3.31.2012

テコンドーのローカル大会を観戦してきた♪



3月31日カリフォルニア州ポモナと呼ばれる町にある大学にて、テコンドーのローカル大会があったので観戦に行ってきました。 私が通う道場の練習生(特に子供)も数多く参加し、かくなる私も2年前の同大会に参加して準優勝の成績を大会です。 入場料は1人10ドル。 朝9時ごろに開始し、午前中はPoomse(プンセ)と呼ばれる型競技、お昼のチームデモンストレーションを挟んで午後はKyoroogi (キョーリョギ)と呼ばれる試合の2つに分かれています。


10ドル払ってまで朝早くから駆けつけ型競技を見る気力もない私はとりあえずチームデモンストレーションを見るため11時半ごろ現地入り。 型競技は既にほとんど終わっていて、とにかくグッドタイミング♪ ちょうど型競技の順位が発表され、我が道場は堂々の第4位という好成績を収めていました。



今回大会に参加した練習生とコーチ、マスターたちの記念写真。


そして待ちに待ったチームデモンストレーションがいよいよ開始となりました。 チームデモンストレーションは音楽に合わせて多彩な蹴りを出したり、板を割ったりと、とにかく斬新なアイディアが求められます。 そして優勝チームには賞金1500ドルがかかっているため、どのチームもとにかく本気。 見ているこちらも力が入ります。


一番最初に出てきたチームは子供中心で赤と青の道着が特徴でした。


連続板割りのシーン。 小さい子供なのに、大人顔負けの割りっぷり。


続いてはカリフォルニアサンディエゴ大学のテコンドーチーム。


人を踏み台に高いところで板を割るところは圧巻。


音楽に合わせて一糸乱れぬ動きも魅せてくれました。

続いては赤い道着が特徴の子供中心のチーム。


ヌンチャクを振り回し。。。


更には棒術まで。


続いてはエクスプローラーというチーム。 キッズとシニア2チームが参加し、こちらはキッズチームです。


茶帯以上になって習うタイガースタンスがばっちり決まってます。



そして連続板割りも披露。 子供なのにすごいです(笑)。


続いてはテメキュラからやってきたACEテコンドーチーム。


跳び横蹴りを披露。 



これは身長以上の高さまで跳んで板を割ったシーン。



連続板割りは後ろ回し蹴りにて挑戦中。 


名前を忘れてしまいましたが、なかなかまとまっていたチーム。


上段回し蹴りもビシっと決まってますね。


更にこのシーン。 実は目隠ししてます。 そしてバク宙で板を割るという妙技まで。


こちらは子供5人を飛び越えての跳び横蹴り。 踏まれたら堪りませんな。。。


最後に出てきたのはエクスプローラーのシニアチーム。 このチーム、とにかくすごかった。。。


先ずこれ、どんだけ跳んでるんだって感じで。



これは1回ジャンプで3枚の板を割るという高度な技術。 540°と言われる技です。



全員で行う蹴り技もしっかりと揃ってます。



そしてこれは自分の高さ以上のところでバク宙、板割り。。。 すごいとしか言いようがありませんでした。



こうして幕を閉じたチームデモンストレーションでしたが、優勝はやはり一番最後のエクスプローラーシニアチームとなりました。 これを見るだけでも10ドル払った価値はあると思います。


チームデモンストレーションが終わると、いよいよ試合が始まります。 ですが、子供からなんです。 小さい子供から順番に始まり、大人が始まる頃には既に夜も更け始める時間となるんです。



一番最初に試合に出てきたキッズたち。 とにかくちっちゃくて可愛い♪


黒帯の大人とか見たかったのですが、別に何か思い入れがあるわけでもないので、途中で帰ってきてしまいました。 2年前私が出場したときもずっと、ずーっと待たされて、結局試合が始まったのは19時ごろだったんです。 テコンドーの大会には参加するものではないと思い知らされ、それ以来参加しなくなったのは言うまでもありません。


ほかの道場から参加してくる練習生たちを見て、良い刺激を受けて帰って来れました。 来週以降も引き続き気を引き締めなおして頑張ります!!


