろそろ移転も考えなくてはいけないかもしれないな。日本で有名な「あめぶろ」も含めて。日本のブログを使うデメリットはメンテナンスの時間ががっつりこっちの行動時間に当てはまること。日本ではアクセスの少ない深夜を狙っているのだろうけど、こちらでは結構その時間が命取りになることがある。




逆にBloggerの良いところはGoogleのアカウントで一元管理が出来るところ。いや、「あめぶろ」とかもそういった機能はあるのかもしれないけど、アクセス解析(Google Analytics)や広告(Ad Sense)、Picasa Web Album、Youtubeなんかとも連動しているのはやっぱり嬉しいサービス。だからなかなか出るに出れないというのが現状ってところ。





ところでGoogleが提供しているアクセス解析、Google Analyticsをこのブログにも導入しているわけですが、昨日だけものすごいアクセスが集中していまして。今まで見たこともないほど尋常ではない数字を弾きだしたわけですよ。それはB'zの投稿をしたからではなく、おそらく問題が発生してから解決のためにGoogleの社員さんたちが調査をしてくださったからでしょう。






とりあえず出て行くかどうかは今後決めていきますが、引越しの場合はお知らせいたしますね。



5.11.2011

B'zのLA公演チケットが明日発売だってさ。




老若男女問わず、少なくとも一度は名前を聞いた或いは歌を聴いたことがあるであろう日本を代表するロック(?)バンド、B'z。正直ファンでもないし全くもって興味のないグループではあるけれど、7月に北米ツアーを開催するという噂は耳にしていた。




北米ツアーといっても公演都市はバンクーバー、サンフランシスコ、そしてここロサンゼルスの3箇所らしい。そのロサンゼルスで7月24日に行われるライブのチケットが明日(12日)から発売になるらしい。購入場所はTicketmasterからのみとなっている。








チケットは1枚51.50ドル+手数料となっていて、日本で観に行くことを考えたらかなりの格安になるのだろうか? そのあたりは全く持って分からないが、チケットを買うべきか相当迷っている。いや、ファンでも何でもないので行くつもりはサラサラないのだが、こういったイベントごとに今まで行かなくて後悔したことが何度もあるからだ。




X Japanが来たときもそう、コロッケが来たときもそう、フジコ・ヘミングウェイが来たときもそう、「まぁ次の機会で良いんじゃない?」とか言いながら改めて「やっぱり行っておけば良かった!!」と後悔しているのだ。過去に行ったのは熱狂的ファンの妻に誘われて行った藤井隆のライブ(最前列ど真ん中で見せられてとても困った)と、これまたお笑い好きの妻に誘われて行った、吉本新喜劇ぐらいなものだ。





パクリ疑惑の多いB'zは何となく敬遠していた私。そのせいか知っている曲も少なく、行っても楽しいのかどうかも分からない。でもせっかく日本から来るわけだし観に行くべきなのだろうか。。。? 









チケット発売まであと約12時間。タイムリミットは迫ってきている。さて、どうしたものか。悩んでいるなら一応買うだけ買っておいて、行かなくなったら転売するっていうのもありかな?とは思っているが。。。




5.10.2011

これが私のブログの目指す道!!




様々な情報をネット上で収集できるようになった昨今。ITと呼ばれる言葉は様々な変化を遂げて今の私たちの時代に浸透している。以前はコンピューターの前にどっかりと座り、時間をかけてネットサーフィンをしながら調べ物をすることが主流だったが、現在は必要な情報を瞬時に、的確に調べることが出来るようになったと言えるだろう。TwitterやFacebook、その他ソーシャルメディアと呼ばれるものが次々と出て、またスマートフォンなどが普及してきたことにより、1分も無駄に出来ないような生活が生まれ、現代人は慌しく過ごしているのが現状ではないかと思う。



ゲームが好きな私だが、実は最近変化が起き始めた。長時間ムービーを見せられるゲーム、セーブが決まったところでしか出来ないゲーム、などは敬遠するようになってきた。時代の流れなのだろうか。時間の出来た時にさっくりと10分でも15分でも良いから軽く出来るような、そんなゲームを求めるようになった。ただ軽いといっても内容が薄ければそんなものはプレイしない。10分、15分だけでもしっかりと濃密に堪能できる、そんなゲームをより好むようになった。




