2.29.2012

Umemura (ウメムラ)でチャーハンを食してきた♪



ロサンゼルス界隈に現在ラーメン屋さんが乱立していますが、その中で老舗に入るであろうラーメン屋、Umemura(ウメムラ)。 長いこと行っていなかったのですが、ダイエットを始める前に食べておこうと思って行って来ました♪




この店で人気のあるメニューはうま煮ラーメン、うま煮焼きそば、うま煮飯、そして担々麺(味噌味)が美味しく、知っている人は大抵この中から選びます。 今回私はあえてチャーハンを選択しました。 この店では何度かチャーハンを食していますが、悪くはないです。 美味しいかと言われると、普通という感じですが、何故かあとを惹きます。 何か久しぶりにUmemuraのチャーハンが食べたいなぁ~って思うこともあり。。。 ということで今回はチャーハンをオーダー。


ちなみにUmemuraのチャーハンはコーンが入っていて甘い味付けになってしまうため、私は基本的にコーンを抜きでオーダーします。 



待っている間に撮った店内の写真。


カウンター席がないのがラーメン屋としては珍しいかな。


しばらく待つと運ばれてきたチャーハン(とスープ)。



チャーハンは以前食べたときと同じ味付けでした。 そしてスープも同じ味ですが、スープは美味しくないです(笑)。


軽くペロッと完食、チャーハンは7ドルなので、税金とチップを入れて大体9ドルぐらいでしょうか。 ちなみにクレジットカード大国と言われるここアメリカですが、Umemuraはキャッシュしか取り扱っていませんので現金を持って行きましょう。



------------------------------------------------------------------
Umemura

1724 W. Redondo Beach Blvd.
Gardena, CA 90247

Mon, Wed-Sun: 11:30 am - 3:00 pm
Mon, Wed-Sun: 5:00 pm - 9:00 pm

Yelp Review

2.28.2012

ゴルフの魅力



ゴルフって言われる球技があるじゃないですか。 ゴルフの魅力ってなんでしょうか?


私が今住んでいるこのロサンゼルス界隈は1年を通して気候もある程度安定していて、雨が降る日も少なく、また手ごろな値段でゴルフが出来るということからお誘いを受ける機会も少なくありません。 おそらく一番最初にクラブを握ってから軽く5年は経過していると思うのですが、一向に巧くなる気配がないのが現状です。


そもそも静止しているボールを打つだけの単純作業であるにも関わらず、何故にあそこまで難しいのか。 運動神経はそこまで悪いほうではないだろうと豪語する私。 小さいときには水泳を習い、中学・高校ではボクシング、部活ではバレーボール部にも所属し、今はテコンドーを習う傍ら、スノーボードもそこそこの腕前で滑れると思うのですが、何故かゴルフだけは巧くなる気配がない。 厳密に言うと、球技が全般的に苦手なようだ。 ただし、球技といっても身体にボールが密着するバレーボールや、サッカー、バスケットボールはまぁ人並みには出来るだろう。 ところが道具を使ってボールを打つ、いわゆる野球やテニス、ゴルフは素人同然だ。


ある人がこんなことを言った。


ゴルフは紳士のスポーツだ。



その意見には真っ向反対だ。 ゴルフがスポーツ? チャンチャラおかしい話である。 スポーツというのは身体を動かしてこそだ。 何故に150打叩いて運動をした人よりも省エネの80打で終わった人のほうが勝ちなのか? 省エネこそが勝つスポーツなんて聞いたことがない。 ゴルフはスポーツではなくて娯楽というのが私の位置づけである。



別の人はこんなことも言っていた。


自然の中を歩くって気持ち良いじゃない。


ゴルフ場が自然? 森林を伐採して平らにし、砂場(バンカーね)を作ったり芝生(グリーン)を作ったりするという行為は、自然破壊の何ものでもないだろう。 これが自然に出来たものとは言わせないぞ。 農薬もバリバリ撒いているだろう。 ゴルフに行った次の日はクシャミが出たりして困る。 自然を歩くのであればトレイルコースを歩いたほうがよっぽども健康的だと私は思う。



