6.29.2013

久しぶりのテメキュラワイナリー巡り ③ ~Bella Vista Winery~


久しぶりのテメキュラワイナリー巡り ① ~Hart Winery~ 

久しぶりのテメキュラワイナリー巡り ② ~Thornton Winery~ の続き (≧∇≦)

ちょっとお腹がふくれたところで向かった先はテメキュラのワイナリーでは老舗中の老舗と言われているBella Vista Wineryへ。 外観からはホントにワイナリー!?って思ってしまうような場所にありましたが、この写真からも分かる通り、間違いなさそうです。


入り口は倉庫裏のような感じ。。。


ところがドアを開けて中に入ると、山のように積まれたワインのセレクションがっ。




レジでテイスティングに来たことを告げ、10ドル支払います。 10ドルで6種類飲めるのは一番最初に行ったHart Wineryと同じですね。 ちょっと違ったのは6個の青いメダルをもらったこと。 そのメダルを持って奥のテイスティングルームに向かいます。


テーブルの上にはこのようなセレクションメニューが置いてあり、飲みたいワインリストの上に青のメダルを置くと注ぎに来てくださるというシステム。

老舗らしい造りのテイスティングルームに期待が高まります。



ただ運転もある私が飲み過ぎるわけにはいきません。 既に8種類も試飲している状態で更に6種もやってしまったら完全にアウトです。 ということで、私は香りと最初の一口のみ味わうことにしました。



はっきり言いましょう。 こちらのワイナリー一番最初に行きたかった。 美味しい、とにかく美味しいです。 特にRoadkill Redという赤ワインが最高!! また足を運びたいと思わせるワイナリーでした。

働いているおっちゃんがまた良い味を出していました。 注いだ後にグラスを回して空気に触れさせ、香りを確認してから提供してくれます。 きっとワイン1本1本に相当なこだわりを持って作られたに違いありませんよ。

ワイン買って帰ってくれば良かったな~。。。


続く。

------------------------------------------------------------------
Bella Vista Winery

41220 Calle Contento
Temecula, CA 92591

Mon - Sun: 10:00 am - 5:00 pm

Yelp Review

6.28.2013

久しぶりのテメキュラワイナリー巡り ② ~Thornton Winery~


久しぶりのテメキュラワイナリー巡り ① ~Hart Winery~ の続き (≧∇≦)

上々の滑り出しで始まったワイナリーツアー。 2軒目に向かったのは超が付くほど有名なThornton WineryというHart Wineryから目と鼻の先に位置するワイナリーです。


超が付くほど有名なワイナリーは値段も強気。。。 おそらくテイスティングだけで終わることになるでしょう。

パティオはオープンスペースになっていて、好きな場所に座ればウェイターがやってきてくれます。



コチラのワイナリーはシャンパンが有名らしく。

そう聞いたらシャンパンのテイスティングをしないことには始まりません。 ということで、私はシャンパンのテイスティング4種で17ドル、妻はワイナリーのおまかせ4種16ドルを注文。 ちょうどお昼時だったということもあり、フラットピザも一緒に注文しました♪

シャンパンの詳細が書かれた紙の上にキレイに並ぶ4色のシャンパン。




ウェブサイトで使えそうと妻からお褒めの言葉を。。。 (^^;) これが単焦点レンズの魔法です。 この魔法を使えばどんな人でも格好良く、可愛く撮れる!と思っていたのに、妻が撮ってくれた私の写真は。。。 魔法がかからないケースもあるってことを知りました!! モトが悪いんじゃない?って意見は受け入れられません。。。

そしてアツアツの鉄板で運ばれてきたフラットピザ。


バジル、トマト、チーズのシンプルなピザですが美味しかったです♪

このピザとワインテイスティング4種を2人分で55ドルは安いのか高いのか。。。 もうちょっと勉強していただけると庶民派の私としては嬉しかなって感じです。 あ、シャンパンの感想を言っていませんでしたね。 うん、4種飲んでもそこまで違いが分からなかった! というか、そこまで印象に残らなかった至って普通のシャンパンという感じでした。 ちなみに夜はジャズのライブとかもやっているみたいです。

続く。

------------------------------------------------------------------
Thornton Winery