つまりは私も含めた現代人には時間がないのだ。いや、あることに変わりはないが、数時間そのことに費やすのは勿体無い。軽くさっとできるもの、お手軽なものを好む傾向にあるのではないかと思う。




オンラインで買い物をするときもそうだ。面倒な作業がたくさんあるところでは買わない。簡単に買えるなどとにかく手軽さを重視している。ピザのオーダーだって、レンタルDVDだって何でもオンラインの時代になってきているのだ。わざわざ電話してこのトッピングのピザが欲しいだの何だのってやる時代は終わりを告げているのだろう。






私のこんなどうしようもないブログも実はそのあたりを気にして書いていることが多い。長い文章をタラタラと書いていても読んでいる人は大変である。時間がないから。手軽に読めるものを欲しているのではないかと感じている。旅行の記事などを書くときは残念ながら1日区切りで書くため、長文になってしまうのは仕方ないところだが、それ以外はなるべく2分以内で読めるような内容に仕上げている。そのため前編・後編に分けたりしているのだ。




2分以内ってことは、例えばカップラーメンを食べるとき、お湯を注いで待っている間にこのブログをちらっと見るとか、仕事場に着いたらこのブログをさくっと読んで仕事を始める、「何か行き詰ったからとりあえず何かやることないかなぁ、数分程度で。」と思った時にこのブログを読む、などそういうときにこのブログを活用してもらえればと思っている。つまりはこのブログを見に来るのは一種の習慣病みたいな感じで見てもらえれば、それが私のブログの目指す道である。





写真が少ない、レイアウトがシンプルすぎるのはあくまでもご覧になっていただいている皆様が不快に思うことなく読み込みを早くするためであって、また間違ってもネタがないから前編・後編に分けて稼いでいるとかは思わないでくださいねっ☆







5.09.2011

停滞期から抜け出したい




ダイエットを始めて早2ヶ月。前回のダイエットネタから1ヶ月も経過したとは早いものだ。 順調に落ちていた体重もここ数週間、遂に停滞期を迎えてしまった。現在の体重は大体145LB(約65.8キロ)から147LB(約66.7キロ)ぐらい。ここをウロウロと彷徨っている感じだ。



色々と調べてみると食事制限でダイエットを始めた場合は最初に勢いよく体重が減り、この停滞期の期間が長いというのが一般的とのこと。ただゆっくりであってもこの期間に体重は落ちるらしい。目に見えて一気に落ちていかない分、ここからは食事も含めて注意していかなくてはいけない。「どうせ落ちないなら今日は思いっきり食べてしまおう!!」とかやるとリバウンドで激太り、というのが今までの私のパターンだ。



肉体美とは言えないものの、私の身体つきは大分変わったものだ。以前のようなシックスパックは完全に復活(強いて言うならエイトパック目の残り2つも見えてきている)、あと余計なものとしたらお腹周りについている多少の脂肪、これさえ燃焼できれば。。。だが本当に厄介なこの脂肪、ここは一番最後に落ちるところと言われている。あとはここだけだ。シャワーを浴びる前に全裸で全身鏡の前で決めのポーズ!! 何てナルシスト的なことはやっていないが(というか、シャワールームに全身鏡ないしね)、わき腹についているちょこっとポニョっとした余分な脂肪が唯一私を悩ませ続けている。





目指すは細マッチョ!! だが妻に言わせると「もやし」、「ごぼう」、「鶏がら」というぐらいガリガリらしい。今に見てろよ~、和製イ・ビョンホンと言わせてやるぜ!! (ちなみに妻はイ・ビョンホンとチョン・ジュノのファンである。。。) 





5.08.2011

ベトナムサンドイッチのSaigon's Bakeryへ



安くて美味しいベトナムサンドイッチの店を求めて、遠路はるばるサンゲーブルという街まで足を伸ばしてみた。今回訪れた店はSangon's Bakery & Sandwichesという店で、私の知人が運営している食通倶楽部というブログでも堂々第1位に輝いていた(その記事はこちら)サンドイッチ屋さんである。