少なく打ったほうが勝ちというルールに納得出来ないのと共に、他にも納得できないことが多々ある。 例えば4人で回ること。 大体ゴルフをラウンドすると6時間はかかる。 4人で回るから6時間かかるのだ。 でも実際自分が動いている時間はその1/4。 1人で回れば単純計算で1.5時間で終われるのに、何でわざわざ4人なのか。 まぁそれがルールだって言われてしまえばそれで終わりだけど、非常に不可解な娯楽球技だと私は思っている。


同世代の人たちがゴルフは楽しくて仕方がないと言う。 思った通りのスイングが出来た瞬間、思いっきり良い当たりが出てボールがすっごく飛んだ瞬間、太陽の下で汗をかきながら仲良くプレイした後に飲むビール、最高だとのこと。 その気持ちは分からないでもないけれど、でもそれ以上に楽しいことなんていっぱいあると思うんだけどな。



そんなことを言っているから巧くならないのだろう。 そう、私はゴルフに魅力を見出せないのだ。 ゴルフの魅力って何なのでしょうか? 誰か教えてください。 


ゴルフを心から愛している方はこの投稿を見て不快な気持ちを抱いたかもしれません。 その方々には深くお詫び申し上げます。



2.27.2012

マツコ&有吉の怒り新党



マツコ&有吉の怒り新党というTV番組を見ました。 厳密に言うと、何時も通っているビデオレンタル屋さんで【情熱大陸】を見ようと借りてきたところ、中に入っていたのがこの番組でしてね。 (^^;) 借りてきたこっちが怒り心頭だわっ!!と思ったのですが、まぁせっかくなので見てみるかってことになりましてね。 多分こんな出会いじゃなければ絶対に見る事のない番組だったでしょうし。


番組としては国民から来る怒り内容に、有吉とマツコが持論を展開するって内容の番組のようでして。 まぁいたって普通のどこにでもあるような番組という印象でした。 淡々と見ていたわけですが、途中で非常に気になる特集が始まったのです。 【新3大○○調査会】という特集で、悲劇の球団・近鉄バッファローズの悲しい3大試合というのが流れてきました。


2004年に消滅した近鉄バッファローズ。 球団設立は1949年で50年以上存続したチームの中で唯一日本一を達成することなく消滅してしまったり、1969年には140試合中103敗という史上最大の負け試合数を記録したりとか。。。 まさに悲劇の球団と呼ぶにはふさわしいのが近鉄バッファローズ。 でもその悲劇の球団には更なる悲劇な3試合があったとのこと。 これは非常に興味深い。


・第1試合
1979年11月4日
日本シリーズ第7戦 
近鉄バッファローズ 対 広島東洋カープ

3勝3敗で迎えた第7戦目。 勝ったほうが日本一となる試合。 広島東洋カープが1点リードで迎える9回裏。 近鉄バッファローズはリリーフエースの江夏から無死満塁の絶好のチャンスを得るものの、後続が見事に倒れて悲願の日本一は達成できず。 後にこの試合は江夏の21球として語り継がれているらしい。。。


・第2試合
1988年10月19日
ダブルヘッダー
ロッテオリオンズ 対 近鉄バッファローズ

当時9回終了時点で同点の場合は、最大12回までの延長戦を行うことになっていたが、試合開始から4時間を経過した場合はその時点で打ち切りという規定があったことを最初に告げておきます。 第1試合は近鉄バッファローズが快勝し、第2試合でもロッテ相手に勝利をもぎ取ればリーグ優勝が決まる近鉄バッファローズ。 

運命の第2試合。 9回まで同点の展開。 9回裏にロッテの当時の監督有藤氏が走塁妨害を主張して9分間の抗議があった。 既にこの時点で試合開始から3時間30分が経過。 残りリミットは30分足らず。 抗議は覆ることなく、延長戦へ。 

10回表の攻撃。 規定の4時間まであと僅か。 近鉄はチャンスを得るものの、無得点に終わり攻守交替。 試合開始から3時間57分がこの時点で経過したと言われています。 つまり残り3分でロッテの攻撃が終わることもなく、この時点でタイムオーバー。 近鉄の優勝は消え、当時1位だった西武ライオンズが優勝したとのこと。