32575 Rancho California Rd
Temecula, CA 92591

Mon - Sun: 10:00 am - 5:00 pm

Yelp Review


6.27.2013

久しぶりのテメキュラワイナリー巡り ① ~Hart Winery~


一体いつぶりになるのかも分からないほど久しく行っていなかったテメキュラのワイナリー。 ロサンゼルスから車で1.5時間ぐらいで行ける距離にあるものの、そこまで魅力を感じることがなく長い間足が遠ざかっていました。

ワインのうんちくを語れるほど詳しくはありませんが、今回4軒巡って来ましたので個人的な感想を追加しつつご紹介いたします (≧∇≦) 
注意: ちなみに今回もレフは50mm単焦点レンズのみで挑みました。 

先ず最初に行ったのはワイナリーに入って直ぐ左側にあるHart Wineryというワイナリー。 




こちらの看板が目印のこじんまりしたワイナリーです。


向こうに見えるのは無数のぶどうの木。 ここから美味しいワインが育てられるのですね。 ワインテイスティングは12種類あるワイン(下記画像参照)から6種まで選べて10ドル。



画像参照って言いながらなんとも見辛いですね。。。 (^^;)

白から始まってロゼ、赤、デザートワインへと進んでいくのはどこのワイナリーも同じです。 

ところ変わってこちらは店内。


並べられたワイン樽の数々。 これから生まれてくるワインに期待ですね。 


テイスティングの中で気に入ったワインがあれば、当然購入が可能です。 それように飾ってあるワインたち。

12種あるテイスティングワインはこのようにテーブルの上に並べられています。


テーブルの上にあるワインメニューを見ながら、気に入ったものをオーダーしていくわけですが。 

最初は当然白ワインをチョイス。 ソーヴィニヨン・ブラン2012年から♪


確かに美味しいですが、購入してまでまで飲みたいかというとちょっと疑問が。。。 白ワインと赤ワインを順番に頼みつつ、最後から2番目で出会ったのはこちらの赤ワイン。


カベルネ・フラン2008年。 

過去に受賞したこともあるというこちらのワインはまろやかで飲みやすく、フルーツの香りが鼻にふわっと抜ける印象でした。 1本24ドルと決して安くない(一般的に考えたら安いのかも。。。)ワインですが、お土産用として1本購入。 

最後に注文した1本50ドルのデザートワインも重厚な味わいで美味しかったです。

ワイナリー巡りの1軒目としてはまずまずの立ち上がりとなりましたが、使用した後のワイングラスの持ち帰りサービスがなかったのがちょっと残念でした。 (ちなみに持って帰って良いか?と聞いたところ、男性店員さんはSure!と、女性店員さんはNo!と同時に言っていましたので、男性店員さんに聞くと持ち帰れると思います)。

続く。

------------------------------------------------------------------
Hart Winery

41300 Avenida Biona
Temecula, CA 92591

Mon - Sun: 9:00 am - 4:30 pm

Yelp Review


6.26.2013

ポルノグラフィティがやってくる♪


ヒ~ラリ ヒラ~リと舞い遊~ぶように♪

す~がた見~せたアゲハ蝶~♪

夏の~夜の~真ん中 月の下~♪

の歌などなど数々のヒット曲を飛ばすポルノグラフィティが15周年を記念してロサンゼルスで単独ライブを行うという情報を今になって入手しました!! なんとライブは来週土曜日の7月6日らしく。 

見事なまでにその日はスケジュールが空いているというこの状況に行かないわけにはいきません!! まさに私の青春時代はポルノグラフィティとともに歩んだと言っても過言ではないほど。 (← 既にアメリカに来ていて存在すら知らなかったけれど。。。) 

場所はClub Nokiaで以前にB'zがライブをやった場所と同じみたいです。 チケットも45ドルから高くても65ドルとお買い得! (あれ? 何か昨日も同じようにチケットの話をしたような。。。) 

B'zの時と同様、1階席(45ドル)は立ち見になっているようです。 既に65ドルの席が完売となっていたので、2階席の55ドルを購入しようと調べていたところ。。。


アニメ・エキスポのコンベンションバッジの購入も必要と。。。 orz

しかもそのバッジは1人20ドル。 

何ですか、この抱き合わせ販売は。。。

だったら直接Club Nokiaからチケット買うわ~、アニメ・エキスポなんて私は興味あるけど妻は興味ないし。 と思って本サイトに入ってもポルノグラフィティのライブスケジュールすら載っていない現実。

