5.30.2014

イギリスにやって来た!! ② 


イギリスにやって来た!! ① 

の続き (≧∇≦)

イギリスのことはイギリスの人に聞けと言わんばかりに全てお任せコースとなっている今回の旅。 ランチは老舗の名店(?)でいただくことになりました。


Inn on the Lake。 泊まることも出来るみたいです。



日曜日に珍しく晴れたと言っていたので、外に空席があったのでそちらを選ぶことにしました。


せっかくイギリスに来たのですからロンドンビールを飲まないことには始まりません。 London Lagerを注文。


アルコール度数が高くない分、飲みやすくて軽い仕上がりでした。


黄金色に輝くラガーはクセもなくすっきりしていて飲みやすかったです。

イギリスでの食事は最近になって多少良くなったとは言うものの、あまり期待出来ません。 これといった名産がないのでフィッシュ&チップスを代表料理にしてしまおうというその姿勢は大好きです。 ここまで来てフィッシュ&チップスを食べないで何を食べるのかっ! と自分に言い聞かせ、フィッシュ&チップスを選択。

ところが出てきたのが想像していたのと全く違う料理が出てきてびっくり!! こちらです。


アメリカで食べるフィッシュ&チップスは細いのが何本もあった記憶があるのですが、これは切り身をそのままって感じです。 そして奥に見える緑のものはアボカドディップ(グアカモーレ)かぁ、気が利いているなぁって思って食べたところ、その変化に驚きが隠せませんでした。 なんとグリーンピースを潰したものでした。 さすがイギリス。。。 妻に言ったら発狂しそうです(グリーンピースが大嫌いなので。。。 (^^;))

知人はハンバーガーを食べてました。


ランチが終わるとイギリスの田舎と言えば。。。という場所に連れて行ってくれました。

丘から観るイギリスの長閑な町並みです。




家族連れで楽しむ人、カップルで来ている人、犬を散歩させている人、とにかく人が多いです。 パーキングもちゃっかり7ポンドとか取るあたり、驚きを隠せませんでしたが。。。

そして今度は巨大な公園に連れて行ってもらいました。 この公園ではなんと鹿が野放しにされているとのこと。 入園して直ぐにオスジカの群れを発見。


その直ぐそばにメスジカの群れが。


家族連れで楽しむ人たちも多数いて、日曜日に晴れるとやっぱり外に出て遊ぼうと思う人が多いみたいです。


そしてサイクリングを楽しむ人が多いこと、多いこと。


これだけキレイで大きな公園はあまり観たことがないなぁと楽しんでいましたが、周りからみると男2人がキャッキャキャッキャと騒いでいて気持ち悪かったと思います。。。


タコを上げている人も観られました。



公園で少し観光をした後、コリアタウンに連れて行ってもらいました。


店の名前はHAN。



ここで生のギネスビールを頂きました!!


うーん、黒ビール最高♪

フィッシュ&チップスが思った以上にボディに重くのしかかっていたので、食べるものはなくひたすら飲み続けていました。 先ずは田舎のイギリスを見せてもらい、翌日は市内観光へと繰り出すことになります。

続く。

5.29.2014

イギリスにやって来た!! ①


突然ですが数日前からイギリスに来ています。 利用した航空会社はニュージーランド航空。 ロサンゼルスからヒースローまで飛ぶのに何故にニュージーランド!?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、スターアライアンスに加入していて利用出来るのがユナイテッドかニュージーランドしかありませんでした。

ユナイテッドを選ぶならニュージーランドが良いかなと思って、という消去法です。 出来ればニュージーランド経由でそこで飛行機トラブルがあって数日足止め。。。ということになれば良いのですが、残念ながらニュージーランドを経由することなく直通で10時間程度のフライトです。

機内は何か最新な感じがして思った以上に好感触♪



機内食をわざわざ写真に収めることは普段しないのですが、以前妻が女性は機内食とかそういうところに重きをおくと言っていたことを思いだし、念のため撮っておきました。

こちらはディナー時。


ラザニアかチキンかの選択だったので、チキンを選んで白ワインを注文しました。 アルコールは食事中は無料で提供してくれるようですが、別途呼ぶと追加料金が発生するようです。