優勝の可能性は消えたとしても試合はそのまま継続されるため、近鉄ナインは守備につくことに。 このとき近鉄ナインは何を思って守備に付いたのか。。。  10.19決戦 (10.19の悲劇)と称される試合。


・第3試合
1989年10月24日
日本シリーズ第3戦
読売ジャイアンツ 対 近鉄バッファローズ

この試合はリアルに覚えていますね~。 私が小学校3年とか4年のときだったと記憶していますが。。。

近鉄バッファローズが3連勝で王手となったこの試合。 先発した加藤哲郎が勝利者インタビューで「大したことはなかった。 シーズンのほうがよっぽどもしんどかった。」と発言。 これが記者たちのねつ造により、リーグ最下位だったロッテよりも弱いという話にすり替えられました。 当然加藤投手はそのようなことは言っていないのですが、まぁそう思われても仕方ないほどのインタビューの内容でしてね (^^;)

この発言により、眠れる獅子を呼び覚ましてしまったかのように、近鉄はこのあと巨人に4連敗を喫しまたしても日本一にはなれず。。。 


近鉄バッファローズはなんて可哀想な球団なんでしょうか!? 悲しいわぁー、これは悲しい。 でも悲しい試合として取り上げられているのに大爆笑してしまいました。。。


ビデオ屋さんの間違いがなければ出会うことはなかったであろうこの番組。 なかなか面白かったので興味がある方は下記から是非。 2月8日放送の番組だったようです。





2.26.2012

UFC 144  エドガー対ヘンダーソン



UFC144の開催はなんと日本!! UFCのサイトでは、会場はTokyo Japan・Saitama Super Arenaってそれは東京なのか埼玉なのかツッコミどころ満載でしたが、まぁ馴染みのない人たち用にTokyoって書くことにしたのでしょう。 アメリカでの放送は何時もと同じように土曜日の夜7時。 ということは必然的に日本での開催時間は日曜日の正午ということに。 日本の時間に合わせずにアメリカのゴールデンタイムでの放送を目指すあたり、さすがUFCと言わざるを得ません。

さて、当然日本で現地観戦なんて出来ない私は、テコンドーの仲間たちと何時ものスポーツバーへと向かいました。 五味選手や山本選手の試合も見たかったのですが、日本ではメイン級の扱いとなるこの人たちでさえも、UFCでは前座扱いでテレビ放送はなし (厳密に言うと、Foxと契約したことによりFoxではこの前座の試合が見れたらしいが。。。)。 今回のメインイベントは7試合とかなりの数。 全部書いていくのも大変ですが頑張ります。


第1試合はライト級ワンマッチ。

アンソニー・ぺティス 対 ジョー・ローゾン



アンソニー・ぺティスのバックボーンはどうやらテコンドーという噂。 当然テコンドーを習っている仲間たちが揃えば応援するのはテコンドーの選手になるわけで。

1ラウンド試合開始直後、アンソニー・ぺティスの左ハイキックが見事にジョー・ローゾンの顔面を捉えました!! 右手のガードが下がったところに見事なまでの左ハイ。 完全にこれ一発でダウンし、そのまま詰め寄ったところで試合終了。

アンソニー・ぺティスの鮮やかな勝利となりました。



第2試合には日本人が登場となったフェザー級ワンマッチ。

日沖発 対 バート・パラゼウスキー



体重が軽い分動きも軽やかで色々な攻防が楽しめそうなこの試合。

第2ラウンドに日沖のアームバーが極まったかのように思えましたが、バートもどうやって抜け出したのかこれをかわしました。

ですが終始試合を優勢に進めた日沖が3-0で判定勝利。 これでUFCフェザー級2位の座となり、王座挑戦目指して頑張って欲しいと思います。


第3試合はミドル級ワンマッチでまたしても日本人が登場。

岡見勇信 対 ティム・ボウシュ



UFC 134のときにアンデウソン・シウバに何もやらせてもらえずに負けてしまってからの復帰戦。 地元日本ということもあり勝って欲しいところ。

1ラウンド目はあまり大きな動きはなかったと記憶。 第2ラウンドも一進一退でしたが、確か終了間際に岡見がマウントポジションを奪ったはず。 でも決め手に欠いてそのまま第3ラウンドへ。 一進一退ではあったものの、第1、第2ラウンドと岡見が判定上は取っていたように思えた。