場所的には非常に分かりやすいところに位置しているこの店だが、駐車場スペースが少ないため、隣接しているスーパーマーケットの駐車場を利用すると良いかもしれない。もし場所が分からなかった場合は、下記写真にもある「無敵」と書かれた看板を探せば直ぐに見つかるだろう。














店内はこじんまりしていて、中で食べる(待つ)用のテーブルが3つほど。椅子も10脚あるかないかぐらいなので、基本的には持ち帰り専用の店のようだ。










メニューがかなり豊富にあり、オーダーに困る。食通倶楽部のブログによるとBBQ Porkが美味しいとのことだが、甘めの味付けとのこと。サンドイッチに甘いものは求めていない私としては、あえてそのオススメを外し、無難にハムをオーダーする。そして飲み物としてレギュラーコーヒーを。




店員さん 「4 dollars please」





え?  ( ゚д゚)




聞き間違いかな? 再度聞いてみるとやはり4ドルとのこと。サンドイッチにコーヒーを合わせて4ドル(しかも税金が取られない)ってどういうことだ? 安いとは聞いていたがここまでとは。。。とりあえずお金を支払うとオーダー番号が付いたレシートをもらう。








ホントに4ドルだ。。。 というか、サンドイッチが2.25ドルに対して、コーヒーが1.75ドルというのも驚きだ。何となくサンドイッチが3ドルにコーヒーが1ドルとかの方がしっくり来る気がするけど。。。






5分ほど待ったところで私のオーダー番号、51番が呼ばれる。




ハムのベトナムサンドイッチの登場である。







普通のサンドイッチに見えるが、隙間からパクチーちゃんがこっちを見ている。なるほど、ベトナムサンドイッチにはパクチーが入っているのか。。。別に嫌いなわけではないので避ける必要はないが、あまり好き好んで食べるものではない。




そしてコーヒー。






既にミルクが入った状態で渡され、味はかなり甘い。なるほど、これはベトナムコーヒーだな。





それでは早速サンドイッチを食べてみよう。というか、でかい。これで2.25ドルとはかなりお買い得である。



   





中にはパクチーのほか、なますが入っているが、そこまでイヤにならないほどのちょうどいい加減だ。





そして何かぴりっと辛いものが舌に残ることに気付く。








青唐辛子!!






辛い理由はこれかっ!!






まぁでも甘いベトナムコーヒーを飲みながら、このサンドイッチを食べる。ちょうど調和が取れて良い感じだった。






実はこのサンゲーブルという街、ベトナムサンドイッチの激戦区であるとのことだ。食通倶楽部で紹介されている以外のサンドイッチ屋でもかなり美味しいところがあるらしい。今度は他の店にもチャレンジしてきます。




------------------------------------------------------------------
Saigon's Bakery & Sandwich
718 E Valley Blvd
San Gabriel, CA 91776

5.07.2011

パッキャオ vs モズリー




5月7日、ラスベガスMGMホテルで行われた6階級制覇のフィリピンの英雄マニー・パッキャオと元世界3階級制覇のシェーン・モズリーの一戦。ボクシング界が注目する期待のビッグマッチだ。





現地で見るにしても高騰するチケットに手が出ない私は、例によってスポーツバーにて観戦することにした。マンハッタンビーチにあるお手ごろなスポーツバーがあるとのことでそこに向かったが前座が始まる大分前の17時に着いたにも関わらず激混み。。。 立ち見を強いられるようで、足を痛めている私としては立ち見なんてとんでもない。たまたま見つけた近くのスポーツバー、Summersという店がかなり空いていたので入ることにした。



入場料は1人10ドル。これは大体どこのスポーツバーでも取られるので仕方のないところか。だが、驚くことにこのスポーツバー、何でも安い!! ビールが1杯2ドルからという何ともお買い得感満載の店だ。私も妻もビールがとにかく好きなのでそのビールを頼む。更につまみを2品。