朝はチーズオムレツを。


色が悪いのは機内の光の加減だと思ってください。 すみません。

機内ではホビットを2本観ることで5時間分暇つぶしが出来ました。 もう5時間もするとヒースローに到着です。


ちなみに飛行機もホビット仕様になっているのがちょっと笑えます。

簡単な入国審査を終え、ドルをポンドに換金。 空港では1ポンド1.91ドルでの換金率でした。 とりあえずカード払いがメインになると思っていたので、現金は300ドルのみ換金。 たった150ポンドにしかならずにちょっと寂しい感じです。

空港にはお迎えが来てくれ、そのままホテルへ直行です。 ん? なんか違和感が。。。

それもそのはず。 運転手が右側に、私は左側に乗り込むことになりました。 ロンドンでは右ハンドルで左側走行。 アメリカと逆で日本と同じなんですね。 しかも道が狭い、狭い。 最初レンタカーでもして行動しようと思っていたのですが、アクセルとブレーキさえ踏めれば免許が取れるアメリカと違い、かなりの技術が必要とされそうです。 

レンタカーがダメならタクシーか電車でホテルまで向かおうと思いましたが、タクシーがなんと50ポンド、電車でも30ポンドぐらいかかる(場所による)みたいです。 つまりは何ですか!? タクシー使ったら100ドルぐらいかかって、電車でも60ドルぐらいかかるってことですか? 150ポンドしかないのにタクシー乗ったら残金が既に3分の1になっちゃうってことですか?

持つべきものはコネクションだな。。。 迎えに来てくれた知人に感謝、感謝です。

ちなみに今回の旅ではロンドンの中心地から30分ほど離れたEpsom Downという地域のHoliday Inn Expressに6泊取りました。 中はこんな感じで。



競馬場内に造られたホテルのようで、窓から外を眺めるとこんな景色になっています。


荷解きが終わるとちょうどランチ時ということもあったので、そのままランチに直行することになりました。 さて、イギリスの料理はマズイ、マズイと言われ続けていたものの、最近では少しずつ改善されてきたと聞いています。 その味は期待出来るのか、或いは不発に終わるのか。。。 過度の期待は禁物ですが、いいネタになってくれることを願うのみです。

続く。


5.28.2014

2014年版ゴジラ(Godzilla)を観て来た!!


今年は映画に行く機会がかなり増えてます。 The Wind Rises(風立ちぬ)に始まり、キャプテン・アメリカ、アメイジング・スパイダーマン2、そして今回のゴジラ。

幼少期にゴジラとともに育った(とは言ってもそこまで観てはいないけど)と感じている私にとっては、2014年版のSF怪獣アクション映画ゴジラは絶対に抑えるべきところ。 思えばアメリカに渡ってきて最初に観たのもゴジラでした。

今回の公式トレイラーはこちら。



初日での興行収入が3850万ドルとなり、今年の記録を塗り替えたらしく。

映画の評判は賛否両論ありますが、私個人的には今年観た中では一番好きな映画でした。 やっぱりゴジラ。 その一言につきます。 背ビレ(?)がピカピカした瞬間、あれ? 出ちゃうの? 炎吐いちゃうの!?って気分にさせるのはやっぱり昔観た記憶があるからこそ。

舞台も日本、ハワイ、ラスベガス、サンフランシスコ(フィリピン含む)と知っている場所が多かったですし、渡辺謙も頑張っていたし(^^;) 相当英語練習したんだろうなぁっていうのがところどころ感じられて(人の英語がどうのこうのと評価できるほどの人間じゃないですけど)。

日本では7月に封切りらしいですね。 続編ももう決まっているらしいので今から楽しみです。


5.27.2014

アメリカと言ったら。。。というほどの巨大ステーキを食べてきた!!


誕生日の夜。 

カールスバッドのステーキハウスに連れて行ってもらいました。 ちょっとピンぼけしていますが、私の愛車フェラーリに乗って。。。


と言える日がいつか来ると良いなー。 (まぁフェラーリよりもランボルギーニ派ですけど) ホテルから無料で送迎してくれるサービスがあって、そちらを利用しました。 ちなみに送迎車がBMWだったのもちょっと驚きでした。