第3ラウンドはそれを感じていたのか、ティム・ボウシュが前へ出てくる。 ラッシュで距離を詰め、ボウシュのアッパーを何発か喰らい、膝から崩れ落ちた岡見。 そしてレフェリーストップ。 勝利をあげることは出来ずに敗戦となりました。


第4試合は久しぶりに日本で試合をする秋山が登場するウェルター級ワンマッチ。

秋山成勲 対 ジェイク・シールズ



試合はものっすごくつまらない方向で進みましてね。

第1ラウンド、第2ラウンドとスタンディングでの攻防に劣勢な秋山。 でもところどころで見せる柔道技で相手をテイクダウンするものの、そのあとが続かない。 あのあと寝技で時間とか潰せばもっと相手の体力も消耗できるし、印象も良いはずなのに。

そして最終の第3ラウンド。 どうみても劣勢だった秋山はここで前に出て良いところを見せたいところだが、作戦は一緒。。。 スタンディングで距離を取って、時折見せる柔道技。 更には金網を掴む反則まで (^^;) まぁ投げられたくないという思いでとっさに掴んでしまったのかもしれないけれど、昔から反則ばかりしていたのでね。 ブーイングも起きたそうで。

結局見せ場なくそのまま終わり、3-0でジェイク・シールズの勝利でした。


第5試合はK-1で馴染みのあるヘビー級のマーク・ハントが登場。

マーク・ハント 対 シーク・コンゴ



どちらも野獣ばりな身体つき。 そしてグラウンドじゃなくてスタンディングを得意とする2人。 どっちが勝ってもKOで決着付くこと間違いなし。

第1ラウンド早々、マーク・ハントのローキックがシーク・コンゴの肉体ではじき返されました。 何か変な展開。。。 その後ブンブン振り回すサモアンパンチでプレッシャーを与えるマーク・ハント。 そして左フック一閃!! そして立ち上がったコンゴに今度は右フック、右アッパー。 倒れこむコンゴにとどめを刺しに行ったところでレフェリーが割って入りました。

うーん。。。ちょっと試合を止めるのが早かったかな?って印象はありましたが、あれだけ豪快にダウンさせられたらそれも致し方ないのかも。 マーク・ハントの見事なKO勝利でした。


第6試合はPrideで日本を沸かせてくれたランペイジが登場のライトヘビー級ワンマッチ。

クイントン・ランペイジ・ジャクソン 対 ライアン・ベイダー



ライアン・ベイダーは【ベイダー】という名前の通り、ダースベイダーのインペリアルマーチにて登場。 一方ランペイジはPrideのリングで活躍してきただけあり、何と入場曲はPrideのテーマ!! 懐かしいな~。 PrideがUFCに買収されてからというもの、この音楽の著作権も全てUFCに買われたことにより、ほとんど耳にすることは出来なくなっていました。 

日本人にとって、選手がこの音楽で入場してくるということはこの上ないほどの喜びでしょう。 あ、失礼 (^^;) 話が別の方向に逸れてました。

ランペイジは何時も面白い試合を見せてくれますが、テイクダウンされると弱いんですよね。 そう、寝技に弱い。 そのあたり改善されていると良いのですが。。。

第1ラウンドはスタンディングの攻防も多かったものの、第2ラウンド、第3ラウンドとテイクダウンを奪われまして。 そして案の定何もさせてもらえず。。。 うん、グラウンドの練習をしてこようよ。

試合結果はやっぱり3-0でライアン・ベイダーが。 出来ればランペイジに買ってもらって、Prideのこととかインタビューで話してもらいたかったなぁ。


そしてファイナルはライト級のタイトルマッチ。

フランク・エドガー 対 ベンソン・ヘンダーソン



ヘンダーソンはテコンドー黒帯、柔術茶帯ということで、私たちはヘンダーソンを応援することに。

第1ラウンドにヘンダーソンがテコンドーキックを魅せました。 右ローをエドガーにキャッチされた状態のまま、左で延髄斬りのようなキック。 残念ながら避けられましたが当たっていたら面白かっただけに残念。 