3.30.2012

Banh Mi My Thoにてベトナムサンドイッチ



一般デジカメからレフに代わったことにより、過去に行ったレストランの写真などを早くアップしなくてはいけないという事態に追い込まれました。。。 だってこのブログにせっかく遊びに来てくださった方々なのに、7年前の型落ちデジカメでも最新のレフでも腕が伴わないと一緒なんじゃんって思われたくないし (^^;) 過去のものはさっさとアップしていきたいと思います。


ということで今回は2月に行ったベトナムサンドイッチのお話を。 ベトナムサンドイッチは去年5月にSaigon's Bakeryという店で食べて以来かな。。。(そのときの投稿はこちら)? 今回はBanh Mi My Tho (日本語でなんと読むの? バンミーマイヒョーかな?)を利用してきました。 





非常に小さい店内で、人が10人入れるかどうかといったところ。 店の前に貼ってあるサンドイッチメニュー。




1個2.50ドル~3.00ドル。。。 安すぎだろー!!


その中で美味しいと言う噂の#2と#8をそれぞれオーダー。 お会計5.50ドルと激安。 こんなサンドイッチです。




ちなみにこれ半分の大きさです。。。 1個食べたらそれだけで確実にお腹いっぱいに。 


ベトナムサンドイッチはパンがさくさくしていて本当に美味しいです。 これで2.75ドルだったら大量買いしておきたいところ。 でも。。。日持ちしないし。 また近くに行く機会があったら買ってきたいと思います。



------------------------------------------------------------------
304 W. Valley Blvd.
Alhambra, CA 91803

Yelp Review



3.29.2012

長いことお世話になった君に感謝の気持ちを込めて。。。



私は今日1つの別れを経験することになりました。



今思えば君と出会ったのは確か7年前の日本帰国時。 キレイに光輝く君の姿に私はときめき、最終的に後押しされたこともあり、君を選ばせてもらった。




でも今思えば何であのときビックカメラの店員さんは君のことを後押ししたのだろう? まさか購入して数ヶ月もしないうちに生産、販売を中止することになるとは思いもよらなかった。 コニカミノルタのDiMage x60シリーズのデジカメ。 



それでも良く今まで文句も言わず故障もせずに7年間も動き続けてくれたなぁ、とシミジミ思ってみたり。 その反面、ブログに載せる写真としてはあまりにもお粗末なたった500万画素しかないデジカメを今まで愛用してきたわけですが。。。 何時か何時か新しく買い換えようと思いつつ、自分のためのカメラは全く買わず、ついに決断しました。 本日届きましたよっ!!



キャノンの一眼レフカメラ!!



Canon EOS Rebel T3と言われる一眼レフの中でも初心者に使いやすいように出来ているモデルとのこと。 日本だとEOS Kiss X50というモデルに当たるようですね。 早速開けて中を確認。





うぉー、いいなー、やっぱりレフはいいなー。 記念すべき1枚目の写真は何を撮ろうか。 これからこのブログの写真もキレイになること間違いなしなので引き続き宜しくお願いします!! (≧∇≦)



あ、もし大して写真のクオリティが変わらなかった場合は、それは私の技術によるものなので精進いたします。。。


3.28.2012

健康診断の結果が送られてきました



人間ドック? それともただの健康診断!? 前編 ・ 後編の続き。


大里メディカルクリニックさんで一連の診断が終わり、あとは健康診断の結果が自宅に郵送されてくるのを待つのみだったのですが、その診断書が先日送られてきました。 体脂肪率が15.6%、肥満度3%って書いてあることに先ずは驚かされました。 どちらかというとやせ型だと思っていましたので。。。 多少の数字ではあるもののこれにはびっくり。 友人たちに伝えると、「ひろさんが肥満の部類に入るなら、俺なんてどうなるんだ!」って意見もいただきまして。 ま、目に見えないところに付いているってことなんでしょうね。


そして総合結果によりますと、善玉コレステロールが高値であったと。 とても好ましい状況であるとコメントをいただきました。 マイナス面で言うと、血糖値がやや高めとのこと。 でも正常値内なので心配は必要なし、と。 更には白血球がやや低めだけど、これも心配はなしとのことで、まぁいたって健康体ってことでまとまったようです。



ですが、一番最後に書いてある文章がですね。。。 この健康診断は完全な精密検査ではありませんので、自覚症状が出た場合は必ず医師に受診し、精密検査を受けるようにして下さい。




じゃあ何のための健康診断だったんだよー!! orz




まぁ健康体のようなのでしばらくは行かなくて良いな。。。


3.27.2012

いよいよアメフトのドラフトまであと1ヶ月!!