メインの試合は4試合。大体アメリカでは4試合を放送するように出来ているようだ。前座は特別今回のブログで触れることはないが、セミファイナルの王者バスケスJrと挑戦者アルへの試合だけは少し触れておこう。




バスケスJrは26歳、アルへは私と同じ31歳。バスケスJrは無敗のチャンピオンで下馬評では間違いなくチャンピオン有利だった。妻はチャンピオンの入れ墨が気に入らないとのことで、挑戦者のアルへを応援している。私はどちらが勝っても良いと思っているが。。。






妻 「頑張れ、おじちゃん。」






おじちゃん? ( ̄ロ ̄;)






31歳をおじちゃんと呼ぶとは。。。私と同じ歳なのに。。。






圧倒的にチャンピオン有利と言われたこの試合、試合はほとんど同点のまま最終ラウンドへ。ここに来てアルへが一気に攻勢に出る!!




攻める、攻める!!




チャンピオンのバスケスJrのセコンドからタオル投入!! 挑戦者のTKO勝ちとなった。何とも良い試合だったが、セコンドに試合を止められたバスケスJr、悔し涙を浮かべていたのが印象的だった。次の試合は頑張ってもらいたいものだ。






さて、そんなこんなでメインイベント。




先に挑戦者モズリーが入場、そして王者パッキャオが入場!! 会場のボルテージは最高に達している様子。そして私たちの居るスポーツバーも大盛況!! というか、モズリーはアメリカの選手でパッキャオはフィリピンの選手なので、おそらくモズリーのファンが多いのだろうなと思っていた。ところがアメリカ人含め、皆パッキャオの応援ばかり。フィリピンの英雄は世界の英雄なのだなと思い知らされた。





第1R、第2Rはそれぞれ様子見のような展開。パッキャオ優勢のまま試合は第3Rへ。





第3R。パッキャオのワンツーがモズリーの顔を的確に捉える!! ダウン!! モズリー、ダウン!!






その後パッキャオ攻め続けるも結局決め手を欠く。





第4R以降は同じような展開が続く。とにかくパッキャオが攻める上、ディフェンスも巧い。ポイント的にはパッキャオが大分取っているように思えた。





第10R。ここでちょっとした事件が起こる。モズリーが押し倒し、パッキャオが倒れる。スリップを取られるかと思いきや、レフェリーここで何とダウンを宣告。笑うパッキャオ。でも内心はかなり怒っている様子だ。それ以降、第10R攻め続け、ここで10R目終了。




第11R、もうここまで来たらあとはパッキャオが倒れない限り、勝ちは揺ぎ無いところまで来ていた。それでも攻めるパッキャオ。勝ちにこだわるというよりも、試合内容にこだわるといったところだろうか。第12Rmo同じような展開のまま試合は終了。勝負は判定となる。





試合結果は大差の判定勝ちでパッキャオ!! 6階級を制覇したフィリピンの英雄、これからも頑張ってもらいたいところだ。勝利者インタビューで彼がとてもボクシングが終わったあとの顔とは思えないほどキレイだったのが印象的だった。





ちなみに今回行ったこのSummersというバー、結局2人でビール5杯とチキンタコス、シーザーサラダを頼んで20ドルちょうど!! チップとして5ドル渡して合計25ドル。入場料金と合わせて45ドル程度で済んでしまうとは。。。マンハッタンビーチという場所柄、もっと高くつくと思ったのにこれには驚きだった。。。











5.06.2011

映画館には誰と行く!? (前編)




私は映画が好きだ。だが、全てのジャンルの映画が好きなわけではない。基本的にアクションやSFなど大画面で見たら面白いだろうなというものがほとんどだ。あとはFull CGを使ったアニメーション(ピクサーとか)もたまに見に行く程度だ。これから夏に向けて期待の新作映画なども目白押し。今予定しているだけでもかなりの数の映画を観る。Priestに始まり、パイレーツオブカリビアン、Transformerなどなど。あとは前作で心の底から笑わせてもらったハングオーバーもきっと観ることになるだろう。これからが楽しみである。