第2ラウンドは終了間際にエドガーがテイクダウンを奪うも、ヘンダーソンが下から蹴り上げたキックが見事にエドガーの顔面を捉えて崩れ落ちる。 あと10秒あれば試合は終わっていたかもしれませんが、そのまま終了。

第3ラウンド、打撃ではエドガーがやはり有利といった印象。 ただエドガーは大分顔面から出血が目立ち、左眼は腫れ上がっている。 コツコツと当てれば視界が狭まるので、ヘンダーソンが有利になることに間違いはないが、これといって見せ場もなく終了。

第4ラウンドにはエドガーがテイクダウンを奪いにきたところでヘンダーソンがフロントチョークを仕掛ける。 エドガーが何とか外すことに成功するも、それ以外は同じような攻防が続く。

最終の第5ラウンドではヘンダーソンの前脚でのサイドキックや飛びヒザなどを見せて要所要所を締めている感じ。 どちらもそのまま決め手がなく判定へ。

判定の際、両者の顔に大きな違いが。。。 エドガーは大きく顔が腫れ上がり、いかにも試合直後という顔つきなものの、ヘンダーソンは無傷。 これから試合ですと言わんばかり。 判定の結果はベンソン・ヘンダーソンの勝利!! ライト級の王座がエドガーからヘンダーソンに移った瞬間でした。


メインイベントが7試合組まれた今回の日本開催のUFC。 観客もたくさん来ていたようで、大分盛り上がったのではないでしょうか。 UFCは基本的にチケットが高いという印象がありますが、それでも満員の状態であったことを考えるとまだまだ格闘技熱は冷めていないのかもしれません。 いや、Prideが消滅してから確実に下火になっていることは間違いないですけど。 


また大きな盛り上がりを見せてくれる格闘技のイベントが日本で開催される日を願いつつ、今はUFCを見守り続けるしかありませんね。






2.25.2012

ゼノブレイド プレイ日誌 ④



二次元萌えしそうな可愛い、可愛いフィオルンちゃんが仲間に戻ってきてから(プレイ日誌③参照)、さらに20時間ほどゲーム上のプレイ時間が80時間を過ぎたWiiから発売のゲーム、Xenoblade ゼノブレイド。 私のプレイ日誌はプレイ中に気になったところや萌えたところが中心なので、攻略方法などを期待していらっしゃる方はこちらをご覧いただくと良いと思います。 私も良く利用させていただいています。


巨神と機神の戦いから骸となった2体。 その2体の神の上で新しい生命が生まれて生活をするようになった人々。 巨神のフィールドから始まったこの物語もいよいよ機神の最上部まで行くことになり、ようやくエンディングが見えてきたところです。 そしていよいよ出てきたのがエギルというボス。 ところがクエストをたくさんやってきたせいかレベルがかなり上がっていた我がパーティはあっさりとエギルを撃破。 感動のエンディングか~!?


ところが。。。


サブキャラで補給部隊として常にバックアップしてくれていたディクソンが。。。




シュルクを後ろから銃でぶっ放すという奇行を演じる。


ディクソン 「俺は自分の役目を果たしただけ。。。」


何となくそんな兆候はあったのですが、やっぱり敵だったわけですな。



紫巨人のザンザの姿と被る。 ってことはこのディクソンはザンザなのか? と思ったところで撃たれたシュルクに異変が。。。



おおっ。 何か出てきそうな雰囲気です。



出てきたのは黄金の神様。 この人こそがザンザであったと、まぁここに来てようやくラスボスが誰かが分かりました。


シュルク不在の間に連戦か?と思いきや、そのあたりはしっかりと出来ていました。 仲間たちのサポートと先ほど戦ったエギルの助けもあり、脱出することに成功!! ところが。。。


追ってきました。。。 まぁ当然といえば当然ですが。 



仲間だと思っていた昔の戦友ディクソンの突然の裏切りに戸惑いを隠せないシュルクの仲間たち。


ここで救援部隊が到着です!!