3月13日にFA市場が解禁となってから早2週間。 たくさんの選手が移籍し、また残留を表明し、新しいチーム作りに向けて着々と進んでいる今日この頃。 FAは4月20日まで続くので、我がブロンコスに新しく入った選手や去っていった選手たちはまた改めて紹介させていただくことにしまして、今日は1ヵ月後に迫ったドラフトに関してちょっと話をしてみたいと思います。 



先ずアメフトのドラフト指名は昨シーズンの成績が悪かった順になることを覚えておいてください。 アメフトは1シーズンを通して16試合しかありませんから、成績が同じになるパターンも当然あります。 その場合は優越をつける方法があり (面倒なので省きます)、それでも同じの場合はコインフリップによって順番が決まるようになっています。 そしてプレイオフに出場したチームはシーズン中の成績に関係なく、負けたチームから選択権が得られます。 制限付きFA選手のトレード時にはこのドラフト指名権と共にトレードすることも多く、それだけこのドラフトというイベントは、チームにとってチームの未来を左右する運命の日なのです。


以上を踏まえた上で、3月27日時点でのドラフト1巡指名の順番を以下、記載いたします。 括弧の中はシーズン中の成績。 *が付いている青字のチームは選手のトレードや指名権によって変更となったチームです。

1巡指名順番:

1. インディアナポリス・コルツ (2-14)
2. ワシントン・レッドスキンズ* (5-11) 
-- セントルイス・ラムズと複数指名権により交換
3. ミネソタ・バイキングス (3-13)
4. クリーブランド・ブラウンズ (4-12)
5. タンパベイ・バッカニアーズ (4-12)
6. セントルイス・ラムズ* (2-14) 
-- ワシントン・レッドスキンズと複数指名権により交換
7. ジャクソンビル・ジャガーズ (5-11)
8. マイアミ・ドルフィンズ (6-10)
9. カロライナ・パンサーズ (6-10)
10. バッファロー・ビルズ (6-10)
11. カンザスシティ・チーフス (7-9)
12. シアトル・シーホークス (7-9)
13. アリゾナ・カーディナルス (8-8)
14. ダラス・カウボーイズ (8-8)
15. フィラデルフィア・イーグルス (8-8)
16. ニューヨーク・ジェッツ (8-8)
17. シンシナティ・ベンガルズ* (9-7) 
--  オークランド・レイダースからシーズン途中カーソン・パーマー獲得のため譲渡
18. サンディエゴ・チャージャース (8-8)
19. シカゴ・ベアーズ (8-8)
20. テネシー・タイタンズ (9-7)
21. シンシナティ・ベンガルズ (9-7)
22. クリーブランド・ブラウンズ* (4-12)
-- アトランタ・ファルコンズから2011年ドラフトでフリオ・ジョーンズ指名のため譲渡
23. デトロイト・ライオンズ (10-6)
24. ピッツバーグ・スティーラーズ (12-4)
25. デンバー・ブロンコス (8-8)
26. ヒューストン・テキサンズ (10-6)
27. ニューイングランド・ペイトリオッツ* (13-3) 
-- ニューオーリーンズ・セインツから2011年ドラフトでマーク・イングラム指名のため譲渡
28. グリーンベイ・パッカーズ (15-1)
29. ボルティモア・レイブンズ (12-4)
30. サンフランシスコ・49ers (13-3)
31. ニューイングランド・ペイトリオッツ (13-3)
32. ニューヨーク・ジャイアンツ (9-7)
(3月27日現在)

の順番です。 ふー、なんか書くの疲れたぞ。。。


チームの未来を担う有望な選手がいれば、トレードで指名権をアップさせたりして色々な駆け引きが行われるわけです。 特にワシントン・レッドスキンズはセントルイス・ラムズの全体2位指名を獲得するため、2012年、13年、14年の1巡指名権、そして2012年の2巡指名権を譲渡しました。 そこまでして欲しかった選手は、RG3の愛称で知られるベイラー大のロバート・グリフィンIIIであることに間違いないと言われています。 かなりリスキーな選択だったとは思いますけど。。。