さて、そんな映画館には私は基本的に1人で行くことが多い。





「え? 映画1人で行くって寂しくない?」





と聞かれることが多々あるが、映画館なんて2人で行こうが3人で行こうが、結局は2~3時間一言も会話はすることはなく、スクリーンを真っ直ぐ見つめているだけなのだ。だから1人が寂しいと思ったことはない。




「奥さんとは行かないの?」




と聞かれることも多々。実は私たち夫婦は映画の趣味が全くといって良いほどかけ離れており、妻はドラマやラブコメが好きな一方、私的にはこれはレンタルで充分だろうと思っているため、映画館で観ようと思ったことは一度もない。一緒に映画館に行って、それぞれ別の映画を観て、待ち合わせて帰宅なんてこともあり得るのが我が家庭である。妻にはアクションやSFの映画を何度か誘ったことがあるが、痛いもの、怖いもの、全てNGなために一緒に観に行けないから1人で行くというのもあながち間違ってはいない。





そんなSF、アクション嫌いの妻を何度か映画館に連れ出したことがある。





大分前になるがリメイク版キング・コング を一緒に観た。あの時は、「キングコングは可哀想だ。無理矢理連れて来られたのに結局は人間の身勝手さで殺されてしまい、あんな後味の悪い映画は初めてだ、今でもトラウマだ。」




と連れて行っただけなのにも関わらず、反省文を書かされてもおかしくないほど責め立てられたものだ。あの映画、私が作ったわけでもないのに。。。






また妻の妹がアメリカに遊びに来た時に、まだ日本でやっていない映画が観たいということもあり、3人でバットマン・ダークナイト を観に行った。あれはあれで面白かったので私はBlu-rayまで買ってしまったが、今のところ我が家であまり観る機会には恵まれていない。妻が寝静まったあととかにこっそりと観るような、まるで思春期の学生が親に隠れてAVを観るような感覚でしか観ることが出来ないのだ。ちなみにこのダークナイト、妻はほとんど観てなく、あのシーン面白かったねとか言っても、「え? そんなところあった?」という回答しか来ないので、全く持って会話が楽しめなかったのも印象的だ。





そんなこともありアクション映画やSFは基本的に1人で行くことに慣れてしまった。今日はそんな1人で行ったときに起きた事件(大した事件でもない上、面白くも何ともないが)を書こうと思ったが、長くなってしまったので前・後編に分けることにした。そのうち後編、書きます。




良い週末を!! (≧∇≦)



5.05.2011

シンコ・デ・マヨ




5月5日、日本で言う「子供の日」。スペイン語では5月5日のことを「シンコ・デ・マヨ」という。移民の多いここ南カリフォルニアではたくさんのヒスパニック系の方がおられ、このシンコ・デ・マヨは盛大に祝われることが多いのだ。




実は私、シンコ・デ・マヨという日がどんな日なのか知らなかった。いや、5月5日ということは分かっていたが、そもそも何を祝ってのお祭りなのかと。





このブログを初めてから私の無二の親友と言っても過言ではないほどの位置づけにまで昇進(?)したWikipedia君に聞いてみた。




私「Wikipedia君、今日はシンコ・デ・マヨについて教えてもらえるかな?」





彼はとってもいい人で、そんなことも知らないのかよ!?とも何も聞かずにただ淡々と教えてくれます。





彼によると。。。





シンコ・デ・マヨはメキシコの祝日である。プエブラ州の祝日であり、メキシコの他の地域では限定的な認識である。この祝日は、1862年5月5日にプエブラの会戦でメキシコ軍がイグナシオ・サラゴザ (Ignacio Zaragoza) 将軍の指揮のもと、フランス軍を奇跡的に撃退したことを記念する。しかしメキシコではこの会戦は2つの理由で重要であっt。。。





(-_-).。oOO グゥグゥ・。・。・。(゜゜; ハッ!