メリアちゃんのお兄様、カリアン様です。 うーん、格好良い♪


そしてディクソン率いるテレシア部隊に突撃~!! となるかと思いきや、またしてもここで裏切りが。 カリアンと一緒にやってきたロウランも敵に通じておりまして。。。 


頭から羽の生えているメリア含めカリアン兄さん、ロウランなどはハイエンターと呼ばれる種族でして。 そのハイエンターと呼ばれる種族は、高濃度のエーテルを体に浴びると理性を失い、テレシア化してしまうようです。 つまりはカリアンやメリアも。。。




メリアちゃんの「兄上ー!!」の声がとっても良い♪ でもメリアちゃんには異変はありません。 そう、メリアちゃんは頭から羽の生えたハイエンターと人間に近い種族のホムスと言われる種族の混血。 ホムスとハイエンターの混血はテレシア化しないようです。


ハイエンター化が始まった兄カリアン。




妹に対する思いを切々と語ります。 良い兄上じゃ。。。 


そして。。。





自爆の道を取った兄カリアン。


私も兄上ーーー!! と叫びたくなる瞬間でした。 それにしてもメリアちゃんは可哀想。 父を殺され、兄は自爆。。。 どんだけ酷なポジションにすれば良いのでしょうか?


これでラスボスの相手も分かったし、いよいよゲームは最終局面へ!!


2.24.2012

良い意味で期待を裏切られたアメリカンレストラン、Paul Martin's



ちょっと前の話になりますが、バレンタインでーの当日せっかくなので2人で食事に行こうということになりまして。 ステーキなどのアメリカ料理が食べれるPaul Martin's (ポールマーチンズ)という店が自宅から車で10分程度の距離にありましてね。 何でその店を選んだかというと、実は3月末までの期限の25ドルオフクーポンがあったから (^^;) 
注意: アルコールを含まずに50ドル以上食べると有効になるとのこと。


バレンタインの当日にそんなクーポンを使うという行為に、日本的センスで考えるとちょっと恥ずかしいとか、みっともないとか思うかもしれません。 でもアメリカは違います。 利用できるものはとことん利用する。 20セントオフのクーポンだって何だって、使うことに意義があるのです。 


さて事前に予約を入れておけば良かったのですが、当日までテコンドーに行くか妻と食事に行くか悩んでいたこともあり、予約が取れたのは閉店30分前の21時半。 お腹が空きすぎてどうしようもない私たちはちょっと早めの21時に現地へ。


ちょっと早く来たにも関わらず、予約席用のちょっと囲まれたブース席へと案内してくれました。 それ以外の普通のテーブル席はガラガラ。 どうやら予約客はブースを使わせるようになっているようです。


ブース席から撮った写真。 レストラン内がかなり暗く、ピンボケしまくりです。。。 (^^;)



ワインの品数も豊富で、せっかくのバレンタインだから1杯ぐらいは飲んでもいいかなってことで数あるワインリストの中から2009年のカリフォルニアワイン、ラッキースター (1杯10ドル)を注文します。



結構量あるな。。。 2人で1オーダーでも良かったかも。。。 


今回はアペタイザーを2品、サラダを1品、メインから1品の計4品を2人でシェアするようにしました。 アペタイザーからはスモークチキン&ウィング (8ドル)、ハウススモークサーモン (11ドル)、ベーコンとほうれん草のサラダ (9ドル)、そしてハラミのステーキ (25ドル)をオーダー。 料理だけのオーダーはこれで計53ドルで、見事25ドルオフの適用が可能となります。 ウェイターのサービスも素晴らしくて、「サラダとステーキは2つのお皿に取り分けてサーブしましょうか?」と聞いてきてくれたので、そのようにお願いしました。


しばらくして運ばれてきたアペタイザーの2品と、無料でついてくるパン。


スモークサーモンをパンやクラッカーに乗せて食べます。 ワインのおつまみに最高♪



ちょっとピンボケしていますが。。。 このスモークチキンも絶品。 燻製の匂いが食欲をそそり、皮もパリッとしていて美味しいです。 サイドについてきたコールスローも美味しかったです。