といった風にドラフトでは色々な駆け引きがあるわけで、2巡指名以降になってくるとこれまた追っていくのも大変。 ということで、2巡目以降は我が愛しのデンバー・ブロンコスのみ記載していこうと思います。 ほかのチームを知りたい人はこのブログに遊びに来ちゃダメでっせ。 英語ですけどこちらを見ると良いと思います。


2012年デンバー・ブロンコスのドラフト指名権 (3月27日現在)
1巡指名全体25位
2巡指名全体57位
3巡指名全体87位
4巡指名全体108位 (ニューヨーク・ジェッツからティム・ティーボウとのトレードで獲得)
4巡指名全体120位
5巡指名全体137位 (セントルイス・ラムズからブランドン・ロイドとのトレードで獲得)
6巡指名全体188位 (ニューヨーク・ジェッツからティム・ティーボウとのトレードで獲得)


とまぁ、全部で指名権が7つある上、4巡指名が2つあるのでそこそこの補強は出来るんじゃないかなと思ってます。 ブロンコスの今年の1巡指名は誰になるのか!? おそらくDTじゃないかなとは思っていますが、このあたりを予想していくのもまたアメフトの面白いところです。


3.26.2012

アメリカの変わった法律 ~ハワイ州編~



いやぁ、まいりましたな。 週1回のペースでアメリカの変わった法律シリーズはアップしていきますなんて言っておきながら、いきなり遅れてますから。。。 日課にしているこのブログもさすがに1日2個投稿はきつい。 なので遅ればせながら本日アップさせていただきます。



さて州によって様々な変わった法律がある国、アメリカ。 今回お届けする州はこちらです。


Map of USA HI


日本人に愛され、数多くの観光者が訪れるところ。 常夏のハワイです!! ハワイ州には一体どんな変わった法律があるのでしょうか!? 早速ちぇきらっ!! (≧∇≦)



・ 他人の耳にコイン(硬貨)を入れるのは禁止。
(Coins are not allowed to be placed in one's ears.)

どんな状況でそんな法律が生まれたのか知りたい。。。 水着で買い物に行き、ポケットがないから仕方なく隣の人の耳を財布代わりに。。。? とかそういうことかな。 或いは耳栓代わりに誰かがコインを使ったとか。。。 どちらにしても誰もやらんわ。


・ 広告塔は違法。
(Billboards are outlawed.)

これは街の景観を守るためのようです。 きちんとした理由があるのもあるのですね。 


・ ボートを持っていない住民は罰金。
(You will be fined if you do not own a boat.)

車は一家に一台ではなく、船は一家に一艇、か。。。 リッチな州ですね。


・ ホノルルでは、公共の場で鳥を騒がせてはいけない。
(Honolulu: Within the limits of any public park, it is unlawful to annoy any bird.)

ま、ハワイでの鳥の群れは半端ないですからね~。



何かハワイ州ではあまり面白い法律はないようですね。 アダルト的な内容のものも何もないですし。 小さい島国ですから、そこまで多くの法律もないようです。 次回はもうちょっと面白いネタのある州を選びたいと思います。


それではっ!!


3.25.2012

カタリナ島への海釣り1日ツアー 釣果報告



3月24日、草木も眠る丑三つ時が終わる時間と共に飛び起きる私。 朝3時。。。 ねみー、正直ねみーし、このまま寝ていたいところでもあるけれど、「魚を釣ってきたら皆でお刺身パーティしようね♪」みたいなプレッシャーを受けることから行かないわけにはいきません。 前日に準備しておいた荷物を持ち、自宅をあとにします。


今回私が参加したのは去年12月に参加したカタリナ島への海釣り1日ツアー (前回の釣果報告はこちらから)。 朝5時に出発し、片道4時間ほどかけて島の裏まで。 幾つかのスポットを回って18時ごろには帰ってくるというツアー。 ロングビーチスポーツフィッシングという会社(?)が運営しているLiberty (リバティ)という船で1人65ドルで行けます。 こんな朝っぱらから皆眠くないのかよ。。。と疑いたくなるような時間ですが、そんな時間でも続々と人は集まり、前回15名程度だったにも関わらず今回は倍近くの26人にて向かいました。



途中、小さな船と遭遇しました!!




なんだ!? 工作員か!? 工作員が乗り込んでくるのか!?