彼の悪いところは何でも詳しすぎることです。。。 ( ̄ロ ̄;)










まぁとにかく分かったのは、メキシコ軍がフランス軍に勝ったことを祝う日だってこと、そしてメキシコの独立記念日ではないらしい。余談だが、メキシコの独立記念日は9月16日とのことだ(詳しく知りたい人はこちらを見てね)。





そんなシンコ・デ・マヨはここアメリカでも多くの人がお祝いしていて、近所のメキシコ料理屋さんでは人が溢れ帰るほどのようだ。メキシコ料理が好きな私は、このお祝いに便乗して食べに行きたいところではあるが、やっぱりカロリーの高さとスペイン語で話しかけられてもアミーゴ・アミーゴ!! コロナ・ミ・アミーゴ!! ぐらいしか喋れないのでやっぱり別の機会にレストランに行けば良いと思っている。





日本では当然シンコ・デ・マヨを祝う習慣はないですよね?




5.04.2011

どちらにしても無理だったし。。。




昨日のブログで私のメールアドレスを公開したところ、ジャンクメールが増えただけで終わりました。。。やっぱり"mailto"の機能を使うとジャンクメールが増えるって言うのはホントだったのね。これからこういった対策も考えていかなくては。。。







さて、6月5日に行われる空手大会、せっかくなので参加しようと思っていたのですが、どちらにしても無理であったことが判明しました。





いや、逃げたわけではありませんよ?







( ̄ロ ̄;)









うん、というかですね、6月5日にサンフランシスコで行われる大会ですが、私、前日の4日にハリウッドボウルでスターウォーズのコンサートがあったのを思い出しました!!  (≧∇≦)








あんなに楽しみにしていたスターウォーズのコンサートを忘れていたとは何たる不覚!! 夜な夜なスターウォーズを見ては研究し、どの音楽が流れても対応できるように何て思っていたのに、頭の片隅にも入っていなかったなんて。。。






ということで、空手の大会はキャンセルです。残念ながら私の照準は1ヶ月ずれて7月2日のテコンドー全米大会へと向けることにしました。




「我が道場に金メダルの山をっ!!」





が最近の道場の合言葉です。私、出ても金メダル取れないと思うけど。。。








5.03.2011

抽選永住権結果発表~~!!



アメリカに合法的に滞在できるステータス(権利?)として、グリーンカード(永住権)というものがある。この取得方法は3つの方法がある。1つ目は家族を通しての申請(もちろん家族の誰かが永住権、または市民権を持っている必要はある)、或いは雇用を通しての申請(優先枠が幾つかあり、取得までの期間はばらばら)、最後は抽選永住権である。




1年に1回、1人1通に限り決められた期間内に応募できるのがこの抽選だ。抽選で無作為に選ばれ、「おぅ、君はラッキーにも選ばれたからアメリカに住んでも良いよ。」っていうような軽いノリだ。もちろん多少の判定基準はあるが、そんなに難しいものではない。過去に凶悪な犯罪を犯していないかとか、感染病のリスクがないかとか。英語が喋れる、喋れないは審査の判定にはならない。




この抽選永住権だが、昔は1人何通でも送れたらしい。つまりは、1人で頑張って100通、1000通送ればそれだけ当たる確率があったわけだが、現在は1人1通のみに限られている。更に言うなれば、以前は写真は適当にスナップ写真を撮って、郵送で送る必要があったわけだが、最近はオンライン化が進み、デジカメで撮影、ぱぱっと10分ぐらいで応募できちゃう手軽さである。ちょうどこの応募が出来るのが年によってマチマチだが、去年は10月から11月とかの間だったような記憶がある。DV-2012と呼ばれるものだ(ちなみに今年はDV-2013となるのは言うまでもない)。





その当選発表はこれまた最近になってオンラインで調べられるようになった。オンラインで応募した際に自分のケースナンバーが与えられる。このナンバーを指定された期日内にサイトで確認すると自分のステータスが分かるようになっているのだ。このDV-2012の当選発表が2011年の5月から開始となったのである。





さて、一応私もこの抽選には応募している。大学時代から送っているので、かれこれ10年以上、ただし、送ったり送らなかったりを繰り返しているのでおそらく5~6回ぐらいは送っているだろう。だが一度も当たったことはない。逆に私の父親はこの抽選に一発で当たり、現在アメリカに住んでいるのは過去の私のブログを読んでくださればお分かりいただけると思う。





5月にもなったことだし、調べてみよう!! ひょっとしたら当たっているかも!! 当たっていたらどうしよう? 何しよう? 何か劇的に変わるかな? というか、これに当たるんだったら宝くじも当たりそうだから買っちゃおうかな? そうしたらいくら当たるだろう? いやぁ、楽しみだなぁ何て思っていざ自分の番号を入力!!!