プラス20ドル払うという現実に一瞬にして熱が冷めてしまいました。

アゲハ蝶もサウダージも生で聴きたい曲はたくさんあったのになぁ。 次回はアニメ・エキスポとのコラボじゃなくて単独で来て欲しいと願います。

6.25.2013

2013年ブロンコスのホーム戦は7月8日から販売開始らしい。


最近めっきりアメフトの話題には触れていないですが、シーズン開幕に向けての準備は着々と進んでいるようです。 

まぁ今年は間違いなく地区優勝、AFCの中でも悪くても第3シードでのプレイオフは確実かと思われ(マニングが怪我さえしていなければ。。。)、良ければ第1シードでスーパーボウル進出なんてことも考えています。 そんな屈強オレンジクラッシャーたちのホーム戦は今年は7月8日の月曜日に販売になるとニュースが出回りました (ブロンコスサイト参照)。

今年は数年出向いていない本拠地での試合観戦を計画したいと思ってます。 

ブロンコスのホーム戦チケットは一番安い席で49ドルからありまして、しかもなんと半額チケットも販売されるんですよ~!! 一番良い一般席でも88ドルで買えるので超お買い得!! 1人につき1シーズン1回まで使用できて、最高4枚まで購入可能。 チケットは現地で身分証明証を提出することで受け取れ、そのままスタジアムに入るのが必須となるシステムです。 つまりはそこから誰かに売ったりすることはできない、まさにオレンジクラッシャーファンたちのためだけにあるようなものですね。 

せっかくデンバーまで行くなら好ゲームになりそうな対戦相手を選びたいところですが、

・ 対 レイブンズ (開幕戦、木曜日開催のため却下)
・ 対 レイダース (マンデーナイトのため却下)
・ 対 イーグルス (一方的な試合になりそうなので却下)
・ 対 ジャガーズ (お話にならないので却下)
・ 対 レッドスキンズ (メインターゲット!!)
・ 対 チーフス (11月中旬ということで雪の可能性あり)
以降寒いので却下。

と考えるとやっぱりシャナハンが帰ってくる10月27日のRG3対マニングが面白そうですね。

先に航空券の手配が可能かどうかチェックしておこっと♪

そういえばシーズンチケットの順番はまだ回ってこないのかなぁ。。。

6.24.2013

復活! 秀ちゃんラーメン!! @ ひろの屋


私がカリフォルニアに渡ってきた頃の10年ちょっと前の話。 182nd St.とVan Ness Ave.という交差点にNijiyaというスーパーがあり(今も健在です)、同モール内に【秀ちゃん】という居酒屋がありました。 秀ちゃんはヒデちゃんではなく、シュウちゃんだと知ったのは大分後になってからだったのですが、昭和の匂い漂う居酒屋だった記憶があります。 ですが、残念ながらそれ以外にはあまり覚えていません。 覚えているのは昼間に食べたカレーが美味しかったことと、昔なつかしの昭和風醤油ラーメンが食べられたこと。

秀ちゃんはその後幾つかのレストランを経て現在Horonという串揚げ専門店に生まれ変わりましたが、同時に秀ちゃんの大将は別のレストランを転々としながら、その店、その店で醤油ラーメンを提供してきました。 

多くのファンが秀ちゃんで食べたラーメンを懐かしく思い、「今あの店で出しているらしいよ」という噂を聞きつけては食べに行く、そんな風の噂は現在ガーデナにある東西プラザ内にある【ひろの屋】に辿り着いたようです。

私はラーメンではなくカレーが好きだったのですがせっかく仕入れた風の噂。 ひろの屋にも行ったことがなかったこともあり、いい機会なので行ってきました♪





メニューを確認。


昔なつかしい東京正油ラーメン!! 

これだっ!!