ということはなく、この船から今回のエサとなる生餌を購入です。 前回は生きたイカとアンチョビだったのですが、今回はアンチョビだけ購入。 イカは冷凍になっているものを使用予定のようです。


隣の船から大量のアンチョビを受け渡し。。。 何か面白い絵図です。



特別面白いこともないので、簡易ベッドで横になってカタリナ島に到着するのを待ちます。 どうやらそのまま寝てしまったようで、5分ほどで到着したような感覚です (^^;)




何か天気がすっきりしません。。。 晴れって予報だったのに。。。 雨さえ降らなければまぁ良いですけど。



今回の釣りは、今まで全てレンタルしていたにも関わらず知人に釣具を譲っていただきまして。 見る人が見ればそれはそれは大層な釣具セットらしく、今回持って行った竿2本も周囲の人たちが「これは1本300ドル相当する何とかだ!!」って教えてくれたり、同様にリールも「これ1個で400ドル以上する代物だよ!! Daiwaのソルティガ40じゃないか!! しかもソルティガ20も持ってきているのか!!」って羨ましがられたり。 そんなにすごい釣竿とリールだとは知らずに、譲ってくださったS氏にはワイン1本しか渡していなかったり。。。 



そんな釣竿とリールが揃ったら怖いものなんて何もありませんよ、今日は爆釣で間違いありません。




。。。



。。。。。。。。






あ~、何かとっても天気が良くて気持ちよかった~ orz










釣れた魚はたったこれだけ。。。


サバが2匹、カレイが1匹、カサゴが1匹、それと何とかサーモンっていう白身魚の魚が3匹の計7匹。



今回持っていたトライデントガムを比較のために載せておきます。



あまり大物が釣れずにちょっと残念でした。。。



やっぱり日本人なら生食ですよね。 サバはちょっと小さすぎてシメサバにするのは面倒だったので、塩をふって焼き魚にしました。 カサゴとなんとかサーモンは3枚に下ろして、お刺身でいただきます。





これが65ドルだと思うと断然買ったほうが得だよなぁと思わされますが、それもまた釣りの魅力。 たくさん釣れるときもあれば釣れないときもある。 今度はハマチとかマグロを釣ってきてくれと無理難題を言う妻。 サンディエゴから出る船ならマグロは釣れるらしく、またこのロングビーチスポーツフィッシングから出航する2泊3日の釣りだともっと大物も釣れるとのこと。



「自宅のことは任せておいて、だから釣ってきてね♪」と言う妻の笑顔がまた何とも言えず。。。 やっぱり行くしかないのか。。。?





3.24.2012

釣りってきま~~っす!!



ただいま朝の3時。 


こんな時間に起きて釣りに行く(しかも1人)とは、どんだけ釣りの魅力に取り付かれているのでしょうか? 


今日は前回参加したロングビーチからの海釣り1日ツアーに参加してきます。 餌代やガソリン代も含めて65ドルは超破格!! しかも前回10匹ぐらい釣れたので、今回も爆釣を期待したいところです。



また後ほどアップしま~~っす!!


3.23.2012

人間ドック? それともただの健康診断!? (後編)



人間ドック? それともただの健康診断!? (前編)の続き!! (≧∇≦)




診察台の上でされるがままにされる私。。。 大きな異常は見つからず、このまま終わるかと思いきや、右腹にうっす~~らと赤い楕円形が出来ていることが発覚!! 


これは何時頃から出来ていますか?」 


いや、全くもって想像できません。 というか、私の目には赤く写っていることすら確認できません。。。」 


そうですか。 これは放っておくとどんどんと大きくなって色が濃くなってくる可能性がありますよ。


先生、これは何か大きな病気なんでしょうか。。。?


不安が募る。



これはそこまで大きな病気とかではありません。 身体の中に細菌(ばい菌?)が入っているので、それが皮膚に出てきているだけです。 カビのようなものですね。




身体の中でカビが繁殖しているのか。。。 その事実のほうが恐ろしい。



薬を出しますので患部に1日2回ほど塗っていただけば直ぐに良くなると思います。 後ほど看護士に薬の種類を伝えておきますので、確認してください。



その後先生による診察は無事完了し、看護士さんによる肺活量検査やX線検査などが終わり、最終的にその塗り薬をもらうところになったわけですが。。。




Athlete's Foot。。。あ、水虫の薬ですね。




え? 何かの間違いじゃありませんか? お腹の部分に塗る薬だって聞いてますけど。。。(汗)



いえ、でもAthlete's Footの薬と言ったら水虫用のものですし、1日に2回塗るように書いてありますよ。



塗り薬って水虫の薬だったのか。。。 orz  何か嫌だな。 お腹に水虫の薬を塗るって!!