Based on the information provided, the Entry HAS NOT BEEN SELECTED for further processing for the 2012 Electronic Diversity Visa program.






_| ̄|○





やっぱりね。。。




いや、でも私たち夫婦は2通応募していますからね。私がダメでも妻の分が当たっている可能性はありますよ? 妻はもし当たっていたら、永住権を取って、その後5年経ったら市民権(アメリカ国民になること)を取って、家族呼び寄せをしたいとの夢もある。どうか我らに愛の手を!!!







Based on the information provided, the Entry HAS NOT BEEN SELECTED for further processing for the 2012 Electronic Diversity Visa program.





_| ̄|○





やっぱりそう簡単には当たらないね。




確率は100人に1人ぐらいって話なので、そこまで悪くはないと思うのだけど。。。なかなか当たらないものだなぁ。。。





このブログを読んでいらっしゃる方も、もし興味があったら送ってみると良いと思いますよ。DV-2013は多分また10月ごろに開始すると思います。やり方が分からないとか、やってみたいとか言う方がいらっしゃったらこちらまでEmail Me~~!!


5.02.2011

ビンラディン殺害のニュースが駆け巡る。。。




アメリカ同時多発テロから10年、首謀者であるビンラディン容疑者殺害のニュースが駆け巡ったのは昨日の夜のことだ。




このニュースは世界に大々的に広がり、日本に居る友人やTwitter仲間から連絡を受けることになった。「アメリカはこのニュースに対してどんな感じなの?」と。ニュースで見る限り、大々的に取り上げられてはいるが、今日1日過ごした中でも特別そんなことを話している人はいないのが現状だ。同時多発テロの犠牲となったニューヨークではそれはそれは歓喜の声を挙げ、数千人集まったとのことだが、ここはカリフォルニア。TVやラジオでは大きく取り上げられるも、そこまで止まりのようだ。




さて、そんなTVやラジオでは引き続きニュースが流れている。報復が起きるのかどうか?との論議も出ている。可能性としては充分考えられるようだが、テロの危険レベルを引き上げることはしないという。




やったらやり返し、やり返したらまたやり返すという何時まで経っても終わらない現状。これからまた何かしらの事件が起きることになるのだろう。




キングギドラっていうヒップホップグループが911に関して歌を出していた。




歌詞には


報復による報復による報復
何時になっても得られない幸福
誰がどこで何をよりなぜ起きたかのほうが大切だぜ



と書かれている。



正にその通りだ。このまま落ち着くとは到底思えないが、何も起きないことを願いたい。



5.01.2011

UFC129




4月30日、UFC129が行われる日。例によってレドンドビーチにあるスポーツバーにテコンドー仲間で集結することになった。前日ぐらいから始まるメール。何時もの場所に行くか? 何時に行くか? 誰が席を取るか? など。良い歳したおっさん同士でメールを送るなんて気持ちの良いものではない。そんなこんなで話はまとまり、「何時もの場所に18時~19時に集合、先に着いた人が席をなるべく確保。」との伝令が。こんな内容なら毎回UFCのたびにそう決めておけば良いのになぁ。。。





さて、私は18時過ぎに現地到着。既に白人のSteveが観戦していた。店内はほとんど満席の状態。2席だけ確保できたとのことで、椅子に座りながらまったりと過ごす。うちらの合言葉的な、何時もの場所に。。。ってことだったので、名前すら知らなかったが、今回初めて「Mickie Finnz」という名だということを知る。