パン。 バターが美味しかった。


前菜が食べ終わったと同時に運ばれてきたサラダ。 


温野菜状態のほうれん草なのにシャキシャキしていて美味しい。 ってかこの量でハーフポーションというのが信じられません。 


「サラダが食べ終わる頃にステーキを運んでくるから。」というウェイターの言葉通り、食べ終わって一息ついた絶妙のタイミングで出てきたハラミのステーキ。



当然これもハーフポーション。。。 リクエスト通りミディアムレアで持ってきてくれ、お肉も柔らかくて本当に美味しいです。 写真からは分かりにくいのですが、奥に見えるのはスウィートポテト。 これも甘くて美味しかったです。


アメリカ料理ということでちょっと馬鹿にしていましたが、ここまでのものをサーブしてくれるとは。。。 良い意味で期待を裏切られました。 提携している農場から新鮮なオーガニック野菜を仕入れ、新鮮な状態で提供してくれるアメリカレストラン、Paul Martin's (ポールマーチンズ)。 日本からゲストの方がいらっしゃったら絶対に連れて行ってあげたい店としてリスト入りしました。



------------------------------------------------------------------
2361 Rosecrans Ave. Suite #180
El Segundo, CA 90245
(他2店舗)

Mon-Thu 11 am - 10 pm
Fri 11 am - 11 pm
Sat 12 pm - 11 pm
Sun 12 pm - 9 pm

Yelp Review



2.23.2012

アメリカの変わった法律 ~ニューヨーク州編~



何でこんな意味不明な法律があるんだろ?って疑問に思うようなものがたくさんあるのがこの訴訟大国アメリカ。 私の第2の故郷コロラド州の変わった法律に続いて紹介させていただくのはこちらっ!!


Map of USA NY


アメリカと言ったらやっぱりこの州、ニューヨークです!! 大都会にはどんな知られざる法律があるのでしょうか? 早速チェックしてみましょう♪


・ 面白半分で誰かの頭を目掛けてボールを投げてはいけない。
(It is against the law to throw a ball at someone's head for fun.)

面白半分じゃなくてもそれは常にダメにするべきなのではないでしょうか。。。?


・ エンパイアステートビルからの飛び降りは禁止。
(It is illegal to jump off the Empire State building.)

誰かがやったってことだろうなぁ。。。 法律で定められてないんだから別にいいでしょ?みたいに。


・ ビルから飛び降りた場合の刑罰は死刑。
(The penalty for jumping off a building is death.)

エンパイアステートビルからの飛び降りは禁止で更に死刑!? まぁ飛び降りたら死は免れないとは思いますけど。。。


・ 夜10時以降のスリッパの着用禁止。
(Slippers are not to be worn after 10:00 P.M.)

スリッパは履いてないか~?って誰か確認に来るのでしょうか? 刑罰はどれぐらいになるのか気になります。


・ ブルックリンではロバをバスタブで寝かせてはいけない。
(Donkeys are not allowed to sleep in bathtubs in Brooklyn, N.Y.)

そもそもロバを飼ってる人って居るんですか!?


・ コンサート中、ピーナッツを食べながら通路で後ろ歩きをしてはいけない。
(During a concert, it is illegal to eat peanuts and walk backwards on the sidewalks.)

そんな常識ない人を探すほうが大変です。


・ いちゃついたら25ドルの罰金。
(A fine of $25 can be levied for flirting.)

いいんじゃないの? それぐらい。 罰金払うほうも恥ずかしいし。


・ 日曜日にアイスクリームのコーンをポケットに入れて歩くのは禁止。
(A person may not walk around on Sundays with an ice cream cone in his/her pocket.)

日曜日に限って。。。? ダメな理由が知りたいです。


・ 商業目的でなければ女性がトップレスで歩いていても法律上は問題なし。
(Women may go topless in public, providing it is not being used as a business.)

法律上は問題なくてもそんな女性は居ないと思います。


いかがだったでしょうか? あと48州。 1週間に1回ぐらいずつ変わった法律はアップしていきたいと思います。 ざっと48週かかるってことか。 1年がかりですね。


2.21.2012

小さいおじさんは存在する!?