でもそれ以上に嫌なのは、薬局で水虫の薬を買わなくてはいけないこと。 「あらやだ、あの人水虫なのね~。」なんて噂が飛び交うかもしれないじゃないですか。 そう思うとね、今でも塗り薬は買えないままで居ます。。。



ちなみに今回の診断結果は近々自宅に郵送されるらしく。 大きな問題がないことを願うのみです。



3.22.2012

テコンドー昇級テスト 茶白 → 赤



去年の6月ぶりとなるテコンドーの昇級テスト。 長い充電期間(ただのお休みです)を経て、今年から再開したため、過去の型などほとんど忘れていたためキャッチアップに追われていて大変でした。。。


今回の帯テストは夕方16時半からと、どう考えても仕事の時間で参加できない時間だったので、メイクアップ用に準備された時間に行くことにしました。 老若男女、マスターから了承をもらっていれば何帯でも参加出来るテストです。 そのテストには白帯から始まり、20名ほどの生徒が参加していました。 でも大人は私含めて3名程度。 あとはキッズばかりです。


テストは順調に滞りなく進むはずだったのですが。。。



キッズは回転率が早い!!



手足が短いからでしょうか。 早い、早い。 型も何もかもとにかく早い。 おっさんの私はついていくのがやっと。 1つ終わるごとに息が乱れること乱れること。。。 多くの父兄が見ているなか、下手打つわけにはいかない。 でも全部ついていくのは無理。 ところどころ休みを入れたいところだけど、当然上のほうの帯を持っている私は必然的に休む時間が少なく。




「大丈夫か?」 とグランドマスターに心配される始末。。。 orz




おかしいな~。 昔は体力には自信があったのに、気付いたらもう33歳にもなる肉体は極度の衰えを感じていたようで。 何とか1つ1つこなしていき、多少のミスはあったものの最後の板割りへと進みました。 赤帯への昇級テストで割る板は全部で2枚。 先ずは手刀で1枚。 そして振り返って跳び回し蹴りでもう1枚です。 ご丁寧に分厚い板を準備してくれる心優しいマスター達に感謝 (^^;)



もうね、毎回のことですが板割りっていうのは、「こんな厚いの割れないかも。。。」って思ったら割れないんですよ。 どんなに厚くても、絶対に割るんだって気持ちを持っていないと割れないんです。 で、板は割れないと当然痛いんですよ。 痛いからちょっと手加減しようとする。 余計割れない。 悪循環なんです。 勝負は絶対一発目。 気持ちを集中させて、絶対に割れると念じて気合と共に一気に割るんです。




しゃらーーーーーー!!



というかけ声が2回道場の中に響いた瞬間、板は見事にキレイに割れました。 そして大歓声。




これにて昇級テストも晴れて合格。 1級の赤帯になりましたとさ。 赤帯からは襟の部分が黒くなった道着を着用することになっています。 あとは赤白帯を経て黒帯は間近。




初段になったら止めようと思っていたテコンドーですが、2段まではやろうかなと考え中。 でもこのあとに合気道、そして柔術を習うことを考えると、あまり足踏みはしていられないんだよなぁ。 とりあえずもう一踏ん張り。 頑張ります!!


3.21.2012

さよなら、ティーボウ。 感動をありがとう!!