この場所をUFC観戦に使うのには理由があり、何と言ってもカバーチャージが取られないことが一番の理由である。他のバーに行くとUFCやボクシングの試合の際には入場で10ドル、20ドル取られることが多いが、ここは常に無料で開放している。





しばらく待つとウェイトレスがやってきてビールを頼む。今回はBlue Moonというビールをオーダー。1杯6.25ドルとちょっと高めだ。ちょうど同じ頃、韓国人の友達のRichardもやってきた。今日集まったのはこれだけ。





試合は滞りなく進む。




リョート・マチダと活ける鉄人ことランディ・クートゥアの試合。リョートの繰り出したジャンピング・フロントキックが一閃し、そのままダウン。パウンドを落とし試合終了となる。



テコンドー仲間が3人集まればこういったときは技の話で盛り上がる。ジャンピング・フロントキックはテコンドーでも良く使う技の1つだ。ただし、リョートの出した技は私たちが従来使っているものよりもスピードが格段に速かった。あの速さを出すために来週は道場で練習だね、という話で盛り上がる。



それにしてもクートゥアは47歳にもなってまだ格闘技を続けているとは。。。まさに鉄人というあだ名がふさわしい人物だ。いつかヒョードルと試合をと言っていたが、実現しないままこれは終わってしまうのだろう。





さて、次の試合はフェザー級の試合、ホセ・アルドとマーク・ホミニクの一戦だ。お互いフェザー級で力をつけてきた同士、とにかくどちらも動きが速い上に強いパンチが打てる。どこからでもKOできるし、この試合が始まれば目が離せない状況となるだろうと思っていた。




試合展開は予想通りとなり、一進一退の攻防が続く。やはり経験上、多少ホセ・アルドに分があるといったところだろうか。4ラウンド目あたり、マーク・ホミニクに異変が。。。おでこのあたりに大きなコブみたいなものが出来た。それが見る見るうちに大きくなり、見るに耐えないようなぐらい腫れてきた。試合は一時中断するも、試合が出来ないほどではないと判断され、試合は続行となる。とにかく勝とうという意志の表れだろうか。すごいファイティングスピリッツである。


5ラウンド目。劣勢だったマーク・ホミニクにチャンスが訪れる。ホセ・アルドを押し倒し、グラウンド上の攻防となった。しかもマーク・ホミニク初めての上の体勢である。ここからパウンドでKOできるパンチを持っているが、ホセ・アルドもそうはさせてくれない。良いパンチが何発か入るものの、時間は無情に過ぎ、結局判定となってしまった。



5ラウンド目こそマーク・ホミニクが取っているだろうが、他4ラウンドはホセ・アルドだろう。ということで、49-46あたりが妥当な判定かな?と思ったら、ジャッジは結構そんな感じだった。結局3-0でホセ・アルドの勝利。良い試合を見させてもらった。





さて、良い試合を見てボルテージが最高に達している時についにメインイベントが開始される。GSPことジョルジュ・サンピエールの持つウェルター級ベルトに、元ストライクフォースのチャンピオン、ジェイク・シールズが挑戦する。




試合はセミファイナルとは打って変わり、非常につまらない試合運びとなる。GSPが冷静に試合を運びすぎるせいもあるだろう。良いパンチが当たっても、相手が倒れても、無理に倒しに行こうとしない。とにかく冷静に落ち着いて自分のペースで試合をしているのが分かる。つまり、負けない試合を目指しているのだ。どうやって勝つか、その方法ではなく、どうやって負けないかを探っているようだ。おかげで5ラウンド同じ展開が続き、結局は判定勝ちとなるが、セミファイナルがあれだけ盛り上がったあとだっただけに残念な結果となった。






今回はビール1杯とともにサンドイッチを1つオーダーした。ダイエット中なのに大丈夫なのかは心配しなくてはいけないところだが、このオーダーでチップを含めて20ドルで足りてしまった。6時から始まった試合3時間分を20ドルで過ごせたのならこれは大分良いお金の使い方であろう。





次回は5月末にまたUFCがあるが、その前に来週ボクシングの試合を見に行くことになるだろう。