バラエティ番組とかでたまに耳にする「小さいおじさん」の存在。 身長15センチ前後らしいですけど、見かけたことあるというのは芸能人ばかりで、真意のほどは分かりません。 北米で最近公開されたばかりのジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」に登場する小人とかのことを考えるとあながち小さいおじさんなるものが居てもおかしくはないのかもしれませんね。



昨日の話。



旅行から帰ってきた私は早速洋服の詰まったトランクの荷解きをしようと、部屋に入るや否やトランクを開けました。。。




ギャ━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!






なんですか、この全く嗅いだことのないよう臭いはっ!! 小さいおじさんが隠れているとしか言いようがありません!! どこだ!? どこに居るんだ!? 小さいおじさん出て来い!!




と頑張って探したものの、残念ながら小さいおじさんの姿は確認出来ませんでした。 でも間違いなく私のトランクに居たとしか言いようがないほどの残り香だけが。。。





え!? Σ(゚∀゚*)




もともと小さいおじさんじゃなくて30過ぎた頃から気になりだす加齢臭じゃないかって!? いやだな~、私に限ってそんなことはないでしょ!? 



確かに前日は朝7時まで飲みまくり、ビールで計15本ぐらい飲み、酔いつぶれてどうやって部屋に帰ってきたかも分からずに、仮眠を取って起きたとほぼ同時にチェックアウトの時間になり、着ていた洋服をそのままトランクに詰め込んだ状態であったことは間違いありませんが。。。



小さいおじさんってホントに居るんですね~。 私も見たことあるよって人がいらっしゃったら連絡くださいね☆ あと臭いだけ残した小さいおじさんなら私も良く知ってますっていう男性からのメールは断固拒否ですからっ!! 


2.20.2012

コリアタウンの別レストランにてカルグクス♪



以前このブログでも紹介させていただいたカルグクスの美味しい店がコリアタウンにあるのですが(そのときの投稿はこちら)、その店の近くにあるレストランもこれまたカルグクスが美味しいと言うので行ってきました♪


レストランの名前はMyoung Dong Kyo Ja(ミョンドンキョージャ?)。



ハングルは読めませんが1966と書いてあることから、きっと老舗のレストランなのでしょう。 違ったらごめんなさい。


コリアタウンでは24時間オープンの店が多いのも特徴で、このミョンドンキョージャ?も24時間営業しています。 韓国人の働きっぷりには驚くばかりです。 よくよく考えるとロサンゼルスの日系レストランで24時間開店しているところなんて聞いたことがありません。 


時間がまだ早かったせいか、店内はガラガラです。



メニューの写真を撮るのを忘れてしまったのでこちらをご覧ください。 壁に貼ってあったメニュー。



カルグクスと餃子が美味しいという噂ですが、やっぱりカルグクスを食べに来たこともあり、迷いもせずにカルグクスをオーダー。 そしてキムチが美味しいという話も聞いておりまして。 オーダーと共にキムチがやってきました。


めちゃめちゃ辛そうな色をしています。 そして中和させるかのように出されるのがこちら。


白菜の漬け物? 


美味しいという噂でしたが、私はちょっと抵抗がありました。 ちょっと薬っぽい匂いがするので。。。 とは言っても不味くはないので、カルグクスが来るまでの間、食べ続け、食べ続け、食べ続け。。。 お皿のキムチが少なくなってくると継ぎ足しに来てくれます。 


そしていよいよカルグクスが登場!!


何時も行っているレストランとは全く違ったカルグクスです。 先ず何と言っても麺が細い。 それとひき肉が乗っていて、更に餃子も入っています。 


確かに美味しいことには違いはありませんが、普段食べているマーダングクス(?)というレストランのほうが美味しいかなといった印象です。 24時間やっているので、どうしても深夜とかにカルグクスが食べたくなったときには使えそうですが、まぁこれから先そんなことは絶対にないでしょうから利用させていただくのは今回が最後かもしれません。


あ、あとパーキングが路駐しかないのもちょっと面倒でした。



------------------------------------------------------------------
Myoung Dong Kyo Ja

3630 Wilshire Blvd.
Los Angeles, CA 90010
24 hours open

Yelp Review