2010年ドラフト、デンバー・ブロンコスは1巡全体25番でフロリダ大のQBティム・ティーボウを指名した。 2011年シーズン、デンバー・ブロンコスは不調のカイル・オートンに替わり、ティーボウが先発を務めると同時に一気に上昇気流に乗ってきた。 お世辞にも巧いとは言えないほどのパスの精度であるにも関わらず、ティーボウの脚力によって大逆転を繰り返す。 劣勢でもあきらめないその姿に皆心を打たれ、第4Qが始まるとティーボウタイムとまで言われて他チームから恐れられた。


特に感動だったのはプレーオフワイルドカードで対戦したピッツバーグスティーラーズとの試合。 あれほど興奮して感動した試合はエルウェイがスーパーボウルを制覇して以来だっただろうか。 ティーボウの持つタレント性、人間性に皆惹かれ、ティーボウが数年後ブロンコスをスーパーボウルに導いてくれるだろうと思っていた。



そんなときコルツの偉大なQB、ペイトン・マニングがフリーエージェントとなりブロンコスに入ることが決定した。 と同時に、あれほどの立役者となったティム・ティーボウはトレード要員に。 そしてそのニュースは早くもやってきた。



ティーボウが。。。ニューヨークジェッツへとトレードされた。



現在ブロンコスには控えQBが居ない状態。 ティーボウをバックアップにとも思っていたが、彼のサラリーだと圧迫するのだろう。 或いはマニングが調子を落としたときにティーボウコールが沸きあがるのを恐れたのかもしれない。 以前のオートンのときのように。。。



2010年ドラフト1巡全体25番指名で獲得したティム・ティーボウは、ニューヨークジェッツから4巡指名、6巡指名と交換という形でトレードとなった。 ブロンコスはティーボウと、更に7巡指名権を譲渡している。 これによりブロンコスで見るティーボウの姿、そしてあれだけ沸かせてくれたお決まりのポーズ、ティーボウイングが見れなくなることが決定した。



果たしてマニングの獲得とティーボウの放出は吉と出るのか、凶と出るのか。 コルツはマニングを放出して、若手QBをドラフトで獲得し再建を目指す。 ブロンコスは過去偉大なる成績を出したベテランQBを獲得し、若手QBを放出してまで目先のスーパーボウル制覇にこだわる。 どっちが正しい選択かは数年以内に分かることだろう。 



さようならティーボウ。 私はブロンコスファンだけど、君のことは応援したい。 ジェッツで活躍する姿を見たい。 出来ることならマーク・サンチェスを先発の座から引きずりおろし、ジェッツでもまたティーボウイングをやってくれることを期待している。 頑張って欲しい。 心から願っている。


3.20.2012

男のお手軽料理、白身魚のお茶漬け♪



大分前の海釣りで釣れた魚が我が家の冷凍庫にまだ眠ってることに気付きまして。 いくら冷凍しているとは言え生食するのはちょっと怖いので、焼いてお茶漬けにすることにしました。 白身魚のお茶漬けは低カロリーで身体に良いと聞いたこともありますが、でも白米は。。。 (^^;) ま、気にせずに簡単に作ってみましょう♪


先ずはウロコを取る必要のある魚だったのですが、別に皮を食べるつもりはないので、皮はキレイに剥いじゃうことにします。 皮の剥ぎ方は超簡単。 皮の付いている面をまな板につけ、包丁で押さえます。 そして皮を上下(左右か?)に動かしながら引っ張っていくと。。。



あら、簡単♪ すんなり皮が剥がれるじゃありませんか。 間違っても包丁を動かしてはいけません。 包丁を動かすと失敗しますので、皮を引っ張るようにしてくださいね。



焼き魚にするため多少の骨が付いていても気になりません。 両面にそのまま強めの塩をふってフィッシュロースターで一気に焼きます。



待つこと30分近く。


焦げ目が付いて良い感じで焼きあがりました♪


これを手でほぐしながら小さくしていきます。 さすがに白ご飯に白身魚だけでは見た目が楽しくないので。。。 こちらを投入。


うん、この組み合わせはばっちりだ。


白ご飯の上にちりめんを敷き詰めて、その上に焼いた白身魚を。。。


うん、完璧だ!! いざお茶をかけて。。。





って、お茶がねーーーー!!!!





何てこったい。。。 orz お茶漬け食べるのにお茶がないとは。 色々と探し回ったところ、ほうじ茶が見つかりました。 うーん。 何か違う気もするけど、そのまま食べるよりかはマシかな。 ほうじ茶でいきましょう。



うん、悪くない。 でももっと美味しく食べれる方法があるはず。 次回はダシを取って白身魚のダシ茶漬けに挑戦したいと思います。



3.19.2012

ペイトン・マニングの移籍先が決定!!