レストランの名前はWest Steak & Seafood。 店内もオシャレです。




先ずはシャンパンで乾杯しよう♪ということでシャンパンを注文。


パンがついてきますが、塩で食べるのが激ウマでした。 3個(私が2個、妻が1個)では飽きたらず、更にもう3個もらってしまい。。。


前菜から2品注文です。

Uni Tagliolini & Caviarが先ずはやってきました。


こんなでっかいウニがいるの!?というウニの器(に見立てた?)に入ってきます。

そしてSea Bass Ceviche, Ahi Poke, Salmon Tartarを注文。


これは私がサーモンのタルタルに強く惹かれて注文したわけですが、実はシーバスのセビーチェが一番美味しく、次に気に入ったのがツナのポキ、最後がサーモンという結果になりました。。。

ここでニュージーランドの赤ワインをボトルで注文。


そしてアメリカと言ったらやっぱりこれでしょう! という巨大ステーキがこちら。


22オンスのポーターハウス。 値段もなんと64ドル!!

アメリカで食べるステーキなんて結局固いだけで美味かった試しがなかったのですが、このステーキは違いました。 30日間熟成させたアンガス牛。 とにかく柔らかくてジューシー♪ 骨がTの字に(俗に言うT-Boneステーキ?)になっていて、左、右、下でそれぞれ部位が違うので違う味が楽しめます。

どの部位が一番美味しかった?と聞かれても全てが美味しいとしか言いようがない。 まさに至極のステーキ。 アメリカも捨てたもんじゃないなと感じました。

35歳に食べたステーキは私の血となり肉となり、お腹まわりの脂肪とならずに上腕二頭筋あたりに付いてくれることを願って美味しくいただきました。

最後にバースデーボーイだと聞いているので、デザートを無料でお付けします♪とウェイトレスさんが。 えーっと、じゃあデザートワインのこの110ドルの。。。

というわけにはいかず、White Chocolate Creme Bruleeを注文。


ろうそくまで立ててきてくれました (^^;)

火を消す前に35歳の抱負を聞かれましたが、今年は家族を大事に、です。 35歳は30代の折り返し地点でもあり、人生もそろそろ折り返し時点です。 自分以上に家族も大事にしないとね。 私ももう良い大人ですから。

FacebookやTwitter、メールなどでたくさんの方に祝福いただき、感謝しています!

35歳も頑張ります!!

---------------------------------
West Steak Seafood & Spirits

4980 Avenida Encinas
Carlsbad, CA 92008

Mon - Sat: 4:30 pm - 11:00 pm
Sun: 4:30 pm - 10:00 pm

Yelp Review

5.26.2014

カールスバッドのヒルトンに泊まってきた!!


カールスバッドのヒルトンの無料宿泊券があったので、誕生日に合わせて行って来ました。 海が見えるプールサイドでビールを飲みながらのんびり。。。更にはカップルマッサージで日々の疲れを癒やし、35年目も頑張ろうという試みです。

部屋はまぁ至って普通というか、キレイですけど特に驚くようなことはありませんでした。 


80分のカップルマッサージが終わったあと、プールサイドでのんびりと過ごします。


が、あまりにも子供が多すぎてのんびり過ごすどころか、いつ水がかかるかどうか内心ビクビクしていました。。。 

ロビーはやっぱりヒルトン! と言わんばかりの内装でした。



夜にはファイヤーピットの周りで優雅にカクテルを飲みながら過ごし。


次の日は海の見えるホテル内レストランで朝食を。


バフェスタイルで1人20ドル強って結構高いなーって思いましたが、これも無料宿泊券内でタダで利用出来ました。

朝はフルーツを摂ることでお肌ツルツル♪ (にはなりません、脂テカテカです。 なぜなら。。。)


フルーツだけにとどまらずにしっかりと脂っこいソーセージやらベーコンまで頂いちゃいました (^^;)


朝食が終わればチェックアウトの時間。

チェックアウト後は近くのカールスバッドのアウトレットへ。 


小さいアウトレットなので、お客さんも少ないのかなぁといった印象。 唯一の収穫といえば。。。


めっちゃでかいワンちゃんがいたことです。

ご主人に忠実でおとなしい。 ちょっとさわらせてもらいましたが、さわりごたえのある(当たり前か。。。)犬でした。 毛が短いのでちょっと物足りなかったですけど。。。

あ、それとMen's Coachに入ったのですが、私が使っているチョッパーの携帯ケースよりもCoachの携帯ケースの方が安くていい加減乗り換えようかなと思わされた日でもありました。 

35歳になったんだから、そろそろ卒業した方が。。。という妻の言葉が胸に刺さったのは言うまでもありません。