ラーメンだけでは足りなくなることを懸念して、ミニ丼の中からサーモン刺身丼も一緒に注文しました。 先に出てきたのはサーモン刺身丼。


ミニとは到底思えないほどのボリューム感。 これだけでもお腹いっぱいになりそうです。 

そして運ばれてきた正油ラーメン。


チャーシュー、海苔、メンマにナルト、ネギというシンプルな昔と変わらないラーメン(とは言っても昔の味は覚えていませんが)。 

脂ギトギトよりもやっぱりこういったシンプルなラーメンが好きです。 出来ればシンプルな塩ラーメンが食べたいところではありますが、そんな願いを叶えてくれるラーメン屋は今のところ発見出来ずの状態です。

こちらのひろの屋ですが、夜は10ドルでビールやハウスワインが飲み放題という期間限定イベントをやっているらしいです。 ビール飲み放題なんて。。。私と妻が行ったら多分その日はビール樽がなくなっちゃうんじゃないかって思いますけれども (^^;) 今度は夜にも行ってみたいと思います。 おそらく夜はラーメンはやっていないと思いますけれども。。。

------------------------------------------------------------------
Hironoya

1745 W. Redondo Beach Blvd.
Gardena, CA 90247

Mon - Fri: 11:30 am - 2:00 pm
Mon - Sat: 5:30 pm - 10:00 pm

Yelp Review


6.22.2013

サルベーション・マウンテンに行ってきた!!


ロサンゼルスから車で東に向かうこと3時間強、Salvation Mountain(サルベーション・マウンテン)という場所があると耳にしました。 見どころは少ないけれど写真家にとっては良い絵が撮れること間違いなしと太鼓判を押されましたので、写真家ではないですが様子を見るために遠路はるばる行ってまいりました!!

ちなみにサルベーション・マウンテンまでの道のりはこちらとか、そういった標識は一切出ていませんので本当にこの方向であってるのか!?と疑いを持ちつつ進むことになるかと思います。 辺りにはスーパーもガソリンスタンドもない砂漠の道を進んでいくと、色鮮やかな不自然な山がポツンと見えてきます。 こちらは入り口。

写真を撮ろうと外に出るなり、いきなりその暑さに驚かされます。 さすが砂漠。 これは長期滞在は出来そうもありません。 30分から1時間程度が勝負でしょう。 ということで、今回はレンズ交換はしないで単焦点50mmレンズの1本でいきたいと思います。。。 


あれ? なんか色合いがちょっとおかしい!? F値とISOを再度確認して撮り直し。


ああ、まぁまぁこの色合いだったら一般的な写真が撮れるでしょう。 そして入り口奥に見えるサルベーション・マウンテン。


サルベーション・マウンテンに関しての詳細は割愛しますが、キリスト教信者が神のお告げを聞き、山にペイントを始めたということのようです。 ということで、十字架やGodと書かれた文字が至るところに。。。




宗教観に関して悪く言うつもりは毛頭ありませんが、ここまで信じて実践出来るってすごいです。 

幾つか洞窟のような穴蔵みたいな場所があり、その中に入ると。


数々のトロフィーなどが捧げられていますが祈りの部屋でしょうか。


God is Love。 こんな文字が至るところに。

夜はこんな感じになるみたいです。


これはこれでキレイですね。 夜に来たらこんな景色が拝めるのでしょうか。


車もペイントされてます。


Godの文字と背景に十字架。

そしてこのサルベーション・マウンテンはなんと登ることが出来るみたいです。



黄色のラインが歩くコースらしく、他の部分は歩かないようにと注意書きがありました。 頂上までは5分程度。 



登って気付いたことは特にといってキレイな景色が見れるわけでもなく、運動した分、更に暑苦しいだけという結果でした。 片道3.5時間かけてこのサルベーション・マウンテンに行くにしてはちょっと勿体無いかなという印象です。 アウトレット(デザートヒルズ)が途中にありますので、そちらでのショッピングと合わせると良いかもしれません。

それとどうやらこのサルベーション・マウンテンがあるNilandという町(村?)はメキシコの国境と近いらしく、帰り際に警察による検問で停められました。。。 アメリカ市民(Citizen)かどうか聞かれ違うことを告げると根掘り葉掘り。 面倒なことには巻き込まれませんでしたが、自身のステータスを証明出来る運転免許証以外のものを持参していた方が好ましそうです。