前回の投稿から約1週間、元インディアナポリス・コルツのQBペイトン・マニングの移籍先が遂に決まりました。 既にご存知の方も多いと思いますが、その移籍先はなんと。。。



デンバー・ブロンコス!!



最終的に興味を持ったのは我がブロンコスと、SF 49ers、タイタンズの3チームでしたが、その中で勝ち取ったようです。 月曜日か火曜日までには結論を出すと言っていたにも関わらず、月曜の朝一のニュースがこれだったので、ちょっと驚きました。



今年35歳のペイトン・マニングがブロンコスに加入。 それに伴い去年まで先発を務めていたQBティム・ティーボウはトレード要員とのこと。。。 この判断はなかなか難しい。



そもそも去年までのブロンコスのQBは

カイル・オートン
ティム・ティーボウ
ブレディ・クイン

の3名。


不調だったカイル・オートンは先発の座をティーボウに奪われ、シーズン途中にチーフスへと移籍。 それからは2名のQBとなりました。 そして今オフ、ブレディ・クインがチーフスへと移籍。 今、QB陣で残っているのはティム・ティーボウと育成枠(?)に居るアダム・ウェーバーのみ。


ペイトン・マニングが参加したことにより、3名となったわけですがここでまたティム・ティーボウをトレード要員にするということにいささか疑問を感じます。 そもそもQBは怪我をしたときのためにバックアップが必要になるわけです。 首の手術から完全に復帰したと言われるマニングではありますが、35歳という肉体から途中で怪我をする可能性も十分に考えられるわけでして。 そうなるとティーボウはキープしておいたほうが無難と思いますが、まぁフロント陣の構想からティーボウは外れているようで。。。


マニングの活躍により、今後ブロンコスが快進撃を続けると仮定しましょう。 アメフトのドラフトではシーズンの成績が悪かった順になるわけですから、快進撃を続けるブロンコスはリーグ下位でのドラフト指名となります。 となると、良いQBは当然残っていないことが予想されるわけですよね。 そのことも踏まえるとティーボウは残留、マニングの指導のもと、数年後の活躍を期待したいところでもあります。


ティーボウはパスの精度に難があると言われています。 確かにそうかもしれません。 以下、ティーボウの2年に渡る成績を載せてみます。


チームGAttCompPctYdsAVGYds/GTDINTSackQBRate
2011ブロンコス1427112646.517296.4123.51263372.9
2010ブロンコス9824150.06548.072.753682.1


2010年のパス成功確率が50%、2011年にいたっては2回に1回も成功していないことに。。。 一方今回獲得したペイトン・マニングはと言いますと (2011年は全休だったため2010年までの成績)


2010コルツ1667945066.347006.9293.833171691.9
2009コルツ1657139368.845007.9281.333161099.9
2008コルツ1655537166.840027.2250.127121495.0
2007コルツ1651533765.440407.8252.531142198.0
2006コルツ1655736265.043977.9274.831914101.0
2005コルツ1645330567.337478.3234.2281017104.1
2004コルツ1649733667.645579.2284.8491013121.1
2003コルツ1656637967.042677.5266.729101899.0
2002コルツ1659139266.342007.1262.527192388.8
2001コルツ1654734362.741317.6258.226232984.1
2000コルツ1657135762.544137.7275.833152094.7
1999コルツ1653333162.141357.8258.426151490.7
1998コルツ1657532656.737396.5233.726282271.2


パス成功確率で言えば、入団した当時から既にティーボウの成績を上回っている!! 



マニングとティーボウを比較すること自体間違っているのかもなぁ。。。 でもティーボウも良くやっていると思うのが一ファンとしての感想。 去年はロックアウトがあってロクにチーム練習も出来ない中、ブロンコスを地区優勝に導いてくれたし。 まだ若いし。 チームが強くなるのは嬉しいけれど、でも若い選手がトレードで放出されるとなるとちょっと複雑な気分です。 でも私はティーボウが残留すると信じたい。 じゃないと私がティーボウイングをやることもなくなっちゃうから。。。  



さて、マニングが加入したブロンコスですが、2013年スーパーボウル優勝のオッズがなんと10倍になっていました。 毎年50倍とか良くても25倍ぐらいなのにも関わらず、マニングの加入だけでなんと10倍にまで下がるとは。。。 もっと早いうちに買っておくべきだったと後悔しています。